歴代アカデミー賞ランキングBEST90

【クリムゾン・タイド】タイトルの意味と艦長の犬と観た感想

アラバマ号へ向かうラムジー大佐 ヒーロー
映画の概要と注意事項

1995年/アメリカ/監督:トニー・スコット/出演:ジーン・ハックマン、デンゼル・ワシントン、ヴィゴ・モーテンセン、ジョージ・ズンザ、ジェームズ・ガンドルフィーニ

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

「艦の名を知っているな?」
————「知っております」

 

「栄光に輝く名だ」
————「栄光に輝く名です」

 

「艦員は粒ぞろい」
————「粒ぞろいです」

 

「誇り高いアメリカ人だ」
————「その通りです」

 

「世界最高の国だ」
————「世界最高の国です」

 

「その艦の名は?」
————「”アラバマ”です」

出典:【クリムゾン・タイド】字幕

出航の日、雨の中愛犬のリードを大事に握って軍の雨具に身を包んだラムジー大佐(ジーン・ハックマン)が颯爽と現れ部下に叫び問いかけ士気を上げる。

冒頭15分で全身鳥肌に覆われ余りのカッコ良さに目頭が熱くなる映画もそうあるまいよ。

 

記念すべきブログ記事一発目に選んだのは1995年公開のヒーローアクション、【クリムゾン・タイド】です。

 

 

映画【クリムゾン・タイド】のタイトルの意味とあらすじザックリ

ロシアからの核攻撃に備え、アメリカは原子力潜水艦アラバマを出撃させる。しかしミサイル発射の指令通信がアクシデントにより中断され、発射の是非をめぐって艦長と副艦長が内部で対立することになってしまう。

タイトル【クリムゾン・タイド】の意味については諸説ありますが、直訳はとりあえず「深紅の潮流」

言われてみればメディアのパッケージデザインも真っ赤っか

よく言われるのがこの赤系の色(深紅)が「ソ連」や「共産主義」を表していて、ソ連の脅威(潮流)にさらされた状況を指しているというもの。

これはこれで納得してしまいそうではあるんですが、よく考えたら別にソ連の脅威にさらされているという内容の映画ではない。パッケージ写真からも分かるように、自身のたぎる血潮と信念を隠すことなく燃え上がらせているのはジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンのお二人。

 

すなわち原子力潜水艦の艦長と副艦長という立場にある彼らの白熱の攻防によって生まれた激しい潮流を指しているのではないでしょうか。

ここで言う「潮流」とはもちろん艦内に漂うあらがいがたい「流れ」であって、次第にその流れは艦長と副艦長の2人を中心に望むと望まざるとかかわらず艦内の人員総てを巻き込んだ大きな潮流となっていきます。

 

艦長が愛する原子力潜水艦「アラバマ号」と同じ名前のアラバマ大学フットボール部の愛称「クリムゾンタイド」から取られてるなんて説もあるみたいですが、正直よく分からないです。

逆にアラバマ大学のフットボール部の方がこの映画にちなんでそう呼ばれてるんじゃないの?

 

 

世界で最も力のある3人

世界で最も力のある3人は

合衆国大統領、ロシア大統領、そして弾道ミサイルを搭載した合衆国原子力潜水艦の艦長である。

出典:【クリムゾン・タイド】字幕

かっこいいですねえ~。

この3人のうちの一人、原子力潜水艦の艦長が既出のラムジー大佐な訳です。

アラバマ号に乗り込むラムジー大佐

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

「世界の平和は我らアメリカにかかっている!」と言わんばかりのトキの声を上げて原子力潜水艦アラバマ号は深海へと出航します。

 

アメリカ(アラバマ号)を取り巻く状況

私は戦争映画に弱くて(国際関係や政治問題や果ては地理自体もよくわかっていない)、親友の映画オタクに概要を説明してもらってから観たりします。

●「この映画では〇国と〇国が戦っています」
●「宗教的に合わないから戦争に発展したわけです」
●「要するに領土の奪い合いです」

てな感じで教えてもらってから…

って、どんなけわかってへんねん。

 

【クリムゾン・タイド】では以下のように理解。

ロシアがアメリカに核攻撃をすると宣戦布告
アメリカはロシアに対抗すべく原子力潜水艦アラバマ号を出撃
アラバマ号の使命はロシアの核攻撃が現実のものとなればすかさず迎撃すること
その迎撃ミサイルの発射をめぐって上官2人が対立

はっはあ~ん。

あっそぉ~。

そーゆーことぉ~。

 

 

ラムジー大佐とハンター少佐の対決がカッコいい!!

アメリカ最強の原子力潜水艦の艦長を務めるのがジーン・ハックマン扮するフランク・ラムジー大佐、若くして副艦長に任命されたのがデンゼル・ワシントン扮するロン・ハンター少佐。

【トレーニング デイ】からこっち、デンゼル・ワシントンも随分色んな役をこなすようになっていますが、やっぱり彼の持つルックスと品格と雰囲気は優等生キャラがしっくりきます。

これぞデンゼル・ワシントン

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

実践経験豊富で自信過剰なラムジー大佐と、エリート街道まっしぐらのハンター少佐の対比が端的で素晴らしい。

 

犬だけが心の拠り所

序盤、氷雨(想像)が激しく窓を打つ海軍の一室でハンター少佐がアラバマ号の副艦長として適任かどうか面接を行う場面。

面接するラムジー大佐

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

2人とも時折冗談を交えながら冷静に話してはいますが、お互い出方を伺うピンと張りつめた空気には観客も思わず息を殺してしまいます。

淡々と交わされる2人の会話以外に聞こえるのは窓の外の雨音だけ。

 

ハンター少佐はさて置いても、ラムジー大佐がとにかくイジワル。

皮肉たっぷりの妙な質問をしてきてはハンター少佐をなめるように品定めして嘲笑じみた笑いを浮かべます。

 

この緊迫した場面を緩和してくれる唯一の存在はジャックラッセル・テリアの”ベアー”。

熊には程遠いキューティーなルックスだけど名前は”ベアー”。

ジャックラッセル・テリアのベアー

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

軍隊一本で堅物すぎるため妻にも逃げられてしまったラムジー大佐の心の拠り所はこの犬だけ。

ラムジー大佐はなんと潜水艦にもベアーを連れて乗り込み、艦内を平気でウロチョロさせてます。

 

…そりゃベアーかわいいけど、ちょっとお~…。

潜水艦のあちこちでおしっことかしとるんですけど…。

深海の閉鎖された空間でアンモニア臭漂うとか勘弁してよ…。

 

二人の対比に一役買っているもの

クリムゾン・タイドでラムジー大佐とハンター少佐が対峙する時、自分の肩越しから相手の射るような眼差しを映すカットが数多くみられます。

そして数秒でお互いの視線が切り替わり、切り替わるたびに自分が睨まれているような気がして手に汗握ります。キャメラワークにも着目して観てると楽しいかも。

大佐に歯向かうデンゼル・ワシントン扮するハンター少佐

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

特にラムジー大佐は迫力ありすぎて、

大佐とは相反する自分の信念を曲げようとはしないハンター少佐に

朱縫shuhou
 やめとけって!怒ってるやん!

大佐怒ってるからそれ以上言うなって! 

ってビビッてアドバイスしてあげたくなる事請け合い。

 

どちらにも共感できる各々の正義

この映画で対立する二人が取った行動は、軍隊の規約としてはどちらも間違っていないんだそうです。

しかし回避しようのない事件がいくつも重なって各々が各々の正義に従って意見を違えるしかない(例え相手が上官であろうとも)状況に陥ってしまいます。

対立するジーン・ハックマントデンゼル・ワシントン

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

物語の9割が狭く閉ざされた潜水艦の中の限られた人員だけで静かに、次第に激しく繰り広げられていく【クリムゾン・タイド】。

潜水艦潜航中

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

映画を鑑賞する時って登場人物と自分を置き換えて、自分だったらどうするだろうと考えたりしますよね?

スタンダードに主人公を応援したり、逆に悪役に心奪われてしまったり、どちらにしてもその対象は冒頭からエンディングまで余り変わることはありません。

 

でもこの【クリムゾン・タイド】では、フラフラするんですよ。まるで自分が優柔不断になった気分になります。

 

だって先ほど書いた通り、ラムジー大佐もハンター少佐も、どちらも間違ってないんですもん。

 

ラムジー大佐の独断にうなずいてしまうのも、ハンター少佐の理詰めの反撃に納得してしまうのも当然なんです。

だから意見の割れた2人の上官の狭間であっちゃこっちゃ支持したり寝返ったりする船員がいるのも至極当然。ただ命令に従っていればいいと思いきや、まさか自分たちまで究極の選択を迫られることになる船員達には同情すらしてしまいますけどね。

 

それほどジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンのリーダーシップが画面を通じてビシバシ伝わってくる映画です。

 

鑑賞後には携帯をマイクに見立てて口元にあて、

朱縫shuhou
艦長より無線へ!艦長より無線へ!

潜水艦乗りごっこをしてしまうことでしょう。

 

少なくとも私はしました。

ラムジー大佐退任

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

「老兵は死なず、ただ去るのみ」

【クリムゾン・タイド】のラストにばっちり当てはまるええ言葉ですねえ。

 

 

映画【クリムゾン・タイド】の感想一言

クイズしてる乗組員たち

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

朱縫shuhou
冒頭の移送車の中でヴィゴ・モーテンセン扮するウェップス達がロバート・ミッチャム主演の【眼下の敵】の共演者は誰か?などとクイズにして楽しんでます。

 

クルト・ユンゲルスハーディ・クリューガーかという二択ですが、正解はクルト・ユンゲルス。

【深く静かに潜航せよ】の主演はケーリー・グラントではなくクラーク・ゲーブルバート・ランカスターが正解でした。

 

勤務中に一生懸命戦争映画のことを語り合ってる姿がかわいいですよね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【クリムゾン・タイド】を観たくなったら

トップへ戻る