歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【キャロル】あらすじと感想。ケイト・ブランシェットなら抱かれたい

キャロル(ケイト・ブランシェット) ラブストーリー
©Carol/キャロルより引用
映画の概要と注意事項

2015年/アメリカ/監督:トッド・ヘインズ/出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、カイル・チャンドラー、ジェイク・レイシー

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

テレーズとリチャード

©Carol/キャロルより引用

予備知識一切無しで映画を観るのが好きです。

さすがに監督やキャストはどうしても分かってしまいますけど、あらすじとか時代背景とかジャンルとか、あらゆる情報をできる限りシャットアウトして鑑賞に臨むんです。

そうすると先入観無しにナマの作品を全力で堪能することができる気がしまして。(時々全然意味が分からなくて前知識詰め込んで再視聴するハメになったりもする。歴史映画とか戦争映画に多い)

 

この映画も例に漏れず。

ケイト・ブランシェットルーニー・マーラの共演」という宣伝文句だけに釣られて、予告動画もあらすじも一切頭に入れずに鑑賞しました。

 

それでも映画冒頭のレストランでの2人の雰囲気を見て即座に

朱縫shuhou
あ、

これもしかして、

レズビアンの映画?

って読めてしまうくらい、完璧に役に入り込んだケイト・ブランシェットとルーニー・マーラはホント必見。

 

【キャロル】です。

 

 

映画【キャロル】のあらすじザックリ

1950年代のニューヨーク。デパート店員のテレーズはクリスマスを目前で賑わう玩具売り場で美しく気品溢れるキャロルという人妻に出会う。キャロルがショーウィンドーに置き忘れた手袋を届けたことをきっかけに、二人の関係は急速に濃密なものとなってゆく。

 

 

キャロルとテレーズの愛の物語

前述のように何も知らずに観るとびっくりしますけど、よくよく考えたら監督は自身もゲイであることをカミングアウトしている【ベルベット・ゴールドマイン】トッド・ヘインズ

あ~あ~…。(納得)

 

テレーズとキャロルの出会い

クリスマスのニューヨーク。

デパートで働くテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)は、プレゼントを求めるお客様で賑わうおもちゃ売り場で何やら高貴な雰囲気を纏った美しい女性を見かけます。

クリスマスのおもちゃ売り場

©Carol/キャロルより引用

娘のクリスマスプレゼントを探す女性の名はキャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)。

知り合いでもないキャロルに、テレーズは一瞬で魅せられてしまいます。

 

キャロルはテレーズの提案を受けて列車セットを注文してお店を後にします。

不思議と惹かれるキャロルを見送り呆然としているテレーズは、ショウウィンドウに置かれたままのキャロルの手袋を見つけます。

おもちゃの注文をするキャロル

©Carol/キャロルより引用

あとから考えるとこれって、キャロルの作戦なんですかね?

わざと手袋忘れた?

 

これだけ美しくて勘の良さそうな女性になると、目が合っただけで相手が自分のことをどう思っているか見抜きそう。

おもちゃ売り場で目が合った時点ですでにテレーズのことをロックオンしていた気がしないでもない。

 

だってテレーズに手袋を届けてもらってからの華麗なステップアップがもうすごいし。

突然電話かけて食事に誘うし要所要所でボディタッチぶっこんでくるし、「積極的やなあ~もう狙ってんのバレバレやん!」ってちょっと引くくらいの勢いのキャロルですけど、でもまあこれを女性同士でなくてスタンダードな男女間の恋愛に置き換えてみるとそんなに驚くことでもないかも知れない。

こんな女性っていますよね。

本能的にごく自然に男性を虜にしてしまう、ね。

 

大胆露出の濡れ場にバクバク!

綺麗な映画です。

親密になる2人

©Carol/キャロルより引用

10年間自分を「お飾りの妻」としか見てなかった夫ハージ(カイル・チャンドラー)と離婚・親権問題で醜く言い争っている時でさえキャロルは美しい。

なぜキャロルに惹かれるのかも分からないまま、ただその引力に逆らえず成すがまま流される優柔不断なテレーズとて美しい。

 

そして究極に美しいのが旅の途中のモーテルでの大胆な2人の濡れ場

キャロルとテレーズの大胆な濡れ場

©Carol/キャロルより引用

まあまあ長いし結構出ちゃってますけど美しい。

レズビアンの人ってこんなに美しくセックスすんの?男と寝るのイヤんなるね。

 

ルーニー・マーラはこの数年前にも【ドラゴン・タトゥーの女】で結構露出してましたよね。

体張るねえ~。さすがに下はボディダブルでしょうけどねえ~。おっぱいは自前ですよねえ~。

参考 ボディダブル=映画やテレビドラマなどの主要な出演者がなんらかの理由によりあるシーンを演じることができない場合に、替え玉となって、あたかもその出演者が演じているかのように演技をする俳優のこと。

 

 

映画【キャロル】の感想一言

朱縫shuhou
【キャロル】公開時、ケイト・ブランシェットは自身も過去にレズ体験をしたことがあるとインタビューに答えています。

この映画の公開に合わせたリップサービスかも知れませんけど…ハリウッドきっての実力派“男前”女優ケイト・ブランシェットであれば、これが真実だとしても全然違和感ないですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【キャロル】を観たくなったら

今年のクリスマスはどれ観よう?定番だらけの名作洋画

クリスマス映画ってたくさんあって、どれを観ようか迷いますよね。観る人の環境によってもマッチする映画は変わってきます。

子供と一緒に、恋人と一緒に、ド定番の名作映画など、用途別にまとめました。

ラブストーリー
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る