歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【ゾラの生涯】あらすじと観た感想。ポール・ムニの役作りが面白い

クラシック
©The Life of Emile Zola/ゾラの生涯より引用
映画の概要と注意事項

1937年/アメリカ/監督:ウィリアム・ディターレ/出演:ポール・ムニ、ジョセフ・シルドクラウト、ゲイル・ソンダガード/第10回アカデミー作品・助演男優・脚色賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ドレフュス事件で投獄されるドレフュス

©The Life of Emile Zola/ゾラの生涯より引用

「ルーゴン・マッカール叢書」で有名な(知らんけど)フランスの文豪エミール・ゾラの伝記映画。

前半の1/3くらいでゾラが小説で名声を得るまでを、残りはユダヤ人のアルフレド・ドレフュスがスパイ容疑で逮捕されるという1894年に実際に起こった冤罪事件(「ドレフュス事件」を主軸に描かれます。

 

【ゾラの生涯】です。

 

 

映画【ゾラの生涯】のあらすじザックリ

画家のセザンヌと共にパリの屋根裏部屋で暮らしている作家のエミール・ゾラは高級娼婦を描いた小説「ナナ」で一躍有名になる。その後もヒット作を執筆しゾラが何不自由ない生活を送れるようになった頃、無実の男が収監される「ドレフュス事件」が起こる。

 

 

エミール・ゾラは屋根裏部屋で下積み生活

割れた窓にボロを詰め込み寒さをしのごうとする若者。

同居人で画家のポール・セザンヌ(ウラジーミル・ソコロフ)と共に大家の家賃取り立てに怯える日々を過ごす彼こそが自然主義文学を定義したフランスの文豪エミール・ゾラポール・ムニ)。

 

書けども書けども小説は売れず、現時点では自分の本を破ってストーブにくべて暖を取らなければならないほどのド貧民です。

屋根裏部屋で暮らすゾラとポール

©The Life of Emile Zola/ゾラの生涯より引用

 

「ナナ」を皮切りにヒット作を連発

ある晩ゾラは機転を利かせて警察の取り締まりから高級娼婦を救います。

波乱万丈の彼女の身の上話からヒントを得て執筆した「ナナ」が大ヒット、その後もヒット作を連発し、ゾラは瞬く間に大作家となります。

あっという間に大邸宅へ

©The Life of Emile Zola/ゾラの生涯より引用

ゾラが有名になるまでのこの下りはたったの数十分で割とさくっと描かれます

「ナナ」のヒット以降何冊か出版したかと思ったらあっちゅー間に屋根裏部屋から豪邸に引っ越しとるし。

 

 

「ドレフュス事件」無実のユダヤ人がスパイ容疑で逮捕

ゾラがその地位にあぐらをかいて在りし日の情熱を失ってしまったことで旧友ポールがゾラの元を去っていった頃、フランス陸軍内である事件が起こります。

 

ガキの使いやないんやから

「軍の機密事項をドイツに漏らしとる人物がおります」

軍内にスパイがいる証拠となる手紙を入手したフランス陸軍参謀本部は、犯人を特定しようとして何やら相談します。

「誰や、あいつか」
「いやー、あいつちゃうでしょ」
「こいつちゃうか?」
「あーこいつの筆跡、手紙と一緒ですわ」
「ホンマや、こいつ誰や?」
アルフレド・ドレフュスです」
はい逮捕。この件はこれでお終い」
朱縫shuhou
って

おい「参謀本部」!

こんなガキの使いみたいなやりとりでドレフュスは無実の罪を着せられ、なんと5年もの間フランスの重犯罪者が収監される逃げ場もない劣悪な環境の監獄「悪魔島」に投獄されます。

 

敵前逃亡も戦略のうち

逮捕された後に紛れもない真犯人が判明したにもかかわらず、「無実の人間を処罰した」という汚名を嫌った軍参謀部は 事実を黙殺 しようとします。

ここでようやくこれまでドレフュス事件に無関心を貫いていたゾラが登場。

ゾラの裁判

©The Life of Emile Zola/ゾラの生涯より引用

政治犯をかばったことで裁判にかけられ一度は禁錮刑を言い渡されますが、亡命したイギリスからあらゆる方面に文書を出し続けたおかげで世界中がドレフュス事件を知ることとなり、ついに観念したフランス軍参謀本部の関係者達は自白を始めます。

 

解放されたドレフュス

ゾラの尽力によって冤罪が証明され解放されたドレフュスは涙を流し、「信じられない」といった感じで5年間閉じ込められた牢屋から出たり入ったりします。3回も。ここが一番感慨深い場面で…ってゾラちゃうんかい。

釈放されたドレフュス

©The Life of Emile Zola/ゾラの生涯より引用

歴史的大事件を扱っているしそんなに長い映画でもないのですが、ストーリーに大きな動きがなく淡々としていてちょい退屈です。冒頭に「この作品は必ずしも実話とちゃうで」と書かれていますが、結構事実に忠実に描かれているみたいです。

 

 

映画【ゾラの生涯】の感想一言

朱縫shuhou
ポール・ムニの演技力には舌を巻きますけど、晩年のゾラの特徴的な話し方だけはちょっとやりすぎ感があって笑ろてまいます

過剰な役作りなような気がするねんけど…こんなしゃべり方やったんかなゾラって。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ゾラの生涯】を観たくなったら

名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

クラシック
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る