【嵐の青春】ジャック・ニコルソン

【嵐の青春(1968)】あらすじと観た感想。サイケな世界の住人フラワーチルドレン

【嵐の青春】ジャック・ニコルソン

1968年/アメリカ/監督:リチャード・ラッシュ/出演:スーザン・ストラスバーグ、ジャック・ニコルソン、アダム・ロアーク、ディーン・ストックウェル、ブルース・ダーン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【嵐の青春】ジャック・ニコルソン
©Psych-Out/嵐の青春より引用

1960~1970年代のアメリカのヒッピー文化についてよく分かる映画。

花柄に身を包み薬物をキメて共同生活を送るフラワーチルドレン(またはフラワーチャイルド)たちの生態が興味深い。

フラワーチルドレンと呼ばれた若者たちのスローガンは、「武器より花を」だった。1960年代後半にベトナム戦争が泥沼化するなか、米・西海岸で、反戦への思いを込めて平和の象徴である花や花柄を身につけた。67年のサンフランシスコ近郊に集まった若者たちを発端に、道で花を配ったり、デモを規制する兵士たちの銃に花を挿したりした。

出典:朝日新聞

長髪のジャック・ニコルソンを観られるのはこの映画だけだと思います(ヅラだけど)。

【嵐の青春(1968)】です。

 

 

 

映画【嵐の青春(1968)】のあらすじザックリ

LSD文化発祥の地、サンフランシスコのヘイトアシュベリーに降り立った耳の不自由な女性ジェニー。家出人として警察に捜索されていた彼女を救ったのは、ストーニーをはじめとするフラワーチルドレンの若者達だった。

 

 

サイケデリックなフラワーチルドレンの世界

サンフランシスコに降り立った育ちの良さそうなお嬢さんジェニー(スーザン・ストラスバーグ)。

バスの窓の外から見ず知らずのジェニーに花を差し出すのはフラワーチルドレンの女の子。ここではヒッピー文化が文字通り“花開いて”います。

【嵐の青春】スーザン・ストラスバーグ
©Psych-Out/嵐の青春より引用

家出人として捜索されているジェニーを かくまってくれたのは、ストーニー(ジャック・ニコルソン)率いるバンド仲間の面々。もちろん彼らもフラワーチルドレン。

ジェニーはサンフランシスコにいるはずの兄スティーブ(ブルース・ダーン)を捜していて、ストーニーたちはこれを手伝ってあげることにします。

 

【嵐の青春】ジャック・ニコルソン
©Psych-Out/嵐の青春より引用

ストーニーに案内されてジェニーがやってきたのは大勢の男女が暮らすシェアハウス(?)。ジェニーの目を通して客観的に映し出されるフラワーチルドレンらの生活の実態。そこには日夜不特定の相手とセックスをしLSDに身を委ねる若者たちの、奇妙で不潔な世界が広がっています。

寝てる奴、ずっとキラキラしてるものを見つめてる奴、シラミわいてる奴、薬物のやり過ぎで幻覚が見えて仲間に電動ノコギリで攻撃してくる奴。遊びと言えばセックスか悪趣味な“葬式ごっこ”。

【嵐の青春】ジャック・ニコルソン
©Psych-Out/嵐の青春より引用

ラバンピース Love & Pieceですよ、ラバンピース。

このフラワーチルドレンたちの日常生活を詳細に描いているという点でも十分に楽しめる映画。

その上メロディに乗せて体を揺らしながらギターを弾く(エアー)長髪のジャック・ニコルソンが観られるもんだから贅沢極まりないと言ったところです。

私はジャック・ニコルソンの熱烈ファンです。

 

でもね、これだけ当時のヒッピー文化をリアルに描いた作品であるのに、惜しいのはそのジャック・ニコルソンだったりします。

ジャックが演じたストーニーって、ヒッピーっぽくないんですよね。

完全に周囲から浮いてる。

【嵐の青春】ジャック・ニコルソン
©Psych-Out/嵐の青春より引用

悟りを開いてる(え?)友人デイブ(ディーン・ストックウェル)にも指摘されているように、バンドで有名になりたいだの、大金が欲しいだの、かなり欲が出ちゃってる。

ラバンピーサーは欲を出しちゃダメなんですよ(多分、知らんけど)。

 

テンション上がったり下がったり怒りだしたり、感情の起伏も激しすぎ。

せっかくのサイケデリックな60年代の雰囲気もブチ壊し。

演技力云々の話ではなくて本質的に、そういう意味ではジャックにはストーニーは役不足だったんじゃないかなあ。もっと自己主張の弱い俳優が演じたら少しはマシだったのかも。

 

耳が聞こえないジェニー?

蛇足だと思ったのはジェニーの「耳が聞こえない」設定。

どう考えてもいらないと思うんだけど。

【嵐の青春】ジャック・ニコルソンとスーザン・ストラスバーグ
©Psych-Out/嵐の青春より引用

“難聴”とかでなく、“まったく聞こえない”んですよジェニーって。生まれつきじゃなくて母親の虐待による後天的な疾患。

でもね、話し手の顔さえ見ていれば唇の動きを読んで何を言っているか理解できるんです。

はあはあ、まあ、よく見かける設定ですよね。

 

ところがジェニーときたら、時々全然相手の顔(唇)を見ずに会話してたりするからさあ。

いや雑。

そこは丁寧に「聞こえない設定」守っていこうや。

 

 

映画【嵐の青春(1968)】の感想一言

朱縫shuhou

1/3くらいまでは面白いんですけどねえ。

クライマックスから急に失速するんで要注意です!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【嵐の青春】ジャック・ニコルソン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG