【34丁目の奇跡】

【34丁目の奇跡(1994)】1947年版のリメイクのあらすじと感想

1994年/アメリカ/監督:レス・メイフィールド/出演:リチャード・アッテンボロー、マーラ・ウィルソン、エリザベス・パーキンス、ディラン・マクダーモット

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【34丁目の奇跡】
©Miracle on 34th Street/34丁目の奇跡より引用

「あーこのお爺ちゃん知ってる~!」

と、本作のサンタクロースのお爺ちゃんを観た人は思うのではないでしょうか。

そうです、【ジュラシック・パーク】で現代に恐竜を甦らせ夢の施設を作ろうとしたお爺ちゃん、リチャード・アッテンボローです。

 

本作では「出会った人が本物のサンタクロースかと疑うほど『サンタクロースっぽい』風貌をしたお爺さん」という「設定」なんですけど…

…うん、わかる。

「設定」ってゆーか…

 

うんうん。

リチャード・アッテンボロー、

ホンマにサンタっぽい。

 

これ以上ないキャスティングで【三十四丁目の奇蹟(1947)】をリメイクした映画、【34丁目の奇跡(1994)】です。

 

関連記事

1947年/アメリカ/監督:ジョージ・シートン/出演:モーリン・オハラ、ジョン・ペイン、エドマンド・グウェン、ジーン・ロックハート、ナタリー・ウッド/第20回アカデミー助演男優・脚色・原案賞受賞注※このサイトは映画のネタバレ[…]

【三十四丁目の奇蹟】

 

 

映画【34丁目の奇跡(1994)】のあらすじザックリ

クリスマスのイベント会場に、サンタクロースのソリを嬉しそうに操る老人が現れた。風貌がサンタのイメージに余りにもピッタリだったので、イベント責任者のドリーは彼を「サンタクロース役」として雇うことにする。しかし彼は自分を本物のサンタと思い込む変人だった。

 

 

サンタがサンタのアルバイト?

日本では考えられない規模で祝われるキリスト教圏のクリスマス。

11月末の感謝祭の日、老舗デパート・コールズ主催の盛大なパレードもクリスマス気分を盛り上げる大事なイベントの一つ。

 

作り物のトナカイがひくサンタのそりには付け髭をつけ赤い衣装を着た雇われサンタが乗っている…

はずでしたが、

そこには無断でそりに乗り込んではしゃぐ老人の姿が…。

クリス「そりはこうじゃあ~!」
©Miracle on 34th Street/34丁目の奇跡より引用

雇われサンタが「おいジジイ降りろ!」と隠し持った酒を飲みながらまくしたてますが、逆に老人にキレられます。

老人
酔っぱらって子供達に接するとは何事じゃ!

老人は持ってた杖で飲酒サンタをペンペン!!

騒ぎを聞きつけてやってきた現場責任者のドリー(エリザベス・パーキンス)は飲酒サンタを解雇し、仮装せずともサンタクロースの雰囲気満点のこの老人に代役を願い出ました。

 

老人の名はクリス・クリングル。

●見た目はサンタクロースのイメージそのもの
●そりをひく(ひいてないけど)トナカイを操る見事なムチさばき
●雇用契約書に書かれた出身地は「北極」
●働く条件は自前のサンタの衣装を着させること

どうやらクリスは 本物のサンタクロース…らしいです。

 

サンタクロースを信じない母子

しかしシングルマザーのドリーは過去のトラウマからサンタクロースもクリスマスの魔法も信じてません。

夢を信じて真実を知った時のつらさを味わわせたくない思いから、一人娘のスーザン(マーラ・ウィルソン)にも普段から「サンタなんていませ~ん」と教えています。

 

【34丁目の奇跡(1994)】では手ごわいこの2人にクリスが自分がサンタクロースであることを信じさせることができるかどうかが大きなテーマとなっています。

 

飛び蹴りをくらわせてやりたい

スーザン以外の子供達からのクリスの人気は絶大で、クリスをサンタクロース「役」に起用し連日大行列ができるコールズの売り上げは右肩上がり!

コールズ大人気!
©Miracle on 34th Street/34丁目の奇跡より引用

面白くないのは閑古鳥が鳴くライバル店のショッパーズ。

ショッパーズは冒頭でコールズに解雇された飲酒サンタを見つけ出しクリスをおとしいれる計画を練ります。

 

ある晩、ひと仕事終わって夜道を歩くクリスに、どこからともなく飲酒サンタが現れ話しかけてきます。

飲酒サンタ

おいじじい!

お前ホンマは幼児趣味で、ガキをひざに乗せて興奮してるんやろ~!

へっへっへ!

クリスを挑発する酔いどれサンタ
©Miracle on 34th Street/34丁目の奇跡より引用

大切な子供達を侮辱されたクリスは飲酒サンタにつかみかかろうとし、待ちかまえていたショッパーズによって瞬く間に「善良な市民に暴力をふるう頭のおかしい老人」に仕立て上げられてしまいます。

 

もーホンマこいつ…

飛び蹴りしたろか。

 

 

サンタが法廷で争う?

クリスは裁判にかけられます。

弁護するのはドリーの恋人のブライアン(ディラン・マクダーモット)。

 

暴行(策略やけど)については起訴は取り下げられているので、裁判の焦点は「クリスが正気かどうか」

自分をサンタクロースだと思い込んでいる頭がイカれた爺さんだと公式に認められてしまうと、施設から出られなくなってしまいます。

裁判にかけられるクリス
©Miracle on 34th Street/34丁目の奇跡より引用

裁判はブライアンに少々有利に進んだかに見え、世論も「私は(サンタクロースを)信じる」をスローガンにクリス擁護に傾いていましたが、結審前、判事は奇跡でも起きない限り勝訴するのは無理だろうとブライアンに伝えます。

 

えっ!!!それは「奇跡」なの?

クリスマス・イヴの結審の日。

ブライアンはスーザンに頼んで、判事にクリスマスプレゼントと称して「イン・ゴッド・ウィー・トラスト(=我々は神を信じる)」という印刷の文言を丸く囲った1ドル札を渡してもらいます。

それを見た判事は、

判事

我々アメリカ国民は神を信じている!

よってサンタクロースも信じる!

という判決を下し、クリスは無事解放されるのでした。

 

…て、え?

これ奇跡じゃなくね?

 

結局どっちかってーと弁護士なんかがお得意の屁理屈とか論破とか詭弁とかこじつけとか…そういった非科学的な、「奇跡」とは最も対局にある論理的な方法で勝訴してるやん?

 

もう少し神がかり的な「何か」によってクリスが勝利することを期待していたので、この結末には拍子抜けしました。

 

 

映画【34丁目の奇跡(1994)】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

リチャード・アッテンボローは絶対サンタクロースですよ。

実は死んでなくて、今年もプレゼント配ってるはず。

ポすぎ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【34丁目の奇跡】
更新情報ひたすらつぶやいてます。