【黄昏のチャイナタウン】ジャック・ニコルソン

【黄昏のチャイナタウン】あらすじ感想。ポランスキーでもダメだったろ

【黄昏のチャイナタウン】ジャック・ニコルソン

1990年/アメリカ/監督:ジャック・ニコルソン/出演:ジャック・ニコルソン、ハーヴェイ・カイテル、メグ・ティリー、マデリーン・ストウ、イーライ・ウォラック、ルーベン・ブラデス、デヴィッド・キース、トム・ウェイツ、リチャード・ファーンズワース、レベッカ・ブロウサード

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【黄昏のチャイナタウン】ジャック・ニコルソンとハーヴェイ・カイテル
©The Two Jakes/黄昏のチャイナタウンより引用

フィルム・ノワールの傑作とされる【チャイナタウン(1974)】の続編に当たる映画。

関連記事

1974年/アメリカ/監督:ロマン・ポランスキー/出演:ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン、バート・ヤング、ダイアン・ラッド、ペリー・ロペス、ジョン・ヒラーマン、ダレル・ツワーリング、ロマン・ポランスキー[…]

 

一作目から実に16年もの歳月が流れています。

その間に前作の監督だったロマン・ポランスキーは自身の犯した犯罪行為によりヨーロッパへの逃亡を余儀なくされ、プロデューサーのロバート・エヴァンスは身に覚えのない(とされる)麻薬カルテルとの関与を疑われ、一時は“呪われた映画”だなんて言われたこともありましたが、主演と監督を兼任したジャック・ニコルソンはこれを力強く否定しています。

うんそうだよね、“呪われた映画”じゃなくて、ただ単に面白くないだけだよね。

 

【黄昏のチャイナタウン】です。

参考 フィルム・ノワール=「暗黒映画」「暗い映画」を意味するフランス語。

 

 

 

映画【黄昏のチャイナタウン】のあらすじザックリ

1948年のロサンゼルス。私立探偵のジェイク・ギテスは建設会社の経営者ジェイク・バーマンから妻キティの浮気調査を依頼される。ジェイクはモーテルでキティの浮気の様子を盗聴して探っていたが、そこへバーマンが乱入、相手の男を射殺してしまう。被害者はバーマンの会社の共同経営者だった。

 

 

なぜにこれで“ジェイク・ギテス”を演ろうと思った?

【チャイナタウン】と言えば、“第二の(ハンフリー・)ボガード”と讃えられるほど私立探偵ジェイク・ギテスが憑依したジャック・ニコルソンが素晴らしかったものですが、続編【黄昏のチャイナタウン】のジェイク・ギテスには前作の面影なんて微塵もありません。

とにかくジャック・ニコルソンが太り過ぎ。

【黄昏のチャイナタウン】ジャック・ニコルソン
©The Two Jakes/黄昏のチャイナタウンより引用

クールでシャープな“ジェイク・ギテス”のイメージぶち壊し。

ジェイクの10年後、20年後の姿を何度シミュレーションしてみても絶対にこうはならない。とりあえず私の頭の中では。

 

【黄昏のチャイナタウン】は、主演のジャック・ニコルソン、プロデューサーのロバート・エヴァンス、脚本のロバート・タウンら前作に大きく関わった3人でもって何年も構想を練って暖められてきた映画のはず。

それなのに主演のジャック・ニコルソンのこの体たらく。

徹底した役作りをすることで知られるロバート・デ・ニーロとまでは行かないまでも、もっとキャラクターのイメージを尊重して欲しかった。

【黄昏のチャイナタウン】ジャック・ニコルソンとハーヴェイ・カイテル
©The Two Jakes/黄昏のチャイナタウンより引用

依頼人のジェイク・バーマン(ハーヴェイ・カイテル)とのゴルフの場面とかもう失笑ものよ。

バーマンはバーマンで結構な大病患ってるはずなのに筋肉隆々だからね。

 

私はジャック・ニコルソンがめちゃくちゃ好きです。

彼がルックス重視の俳優ではないことも、自然体でいることを好む俳優であることも知っています。

しかし【黄昏のチャイナタウン】に関してだけは、愛しているからこそ敢えて言いましょう。

朱縫shuhou

思い入れのあるキャラクター演じるならせめてもうちょっと役作りしてよ!!

 

ロマン・ポランスキーを呼び戻したとしてもダメだったんじゃ

“ジェイク・ギテス”のイメージからかけ離れたジャック・ニコルソンの容姿だけが問題でもないんですけどね。

【黄昏のチャイナタウン】ジャック・ニコルソン
©The Two Jakes/黄昏のチャイナタウンより引用

【黄昏のチャイナタウン】の監督は当初、脚本のロバート・タウンが兼任する予定でした。それがなぜか最終的にはジャック・ニコルソンにお鉢が回ってきています(諸説あるので理由不明)。

余り知られていませんが、名優ジャック・ニコルソンには脚本家や映画監督という肩書もあります。監督業としては【Drive, He Said(原題)】と【ゴーイング・サウス】に続く3作目で、まあどれもこれもぶっちゃけ彼には映画監督の才能はなかったんだねと言わざるを得ない仕上がりではあるのですが、しかし【黄昏のチャイナタウン】に限っては監督が仮に前作と同じロマン・ポランスキーだったとしても結果はそう変わらないんじゃないかと思っています。

関連記事

1978年/アメリカ/監督:ジャック・ニコルソン/出演:ジャック・ニコルソン、メアリー・スティーンバージェン、クリストファー・ロイド、ジョン・ベルーシ、ヴェロニカ・カートライト、ジェフ・モリス、ダニー・デヴィート注※このサイ[…]

【ゴーイング・サウス】ジャック・ニコルソン

【チャイナタウン】ありきの内容になってる割には真相が明かされた時のインパクトが弱いんですよね。

【黄昏のチャイナタウン】メグ・ティリー
©The Two Jakes/黄昏のチャイナタウンより引用

もし私が監督だったら「この映画を一体どうやって面白くしろって言うんじゃ」って企画した人達を怒鳴りつけたくなると思います。

いや企画したのは監督・主演・脚本・製作の当の本人達なんだけどさ。

 

 

長年のパートナー関係に終止符を打ったレベッカ・ブロウサード嬢

ジャック・ニコルソンの熱烈ファンである私が個人的に着目するのは、ジェイクの秘書役のブロンドの女性。

【黄昏のチャイナタウン】レベッカ・ブロウサード
©The Two Jakes/黄昏のチャイナタウンより引用

こちらの女優としてはほぼ無名のレベッカ・ブロウサード嬢はですね、ジャック・ニコルソンの子供を妊娠したことで17年間も続いたアンジェリカ・ヒューストンとジャックの愛人関係にピリオドを打った張本人です。

これまでもジャックの浮気性には散々苦しめられていたアンジェリカでしたが、レベッカの子供の父親が自分であることを公に認めたジャックについに愛想を尽かしたのでした。

 

だから何やねんって言われると困るんですけど、アンジェリカ自身も子供が欲しいって言ってたのに気の毒だなと思ってね。

 

 

映画【黄昏のチャイナタウン】の感想一言

朱縫shuhou

邦題はあからさまに前作を意識したものになっていますが、原題は【Chinatown チャイナタウン】をいささかも匂わせない【The Two Jakes 二人のジェイク】となっています。

 

私立探偵ジェイク・ギテスを扱った続編を作るにしても、イヴリン・モウレー(フェイ・ダナウェイ)やノア・クロス(ジョン・ヒューストン)は一切絡めない方がまだ良かったのかも?

【黄昏のチャイナタウン】
©The Two Jakes/黄昏のチャイナタウンより引用
関連記事

1974年/アメリカ/監督:ロマン・ポランスキー/出演:ジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン、バート・ヤング、ダイアン・ラッド、ペリー・ロペス、ジョン・ヒラーマン、ダレル・ツワーリング、ロマン・ポランスキー[…]

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【黄昏のチャイナタウン】ジャック・ニコルソン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG