レビューを読んでみたい映画募集中★お気軽に♪

【それでも夜は明ける】映画レビュー:奴隷?肌の色が黒いだけで?

パッツィーをムチで打てと命令されるソロモン 伝記
 20秒で読める概要とあらすじ

2013年/イギリス、アメリカ/監督:スティーヴ・マックイーン/出演:キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ルピタ・ニョンゴ、ポール・ダノ、サラ・ポールソン、ブラッド・ピット/第86回アカデミー賞作品・助演女優・脚色賞受賞

1841年、ヴァイオリンが堪能な自由黒人のソロモン・ノーサップは妻と2人の子供達と自適な生活を送っていた。家族の留守中に知り合ったばかりの2人組の男から仕事の依頼を受けたソロモンは薬を飲まされそのまま南部へ送られる。男達は黒人奴隷商だったのだ。

※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

「お前今日から掃除機な」

ある日突然こんなん言われたらどうします?絶対理解できひんでしょ。

 

「誰が掃除機やねんコラ~!」

ってキレたって誰も聞いてくれません。

「おい掃除機しゃべんな。掃除せえ」

って蹴り回されるだけです。

 

作中で「奴隷は家畜と一緒じゃ」というセリフが出てきますが、私に言わせれば家畜の方がまだマシ。だからもう意思無き機械で例えてみました。でも電子機器もなんか違う…

あんな扱いを受けるものって他に何があるって言うの?

 

「お前今日からう○こな」

…ちゃう。う○こなんかみんな「わあ~!」って言って逃げて終わりや。

 

「お前今日からゴキブリな」

…これもちゃう。ゴキブリって生命力強いしイビられても平気そうや。イビり甲斐もないし。

 

 

いやそこはやっぱり奴隷でいいんでしょう。

他に例えることなんて不可能、家畜より電子機器よりゴキブリよりさらに下等な扱いを受ける絶対にあってはならない制度…黒人奴隷制度がまだ一部で合法であった時代の伝記映画、【それでも夜は明ける】です。

 

「お前今日から 奴隷 な」

……ある日突然こんなん言われたらどうします?

 

 

邦題のセンスのなさには舌を巻く(皮肉)

原題【12 Years a Slave(12年間、奴隷として)】。

邦題【それでも夜は明ける】。

 

世間でよく叫ばれているように、このブログでも散々おかしな邦題についてブツブツ文句言うてる私ですが、【それでも夜は明ける】についてもまったく解せません。

どうしてそのまま【12 Years a Slave】ではあかんのか…。【セブン・イヤーズ・イン・チベット】だってそのまんまじゃんかよー。十分作品の大枠を捉えたタイトルだと思うんですけどなんでわざわざ日本語に直すんですかね?

 

まったく「夜は明けてない」

【それでも夜は明ける】だと思ってるとなんとびっくり、最後まで鑑賞しても全然夜なんて明けないです。

【それでも夜は明ける】はある日突然奴隷商人に誘拐され奴隷が合法であった南部に売り飛ばされた自由黒人のソロモン・ノーサップ(キウェテル・イジョフォー)が12年間の奴隷生活から解放されるまでを描いているだけで、作品内では彼が奴隷制度廃止運動家として活動を始めるスタート地点にすらまだ立っていません。

 

ソロモンが奴隷として過ごした12年間だけを指して闇深き「夜」、奴隷制度に懐疑的なカナダ人サミュエル・バス(ブラッド・ピット)と郷里の知人の協力を得て自らが自由黒人であることを証明し合法的にソロモンが解放されたことだけを指して「夜が明けた」と表現したのなら余りにもお粗末…。

ブラッド・ピット登場~。

🄫12 Years a Slave/それでも夜は明けるより引用

2018年現在にだってまだまだ根強い黒人差別や法の目をかいくぐった人身売買は後を絶ちません。それならばと「10年先でも、100年先でも、いずれ必ず黒人差別や奴隷が完全になくなる世の中になる(夜は明ける)」という意味でつけたのだと仮定してみても、今度はイチ映画のタイトルとしては少々壮大になりすぎ…。

 

どういう意図なんマジで。

 

 

うっすらだけど常に希望の光が見え隠れしているソロモン

もういいよ邦題は。ほっとくよ。

 

奴隷制度が廃止されていた北部で自由黒人として優雅に生活していたソロモンが、胡散臭い2人組の男に騙され奴隷として売り飛ばされるまでたった数十分。

仕事の話をするソロモン

🄫12 Years a Slave/それでも夜は明けるより引用

 

【それでも夜は明ける】はその後延々と黒人奴隷への惨い仕打ちが描かれますが、奴隷にされても「いつか何としてでも家族の元へ帰ってやる」とばかりに眼光の輝きを失わないソロモンはまだ希望を持って観ることができます。

私の印象に残ったのはソロモンではなく「生粋の」奴隷達…中でも残虐な農園主エドウィン・エップス(マイケル・ファスベンダー)から歪んだ愛情を注がれ、嫉妬に狂ったその妻エップス夫人(サラ・ポールソン)から執拗な嫌がらせを受けるパッツィー(ルピタ・ニョンゴ)がもう救いようがなさ過ぎて目を覆いたくなるほどでした。

 

ソロモン、あなたにはやり残したことがあった

ソロモンがエップスの農園にやってきてしばらく経ったある晩、ソロモンが他の奴隷達とは違った頼りがいのある何かを持っていることに気付いたパッツィーが密かにソロモンの元へやってきます。

パッツィー
お願いがあるねん。

私を沼に沈めて、動かなくなるまで押さえてて…

毎晩のようにエップスに凌辱され、嫉妬に駆られたエップス夫人に暴力を振るわれ、死んだ方がマシだとパッツィーは懇願します。

ソロモン
…そんなことできひん…!

ソロモンは逡巡しつつも断り背を向けます。

 

誰だって自分のことだけで精一杯…でも救いようがなさすぎる

エップスの農園に出入りしていたバスに秘密裡に「元の」自分を知る人に手紙で連絡を取ってもらい、違法な人身売買によってエップスの農園に連れてこられたことが証明されたソロモンは迎えにきた保安官達とともに農園を去ります。

「やった!やっと終わった…12年も…!

安堵感が押し寄せる反面、馬車に乗って去るソロモンを見送った後パッツィーがぶっ倒れている場面が忘れられません。

後ろでパッツィーぶっ倒れてる

🄫12 Years a Slave/それでも夜は明けるより引用

その後解放されたソロモンは【それでも夜は明ける】の原作となる奴隷体験記「Twelve Years a Slave」を発表し、奴隷制度廃止運動家として多大な功績を遺しますが、

パッツィーが…

パッツィーだけは…。

 

いかなる理由があろうと人が人を殺していけないのでしょうが(現にソロモンは作中で「信仰に反する」と言って自殺に手を貸すことを断っています)、殺される以上の事を日常的にされているパッツィーを…

殺してあげて欲しかったと思うのは私だけでしょうか。

そんなん言い出したらいつの時代も(今この現代も)「奴隷」という身分に貶められた人達はみんな死ぬよりつらい境遇に置かれているのでしょうが…。

 

「お前今日から 奴隷 な」

……ある日突然こんなん言われたらあなたならどうします?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【それでも夜は明ける】を観たくなったら

トップへ戻る