【コーマン帝国】ロジャー・コーマン

【コーマン帝国】観た感想。「帝国」て。邦題からにじみ出る傑物感

【コーマン帝国】ロジャー・コーマン

2011年/アメリカ/監督:アレックス・ステイプルトン/出演:ロジャー・コーマン、ジャック・ニコルソン、ロバート・デ・ニーロ、マーティン・スコセッシ、ロン・ハワード、ジョナサン・デミ、ピーター・フォンダ、ブルース・ダーン、ポール・W・S・アンダーソン、クエンティン・タランティーノ、デビッド・キャラダイン、ピーター・ボグダノビッチ、イーライ・ロス

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【コーマン帝国】ロジャー・コーマン
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

映画監督・プロデューサーのロジャー・コーマン

ジャック・ニコルソンロバート・デ・ニーロマーティン・スコセッシピーター・ボグダノビッチジョナサン・デミフランシス・フォード・コッポラモンテ・ヘルマンロン・ハワードスティーヴン・スピルバーグなど、“ロジャー・コーマン”の名は知らなくてもコーマンが関わった著名人は誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。

今挙げた著名人(ほんの一部)はみんな、かつてコーマンと共に映画を作り、コーマンの影響を受けた人達です。

 

彼らはみなコーマンを讃えてこう呼びます。

「B級映画の帝王」「低予算映画の神」、と。

 

知る人ぞ知る彼の半生を描いたドキュメンタリー映画、【コーマン帝国】です。

 

 

映画【コーマン帝国】のあらすじザックリ

「インディペンデント映画の神」と称される映画監督・製作者のロジャー・コーマン。超低予算の作品を連発する一方、コーマン監督の作品からハリウッドへと飛び立っていった俳優や監督は枚挙にいとまがない。コーマン監督の作品やインタビュー、関係者や親交のある大物たちのコメントから、インディペンデント映画の魅力にまでも迫っていく。

 

 

何本制作したか分からないB級映画の帝王

尋常じゃない本数の映画を撮ってる人です。

出演作数で言えば名脇役ハリー・ディーン・スタントンウィレム・デフォーもベラボウですけど、ロジャー・コーマンは桁外れ。

監督・製作合わせると、その数は300とも500とも700とも言われています。

【コーマン帝国】ジャック・ニコルソン
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

たぶん本人も自分が何本撮ったか正確な数値は把握してないんじゃないの?

20代後半から映画の世界に入り御年90を超えた今でも一応現役を貫いていますから、かれこれ60年以上映画界に身を置いていることを鑑みたとしても、その数は異常。単純に計算して1年に1本映画を撮ったなら約60本。半年に1本でも約120本。このペースでは500本や700本には到底手が届きそうにないですよね?

じゃあ一体どうやってコーマンがこれほど多くの映画を製作できたのかと言うと、彼が1本の映画を1週間で撮り上げたりする人だったからです。しかも超低予算で。

【コーマン帝国】ロン・ハワード
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

あともうひとつは、【コーマン帝国】を観るまで私も知らなかったのですが、コーマンの妻で同じく映画プロデューサーであるジュリー・コーマンの助力も大きかったみたいですね。

ジュリーは映画の中でこんな風にぼやいています。

ジュリー
あの人(コーマン)ったら一度私に任せて大丈夫って思ったら、撮影現場にも来ないのよ?

要するに分業ですわ分業。コーマンが何百と映画を撮ることができたカラクリのひとつが明らかになった瞬間でした。

 

愛されすぎのロジャー・コーマン

「そんなにたくさんの映画を撮りまくるなんてスゴイ!」って思うでしょう?

いやいやいやいや…、だから「超低予算」なんですって。

ショボすぎて観てられへん映画いっぱいあるよ。

【コーマン帝国】ジョナサン・デミ
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

でもコーマンは、冒頭で挙げたような彼の元を巣立って行った著名人たちに今も愛され続けているんです。彼らはコーマンの“ショボい映画”に携わることができたことをいつまでも誇りに思っています

【コーマン帝国】には著名人たちのインタビューが多数収録されていて、そのどれもがコーマンへの愛で溢れています。

「1957年だけで10本も作ったんやで。頭おかしいやろ?
「どんな演技でも1テイクで終わらせよる
「当時の低予算映画は誰も“良くする努力”をせんかった

マーティン・スコセッシなんか酷いですよ。

「早く安く作られててセンスは二の次悪趣味でええやろ?

【コーマン帝国】マーティン・スコセッシ
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

センスないとか悪趣味とか言うたんなよ。

みんなコーマン好きすぎ。

 

【コーマン帝国】イーライ・ロス
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

ジョナサン・デミかイーライ・ロスか誰か(忘れた)なんて、コーマンが長年「アカデミー功労賞」をもらってないことに対してアカデミー会員に噛みついてましたもんね。「アカデミー会員のアホどもは何にも分かってへん」みたいな。結局2009年にコーマンが「アカデミー名誉賞」を受賞したから無事で済んでるんでしょうけど、下手したら干されてたかも知れませんよ。

恩人のために公然と上部団体をアホ呼ばわりするって、素敵やん?

【コーマン帝国】ロジャー・コーマン
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

 

 

【ジョーズ】と【スター・ウォーズ】が映画界に与えた激震

コーマンの作る搾取映画が影を潜めてしまったのはやはり、【ジョーズ】(1975年)と【スター・ウォーズ】(1977年)の台頭によるところが大きいと言います。

【コーマン帝国】スター・ウォーズ
©Corman’s World/コーマン帝国より引用

コーマン曰く、「裸の女がサメに食われる映画」こそ“コーマン映画”そのものだけど、コーマンなら10万ドルで作るところを100万ドルかけて製作された日にゃあ、そりゃ敵いっこないってことだそうです。

そういう事情もあって、【コーマン帝国】では【ジョーズ】や「スター・ウォーズシリーズ」のヒット自体が少々悲観的に描かれますが、映画界に大きな改革をもたらしたこれらの主流映画はそれはそれでなくてはならないものだったはず。

関連記事

1975年/アメリカ/監督:スティーブン・スピルバーグ/出演:ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス、ロレイン・ゲイリー、マーレイ・ハミルトン/第48回アカデミー作曲・音響・編集賞受賞注※このサイトは映[…]

ジョーズから見た美味しそうな人間
関連記事

1977年/アメリカ/監督:ジョージ・ルーカス/出演:マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、デヴィッド・プラウズ、アレック・ギネス、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、ピーター・メイヒュー/第50回アカデ[…]

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 アイキャッチ

ただしラストのコーマン映画を繋ぎ合わせた怒涛のオンパレードは、【ジョーズ】や「スター・ウォーズシリーズ」のダイジェスト版にも匹敵するものだと思います。

 

 

映画【コーマン帝国】の感想一言

朱縫shuhou

ロジャー・コーマンって風貌からして面白い。

彼って一見すると英国紳士みたいなんです。パリッと清潔なシャツを着て、口元にはひだまりのような微笑みをたたえててね?

この風貌で、少しずつ下がってくる巨大な振り子に胴体ちょん切られる映画とか、ジャングルで銃乱射するビキニ美女の映画とか、拘置所で女性が警官に激しくレイプされる映画とか撮るわけですよ。

内面が心配になってくるレベルよ。分裂症かなんかかなって。

 

作中でイーライ・ロスが、「ロジャーは外見は真面目そうやけどぶっ飛んでて、中身は煮えたぎる地獄みたいやねん」て言ってましたし。

中身地獄って。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【コーマン帝国】ロジャー・コーマン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG
// 20200615ブロックエディター遅延読み込み