【八十日間世界一周】デヴィッド・ニーヴンとカンティンフラス

【八十日間世界一周】あらすじと観た感想。カンティンフラスが芸達者!

【八十日間世界一周】デヴィッド・ニーヴンとカンティンフラス

1956年/アメリカ/監督:マイケル・アンダーソン/出演:デヴィッド・ニーヴン、カンティンフラス、シャーリー・マクレーン、ロバート・ニュートン、ジョン・ギールグッド、フィンレイ・カリー/第29回アカデミー作品・撮影・映画編集・音楽・脚本賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【八十日間世界一周】カンティンフラス
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用
朱縫shuhou
「あはは」

こんな感じです。

朱縫shuhou
「あはは」

 

爆笑する訳でもなく、全然笑えない訳でもなく、何も考えずにボケーッと観てて、所々「ぷっ」って吹き出してしまう感じ。

そんで観終わった後は「あはは」ですね。

 

英国紳士が気球や列車や船を駆使して1870年代の世界を回るアドベンチャー大作(当時)、【八十日間世界一周】です。

 

 

映画【八十日間世界一周】のあらすじザックリ

イギリス上流階級の紳士フォッグは、クラブの友人達と「八十日間で世界一周できるか」を賭け使用人のパスパルトゥを従えて旅に出る。時に金にものを言わせ、時に芸達者なパスパルトゥが活躍し、いくつもの苦難を乗り越え二人で力を合わせて世界を旅する冒険譚。

 

 

持てる財力と才能を駆使して世界一周に挑戦する紳士と執事

頭の回転が速く常に冷静沈着で時間にうるさい英国紳士フォッグ(デヴィッド・ニーヴン)が、紳士仲間と賭けた「八十日間で世界を一周するのは可能かどうか」を自分自身で実証してみせる冒険譚。

【八十日間世界一周】デヴィッド・ニーヴン
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

原作小説の舞台は1872年。

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)

ジャンボジェットはまだないよね?

しかしまあこのフォッグがめっちゃ金持ってるもんで、困った時には金を積めるだけ積んでなんとかします。

 

金を積んでもどうにもならないことは、幸運にも旅に出る前日に雇ったばかりの執事パスパルトゥ(カンティンフラス)のバラエティに富んだ才能の数々で乗り切ってゆく。本当にパスパルトゥの空前絶後の多才さときたら羨ましいの一言。

スペインでは闘牛するわ、インドでは邪神的なものの生け贄にされそうになってたアウーダ姫(シャーリー・マクレーン)を助けるわ、日本ではサーカス団に混じるわ、アメリカではインディアンと戦うわ(チョンボするけど)…。

【八十日間世界一周】カンティンフラス
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

いくらフォッグが大金持ちでもパスパルトゥが一緒じゃなかったら80日間で世界一周するなんて到底無理だったことでしょう。

 

飲んでみたい謎の酒「ホンコン・スニッカーズニー」

一行が香港に滞在している時、パスパルトゥはフォッグが銀行強盗だと勘違いして追いかけてきたフィックス刑事(ロバート・ニュートン)にホンコン・スニッカーズニーという謎の酒を飲まされてぶっ倒れます。

【八十日間世界一周】カンティンフラス
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用
朱縫shuhou

スピリタスみたいにすごいアルコール濃度のカクテルや絶対!

そう思って色々探してみたんですけど、どうやら「ホンコン・スニッカーズニー」というカクテルは実在しない模様。残念。飲んでみたかった。

 

しかしパスパルトゥがぶっ倒れたのはどうやらアルコール濃度のせいではなくて、ホンコン・スニッカーズニーの中に入れられてた薬のせいだったみたいですね。

フィックス刑事が店主と申し合わせて作らせた特別カクテルってとこでしょうかね。

 

やってきました日本!ヨコハマ!

朱縫shuhou
次ヨコハマ?!やった!

おいでやす日本!バンザイ日本!火の国日本!

【八十日間世界一周】カンティンフラス
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

年号は明治4年とか5年とか?

忍者とか芸者とかが往来を闊歩しているような「欧米人から見たおかしな日本」を想像して楽しみにしてたってのに、意外と当時の日本が忠実に描かれていて逆にちょっとガッカリ。

「CIRCUS」という看板がかかった見世物小屋で、チョンマゲに着物の日本人が組体操みたいなのを披露してたのは不可思議でしたが…それ中国雑技団ちゃうの?

 

 

「カメオ出演」の元祖

オシャレなエンドロールの最初に映し出される「誰がいつどこに何の役で出てたでしょう?」の文字も見逃さないでください。

【八十日間世界一周】の楽しみ方のひとつとして、各場面にさりげなく出演しているスターを探すことができるようになっていて、エンドロールにその答えが書かれてるんです。

何十人も出ているはずなのに恥ずかしながら私が分かったのは以下の5人のみ

 

自信があるのから行きます。まず酒場でこれ見よがしにピアノを弾いていたのはフランク・シナトラ

【八十日間世界一周】フランク・シナトラ
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

アメリカ大陸を渡る列車の車掌がバスター・キートンでしょ?

【八十日間世界一周】バスター・キートン
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

サンフランシスコの酒場で男をひっかけまくる妖艶な女性がマレーネ・ディートリヒで、

【八十日間世界一周】マレーネ・ディートリヒ
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

そのマレーネ・ディートリヒが男に声をかけるたびにどこからか現れてはナイフで脅してくる赤いジャケットの用心棒はジョージ・ラフト

【八十日間世界一周】ジョージ・ラフト
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

そしてスペインの闘牛の場面に出てくるおっさんは、恐らくアメリカのTVドラマ「怪鳥バットマン」でジョーカーを演じたシーザー・ロメロだと思われます(遠すぎてちょっと自信ない)。

【八十日間世界一周】シーザー・ロメロ
©Around the World in 80 Days/八十日間世界一周より引用

全員分かった強者がいらっしゃったら教えてください。

 

 

映画【八十日間世界一周】の感想一言

朱縫shuhou

映画と言うよりは「世界の車窓から」みたいな感じやな。

 

>> 翌年(第30回)のアカデミー最優秀作品賞はこれ!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【八十日間世界一周】デヴィッド・ニーヴンとカンティンフラス
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG