全90作!歴代アカデミー賞ランキングはこちらから

【アーサー・クリスマスの大冒険】ハイテクサンタクロース?!

アニメ
 20秒で読める概要とあらすじ

2011年/アメリカ、イギリス/監督:バリー・クック/声の出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヒュー・ローリー、ビル・ナイ、ジム・ブロードベント

クリスマスがやってきた。しかも今年は現サンタが引退とあっていっそう大忙し。次のサンタである長男スティーブの最新システムと宇宙船によって滞りなくプレゼントの配達は終わったかに思われたが、次男のアーサーがただ1つ取り残されたプレゼントを見つけてしまう。

※このブログはネタバレしようがしまいが気にせずただ映画について書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

古い映画を好む私の個人的嗜好を子供に押し付けすぎてはいけないと思って(比較的)近年の作品を子供と一緒に観てみました。

ところがどっこい3歳児には合わなかったようで、「面白くないからDVD変えて!」と言われてしまいました…。

 

ちょっと近代的過ぎたか?

 

プレゼントの配達方法も劇的に進化した今時のサンタクロースだって、子供達に夢を配るという使命だけは変わらないはず…誰よりもサンタクロースの側にいてサンタクロースを愛し信じる青年の冒険を描いた【アーサー・クリスマスの大冒険】です。

 

 

トナカイのそりなんてもう古い!

北極に住む何代も続くサンタクロース一家。

今の家族は現サンタとその妻、現サンタ夫婦の長男スティーブと次男アーサー、兄弟の祖父で既に引退している旧サンタの5人。

🄫Arthur Christmas/アーサー・クリスマスの大冒険より引用

サンタクロースといえばクリスマス・イヴの夜にトナカイのひくそりに乗って天空を駆け巡るイメージですが、【アーサー・クリスマスの大冒険】では違います。

次期サンタであるスティーブが開発した最新システム巨大宇宙船「S-1」、それに無数(?)の妖精達の協力によって子供達の夢は守られているのです。

ここにプレゼント置いてくださーい!

🄫Arthur Christmas/アーサー・クリスマスの大冒険より引用

 

クリスマスの「マスコット」化している現サンタ

子供達がいい子なのか悪い子なのか何を欲しがっているのかを瞬時に判断するのは巨大コンピュータシステム、プレゼントを包んだり配ったりするのは妖精。

次期サンタのスティーブは指令室でコンピュータと妖精に指示を出すだけ。

「全自動化」されてしまったクリスマスに現サンタまですっかりあぐらをかいてしまって配達中に居眠りをする始末…。

 

のっけからまったく夢のない仕上がりになっております。

S-1指令室

🄫Arthur Christmas/アーサー・クリスマスの大冒険より引用

 

心を込めて手紙を処理するアーサー

そんな中ただ一人、世界中の子供達から送られてきた手紙に1通1通目を通し心を込めて返信をする「手紙係」がいました。

スティーブの弟、現サンタの息子のアーサーです。

 

アーサーは一点の曇りもなく純粋に世界中の子供達が幸せになるようにと願っていて、そしてそれができるのはサンタクロース…すなわち幼い頃から憧れ続けている自分の父親だけであると信じています。

 

 

0コンマ数パーセントの確率?!

今年も無事プレゼントを全世界に配り終え、サンタ達が長い眠りにつこうとした時、ある妖精がただ一つ残ったプレゼントの包みを見つけます。

調べてみると届け先はイギリス…もうこの時間から北極を出て夜が明けるまでに届けることは不可能。

スティーブ
システムは完璧なんや。

全世界に配られるはずやったプレゼントがたった1個だけ残ってしまっただけのこと。

0コンマ数パーセントの確率、こんなもん誤差の範囲や。

どうしようもない。

諦めてみんな寝ろ寝ろ!

 

 

すでに形式だけのサンタクロースと成り下がってしまい自分ではどうしようもない現サンタは、実質クリスマス現場を取り仕切るスティーブにそう言われすごすごと寝室に戻ってしまいます。

 

「誤差」

不良品みたいに?

世界でたった1人クリスマスにプレゼントが届かない子供がいることが、誤差?!

クリスマスプレゼントが届いた子供

🄫Arthur Christmas/アーサー・クリスマスの大冒険より引用

ただ一人納得いかないアーサーに手を貸したのが、とっくにサンタ業を退いて隠居している旧サンタ、その名も「おじいサンタ」でした。

 

魔法と最新技術の融合!

そりで配達に!

🄫Arthur Christmas/アーサー・クリスマスの大冒険より引用

おじいサンタは密かに隠し持っていたそりと8頭のトナカイがいる部屋へアーサーを案内します。

かくして現サンタの次男坊アーサーと、自分のトナカイの名前も思い出せないおじいサンタ、ラッピングの名手で一番頼りになる妖精のブライオニーの無謀で不安な秘密の冒険が始まるのでした。

 

 

【アーサー・クリスマスの大冒険】を視聴できる年齢

冒頭にも書きましたが、3歳のうちの長女は途中で観るのを止めてしまいました。

美しい3Dアニメーションで、子供が大好きなクリスマスやサンタクロースが出てくるというのに、一体どうしてなのか考えて私なりに出した結論は、「歌がないから」

 

3歳くらいの幼児ってキャラクターが言ってる内容がよくわかんないんで、たぶん歌と踊りがある方が魅力的なんです。

その最たるものがディズニー映画ですけど。本当よく考えて作られています。

絶対観ますもんね。

【シンデレラ】とか【白雪姫】とか、王子様のキスとか意味わかってへんやろって思いますけど、プリンセスが歌う場面なんか食い入るように観てますもん。

歌がない映画を大人しく観ていられるようになるのは4~5歳になってからなのかな~とか思ってます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【アーサー・クリスマスの大冒険】を観たくなったら

朱縫shuhou
その他の子供と観たいファンタジーなクリスマス映画はこちらにまとめてあります。
カップル・子供向け別!クリスマスにおすすめの超定番映画(洋画)16選
寒いクリスマスの夜は暖かい飲み物でも飲みながらDVD鑑賞もいいですよね。子供達とにぎやかに、カップルでラブラブに、独りで静かに…クリスマスの定番映画(洋画)をシチュエーション別にまとめてみました。
アニメ
シェアありがとうございます
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。
様々なジャンルの名作映画を観たいのに極度の怖がりのためホラー映画だけは観ることができない可哀相な初老。

ブログ更新情報を延々つぶやくアカウントのフォローはこちら
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る