歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【ドラゴン・タトゥーの女】女ハッカー、リスベット・サランデル

ミステリー・サスペンス
©The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴンタトゥーの女より引用
映画の概要と注意事項

2011年/アメリカ/監督:デビッド・フィンチャー/出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・バーコフ、ロビン・ライト/第84回アカデミー編集賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

作戦を練るミカエルとリスベット

©The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴンタトゥーの女より引用

この映画の公開前、CMが バッシバシ流れてたのを覚えていらっしゃる方も多いのでは?

 

刺激的な音楽と矢継ぎばやに映し出される映像の数々———-

そのラストにはTV画面いっぱいの黒画面に銀のゴシック体の大文字が数文字ずつ映像と交互にこう刻まれます。

世界的ベストセラー3部作完全映画化

待望の第一弾

ドラゴンタトゥーの女

悪だけが唯一悪を制す

彼女がくる

世界的ベストセラー??

なんか大変な作品みたいやぞ???

 

はい、原作なんてまーったく知らなかった私はまんまと制作会社の策略にハマる!

ハマり過ぎて原作小説3部作を昼夜問わず読み続け、遅読のくせに全編2週間程度で制覇するという快挙を成し遂げる!

 

まあ観てチョーダイ。

私ならずとも主人公リスベットのファンになってしまうこと請け合いの【ドラゴン・タトゥーの女】です。

 

 

映画【ドラゴン・タトゥーの女】のあらすじザックリ

ある有名ジャーナリストの元に年老いた実業家から、40年前に一族の前から失踪した女性の行方を調べて欲しいと依頼が来る。運命的に出会った天才ハッカーと共に40年前の一族の謎を暴いていく。

 

 

島を所有する富豪からの奇妙な調査依頼

舞台はスウェーデン。

そこそこ有名なジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)が、ある大物実業家のスクープ記事をめぐって法定で争い、敗訴により全財産とジャーナリストとしての信用を失う場面から始まります。

 

失意のミカエルの元に大企業の会長ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)から奇妙な依頼がきます。

40年前に一族の前から忽然と姿を消した少女ハリエット・ヴァンゲル(モア・ガーペンダル)の行方をつきとめて欲しいと。

ハリエット・ヴァンゲル

©The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴンタトゥーの女より引用

それにしても40年前て。

悩んだ末にミカエルは世間のほとぼりが冷めるまでの休暇も兼ねて、ヴァンゲル一族が暮らす島を訪ねヘンリックから事件の詳細を教えてもらうのですが…

 

一族内の事件ゆえのややこしさ

登場人物が一気に増えて、しかも同族内の事件調査であるため「みーんなヴァンゲルさん」やし、何より舞台がスウェーデンって訳で名前自体が「スミスさん」とか「ジャクソンさん」みたいに日本人が聞きなれてるカタカナじゃないんで、頭コーンガラガリマス…ほよよ???

 

主人公のミカエルからして苗字「ブルムクヴィスト」て!
ここ書くだけでも気ぃ遣うわ!キーボード打つ手がりそう!

 

家系図にして説明してもらわんと絶対分からん。

ちなみに小説では巻頭にちゃんと家系図が載ってるからわかり易いです。

今や完全把握、ふっふっふ。

 

そうして一人で調査を進めていくさなか、助手を必要とするミカエルに紹介されたのがリスベット・サランデル。

背中に大きなドラゴンと首筋に蜂のタトゥーがある変わった女の子です。

リスベット・サランデル

©The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴンタトゥーの女より引用

 

 

天才ハッカー、リスベット・サランデル

さてタイトルにもなっているもう一人の主人公リスベット・サランデル。

すんごい特徴あるんでまとめます。

●タトゥーだらけの肌に奇抜な衣装の特異な風貌
●15歳の少年のように小柄で華奢な体型
●少し精神異常のケがあり、何度も事件を起こして警察沙汰になっている
●他人をよせつけず信頼せず、必要以外の(必要であっても)会話を交わす事はほとんど皆無
●自分の邪魔になる者を排除するためなら如何なる犠牲も厭わない
●数字とコンピュータに異常に強く、その道のプロ達の間では知らぬ者はいない

 

かぁっちょいい~!!

 

天才ハッカーやってみてえ~!

彼女の協力を得てミカエルのヴァンゲル家の調査は新たな進展をいくつも迎えることになります。

 

演じるのはルーニー・マーラ

リスベット・サランデル役の女優ルーニー・マーラ、【ドラゴン・タトゥーの女】の演技が凄すぎていっぺんにファンになってしまいました!

他にどんな作品に出演してんのかなぁ~、、とふんわりと調べたところ、

 

ナントッ

【ソーシャル・ネットワーク】の奇人天才マーク・ザッカーバーグの彼女さんじゃあ あ~りませんか!

【ソーシャル・ネットワーク】フェイスブック創始者をフィンチャーが描く
【ソーシャル・ネットワーク】/2010年/アメリカ/伝記/世界最大規模のSNS・Facebookの創設者、マーク・ザッカーバーグの伝記映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

↓ この清楚で美人で愛嬌もあるボストン大学の聡明な女性がよっ?!

ルーニー・マーラ

©social networking service/ソーシャル・ネットワークより引用

 

↓ 体中タトゥーだらけでバイク乗り回す青白い顔した不良少女とよっ?!

リスベット・サランデルだってば

©The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴンタトゥーの女より引用

 

同一人物!!!

 

役作り半端なくないですか?!

さらにファンになっちゃいましたぁ~!

凍った心を徐々に融かす恋心

そんな中…

何者をも拒むリスベットの心に微妙な変化が訪れちゃってまぁ…なんて盛りだくさんな映画なんでしょう。

 

リスベットは少しずつミカエルにほんのり恋心を抱いちゃいます。

 

「よーあるパターンやーん!」と思うなかれ。

リスベットが元々類まれな天才少女なのでそんじょそこらのラブアクションとは勝手が違います。

 

周囲を遠くへ追いやり神経を細く細く研ぎ澄ました結果、脆く今にも折れそうで見ていられないくらい色んな意味で危険なリスベット…。

童話に出てくる氷の女王の城のような彼女の心が、春のひだまりさながらの穏健なミカエルによってすこーしずつ解かされていくのです。

 

彼女は誰も信用しない故に他人に対する印象は必ず「マイナス」からのスタートで、それが「0」、それどころか普通の人が恋するように「プラス」にまでなるという事はその振れ幅から言えば彼女にとっては天と地がひっくり返るくらいの重大な出来事なのです。

 

それをうまく伝えてくれている映画なので、観ているこっちも彼女の心が解けていくのを無防備に喜んではいられません。

裏切られませんように、この子壊れる~…と祈りを込めてしまいます。

 

 

鑑賞後にきっと探してしまうもの

リスベットの恋心、

ミカエルを貶めた大物実業家への復讐、

ヴァンゲル家の謎…

 

多数の局面を有す【ドラゴン・タトゥーの女】、2時間半に押し込めてしまうとともすれば何が言いたいのかよくわからないグダグダな駄作になり下がってしまいますが、そこはさすがデビッド・フィンチャー監督、見事にまとまってます。

ヴァンゲルと話すミカエル

©The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴンタトゥーの女より引用

そして鑑賞後、必ず小説を探して読んでみたくなるでしょう。

なんといってもこれ、3部作の1作目

まだ1作目なんです!

 

続編映画の公開なんてとてもじゃないけど待ちきれないよきっと。
小説の3部作、どれも出色の出来栄えです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ドラゴン・タトゥーの女】を観たくなったら

名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

ミステリー・サスペンス
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る