【ホワイトハウス・ダウン】チャニング・テイタムとジェイミー・フォックス

【ホワイトハウス・ダウン】あらすじと感想。色んな映画盛りだくさん

2013年/アメリカ/監督:ローランド・エメリッヒ/出演:チャニング・テイタム、ジェイミー・フォックス、マギー・ジレンホール、ジェイソン・クラーク、ジェームズ・ウッズ、リチャード・ジェンキンス、ジョーイ・キング

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

読者のmono-chi様よりリクエストいただいた映画です。

おありがとうございます!
朱縫shuhou
朱縫shuhou

朱縫shuhouのレビューを読んでみたい映画があればお気軽にリクエストをどうぞ。

リクエストするやん

 

ブラックホークがダウン
©White House Down/ホワイトハウス・ダウンより引用

巷では【タワーリング・インフェルノ】【ダイ・ハード】のパクリやんけって言われまくってる映画です。

関連記事

1988年/アメリカ/監督:ジョン・マクティアナン/出演:ブルース・ウィリス、アラン・リックマン、アレクサンダー・ゴドノフ、ボニー・ベデリア、ウィリアム・アザートン、ハート・ボックナー注※このサイトは映画のネタバレしようがし[…]

【ダイ・ハード】ブルース・ウィリス

観たことなかったんでその真偽はよく分からなかったんですけどね、私には。

リクエストいただいたのでこの度初めて鑑賞してみた結果、感想は…。

【タワーリング・インフェルノ】と【ダイ・ハード】のパクリですやん。

(ついでに【ブラックホーク・ダウン】も思い出した)

朱縫shuhou
朱縫shuhou

 

【ホワイトハウス・ダウン】です。

 

 

映画【ホワイトハウス・ダウン】のあらすじザックリ

元軍人のジョン・ケイルは、下院議長の甥を助けた縁で、議会警察官の職を得ていた。ジョンの娘エミリーは、現職大統領であるジェームズ・ソイヤーの大ファンであり、ジョンは娘を喜ばせるためにアメリカ合衆国シークレットサービスへの転職を志望するが、面接で落とされてしまう。

 

 

ホワイトハウスが占拠された!

タイトル【ホワイトハウス・ダウン】の示すとおり、この映画はホワイトハウスが占拠されてジェームズ・ソイヤー大統領(ジェイミー・フォックス)が拘束されてしまうお話な訳ですけど。

とりあえずのっけからチョロく占拠されすぎて白目。

ここホワイトハウスやで?

私でも同級生とか集めてちょっと作戦練ったら占拠できそう。

 

マーティン・ウォーカー警護隊長、あなたがあやしいのはバレバレだ!

テロリスト達がホワイトハウスをあっさり占拠できた理由として、製作側は「マーティン・ウォーカー警護隊長(ジェームズ・ウッズ)と言う謀反人がいたから成り立ったのだよ」と反論するのでしょうね。

ジェームズ・ウッズ率いるテロリスト
©White House Down/ホワイトハウス・ダウンより引用

25年も大統領を警護してきたシークレットサービス自身が大統領を危機に陥れるなんてあり得へんやろが、ふふん、とでも思っているのでしょうか…。

しかしスクリーンの前の視聴者としてはコイツがあやしいのはバレバレ!

ついでに最後に化けの皮がはがれるイーライ下院議員リチャード・ジェンキンスが黒幕であることもバレバレ!

さらに言うならジョン・F・ケネディがマリリン・モンローをホワイトハウスに忍び込ませたと言われる都市伝説の隠し地下道がホントはあるんだよ~んって言う展開もバレバレ!

ホワイトハウス見学ツアーの引率係(ニコラス・ライト)がええ味出すキャラクターであるのもバレバレ!

あれだけ撃ちまくってドンパチ繰り広げたにもかかわらず、主人公ジョン・ケイル(チャニング・テイタム)とテロリストのリーダー格エミール(ジェイソン・クラーク)の最終決戦は肉弾戦になるのもバレバレ!

予定調和の大洪水!!

ホワイトハウス見学ツアー
©White House Down/ホワイトハウス・ダウンより引用

 

「娘のため」で突如芽生えるシークレットサービスの適性

大体元軍人で議会警察官であるジョンは、冒頭でシークレットサービスの面接に一度落ちています。

軍人としてもあまり優秀じゃなかったし、様々な資料から適性がないと判断されちゃってる(適性がないとされる理由のひとつに「遅刻」とかも入ってる。普通の社会人でも絶対あかんやつやん)。

 

なのに(相手が大学時代の同窓生であると言っても)面接官に食ってかかるんですよこの人。

ジョン

俺はもう昔の俺じゃない!

変わったんだ!頼む!

 

娘のためにシークレットサービスになりたいんだ!

知るかそんなもん。

実績あげて正面突破してこんかい。

チャニング・テイタムとジョーイ・キング
©White House Down/ホワイトハウス・ダウンより引用

そもそも論ですけど、こんな奴に大統領が守れるとは到底思えない。設定に無理がある。

人質だろうが要人だろうが容赦なくバンバン撃ち殺すテロリスト達が、なぜかジョンと彼の娘のエミリージョーイ・キングと対峙した時だけはやたらと引き金を引くのを躊躇したり不自然なまでに狙いをはずしたり…。

身体能力が高かったり適性があった訳ではなくて、運が良かっただけだよね?

 

 

恥ずかしくてTVを消しそうになった場面

ラストなんてこっちが恥ずかしくなって顔から火が出そうでしたよ。

ここね。

戦闘機に旗を振るエミリー
©White House Down/ホワイトハウス・ダウンより引用

ホワイトハウスが空爆されると聞いて戦闘機に必死に旗を振るエミリー。

そしてあろうことか大統領が何も命令出してないのに独断で発射中止するパイロット。

 

これ現実にあり得るか?

こんなことしたらこのパイロット重罪ですよ。

幼い少女が旗を振って空爆を止めようとする場面なんて中東とか行ったらいくらでもあるでしょう。

その度にパイロットが独断で作戦中止してどうすんの?

たった一人の少女を救って、何万人と死ぬ可能性もあるかもよ?

 

なんっじゃこの茶番劇。

 

 

映画【ホワイトハウス・ダウン】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
ダメだこりゃ…。
これやったらまだ【エンド・オブ・ホワイトハウス】の方がマシちゃうか?
夫
朱縫shuhou
朱縫shuhou
そおかあ~??(どっちもどっち)

映画なんてフィクションであって、「現実にあり得ないことが起こるから観たくなる娯楽」で間違いないんですけど、余りにも荒唐無稽すぎるとリビングにすべり込んでそのまま気絶しそうになりますね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

ホワイトハウス・ダウン [Blu-ray]
ソニーピクチャーズエンタテインメント
参考価格:¥ 2,619
OFF: 46%
¥ 1,414
【ホワイトハウス・ダウン】チャニング・テイタムとジェイミー・フォックス
更新情報ひたすらつぶやいてます。