歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【オーシャンズ13】13人目は奴!やっぱりラスティは食べる!

犯罪

 

映画の概要と注意事項

2007年/アメリカ/監督:スティーブン・ソダーバーグ/出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、バーニー・マック、ドン・チードル、アンディ・ガルシア、アル・パチーノ

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

リヴィングストンのお手並み拝見中

©Ocean’s Thirteen/オーシャンズ13より引用

最初に注意事項を述べておきますと、せっかくクールでオシャンティにまとめられている「オーシャンズ」シリーズですが、【オーシャンズ11】【オーシャンズ12】そして【オーシャンズ13】と3作続けて観ると、このノリに若干食傷気味になってきます。

 

「そんなにいっぺんに観るからやん」って思わんといてください。例え3作続けざまに鑑賞しても「お腹いっぱい」にならない映画なんて山ほどあります。

「ロッキー」シリーズ「ダイ・ハード」シリーズ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ

通常はむしろ続けざまに鑑賞できることが、公開から数年経ったシリーズ映画の醍醐味のひとつであり面白さも倍増されるものでしょう。

 

この映画と「バイオ・ハザード」シリーズくらいちゃう?

「お腹いっぱい」になるシリーズものって。

 

 

映画【オーシャンズ13】のあらすじザックリ

裏稼業からはアシを洗ってテスと平穏に暮らしていたオーシャン。しかしルーベンがラスベガスの悪名高いホテル経営者バンクに裏切られたと知り、再び「オーシャンズ」と共に報復計画を練り上げる。スポンサーを失い資金が不足した彼らの頼みの綱は、仇敵のあの男だった。

 

 

今度は裏切りを受けた仲間ルーベンの報復計画

そもそも今回は泥棒しようという動機からして残念な仕上がり

全作まで「スポンサー」として資金だけは出すものの作戦には一切参加してこなかったルーベン(エリオット・グールド)が、旧知の仲であったバンク(アル・パチーノ)の裏切りに遭いショックの余りぶっ倒れてしまったことから物語は始まります。

信頼していたバンクに何もかも奪われたルーベンは心筋梗塞を患って心神喪失状態のままベッドで寝たきりに…。

寝たきりルーベン

©Ocean’s Thirteen/オーシャンズ13より引用

なんと今回の「オーシャンズ」はそんなルーベンを元気づけるべく集まり、仕返しにバンクの所有するホテルとカジノをしっちゃかめっちゃかにしてやろうというのです。

復習しようぜオーシャンズ!

©Ocean’s Thirteen/オーシャンズ13より引用

ちょっとここで前作までの動機を振り返ってみましょう。

【オーシャンズ11】
リーダー的ポジションのオーシャン(ジョージ・クルーニー)が奪われた元妻テス(ジュリア・ロバーツ)を取り戻すために現恋人のベネディクト(アンディ・ガルシア)のカジノを襲う
【オーシャンズ12】
盗んだ金を返すためにまた盗みを働く
【オーシャンズ13】
仲間の報復

ちょいちょい、今回のその動機、かっこよすぎじゃね?

 

今までの「有り得ない(ショボい)動機」に全員が必死こいて作戦練ってる姿にくすっと笑える面白さがあったのに、「仲間の為」とか普通すぎ。

取って付けたようにオーシャンとラスティーが互いにルーベンへの恩を語り合う場面なんてもう興ざめ。

 

「13人目」なんてもうタイトルだけでバレてる

しかも【オーシャンズ13】なんで、まあ「13人目の仲間」が必要ではあるんですが…勘の鈍い私ですらタイトル見た瞬間に誰か分かりましたもんね。

「13人目」ベネディクト

©Ocean’s Thirteen/オーシャンズ13より引用

余りに予想通りにストーリーが展開していくもんで、途中から私の興味はチラチラ映り込んでくるナイト・フォックスヴァンサン・カッセルがいつどんな風に絡んでくるかということだけに注がれていました。

そしてその興味すらも度肝抜かれるような演出もないまま散ってしまうという事態に。

 

フランクのご冥福をお祈りします。

余談ですが2007年に【オーシャンズ13】が公開されたのち、2008年に”イカサマディーラー”フランク役のバーニー・マックが急死したことにより、「続編【オーシャンズ14】は有り得ない」とスティーブン・ソダーバーグ監督が明言してます。

仲良しオーシャンズ

©Ocean’s Thirteen/オーシャンズ13より引用

それはそれで残念ですけど、これ以上続いてもきっと【オーシャンズ12】は超えられないでしょうね。潮時。

参考 バーニー・マックの急死で『オーシャンズ14』はなし!ソダーバーグ監督が語る

 

 

ここへきて急に出してきたフランク・シナトラ版【オーシャンと11人の仲間】へのオマージュ感

前述のとおり、スティーブン・ソダーバーグ監督がバーニー・マックの死によって「続編は有り得ない」と明言したのは本作公開の1年後のはずなんですが、すでに【オーシャンズ13】は「完結編」として製作してたのではないかと思われます。

【オーシャンズ13】には前作・前々作にはなかったオリジナル版【オーシャンと11人の仲間】へのオマージュが随所に散りばめられていますので。

アル・パチーノ扮するバンク

©Ocean’s Thirteen/オーシャンズ13より引用

ルーベンはバンクを信頼している根拠として、しきりに「シナトラと握手した」ことを強調していますし(オリジナル版でダニー・オーシャンを演じたのはフランク・シナトラ)、オーシャンとラスティー(ブラッド・ピット)の会話にオリジナル版で襲われるカジノ「サンズ」「デザートイン」の名前が出てきます。

さらにソールの

誰ぞ
ソール
「フラミンゴ」のオープンの時はプレオープンなんてなかったぞ

というセリフの「フラミンゴ」もその一つ。

5つのカジノを狙っちゃう

©Ocean’s Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用

そして作中に流れる『This Town』はフランク・シナトラの曲です。

 

 

映画【オーシャンズ13】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou

【オーシャンズ13】で本当にシリーズ完結であるならば、まあ、「綺麗にまとまった」って感じですかね。

期待通り、食べるラスティも堪能できますしね。

ジャンクフードほおばるピックン

©Ocean’s Thirteen/オーシャンズ13より引用

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【オーシャンズ13】を観たくなったら

【オーシャンと11人の仲間】今観るとお粗末な強奪作戦のネタバレ
【オーシャンと11人の仲間】/1960年/アメリカ/犯罪/ダニー・オーシャンを中心とした大戦時の戦友達がラスベガスの5つのカジノから現金を強奪する映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【オーシャンズ11】クルーニーとブラピ共演のクライム映画!
【オーシャンズ11】/2001年/アメリカ/犯罪/凄腕の泥棒で詐欺師のダニー・オーシャンが10人の仲間と共にラスベガスの巨大カジノの現金強奪を企てる映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【オーシャンズ12】12人目ってテスなの?トゥルアーのダンス最高!
【オーシャンズ12】/2005年/アメリカ/犯罪/カジノのオーナー、ベネディクトに盗んだ金の返却を要求されたダニーと仲間達が再び犯罪計画に乗り出す映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
オーシャンズシリーズ前作を順番に復習!最新作【オーシャンズ8】を観る前に!
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、アンディ・ガルシア、ジュリア・ロバーツ等豪華キャストの共演で話題となった映画【オーシャンズ11】から17年。いよいよシリーズ4作目となる【オーシャンズ8】が公開されます。シリーズ全作をおさらいして、いざ鑑賞に備えましょう!
犯罪
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る