パーティー開催中のゼノテック社

【クレイジー・パーティー】あらすじと観た感想。見えてるよ?

パーティー開催中のゼノテック社

2016年/アメリカ/監督:ジョシュ・ゴードン、ウィル・スペック/出演:ジェイソン・ベイトマン、ジェニファー・アニストン、オリヴィア・マン、T・J・ミラー、ケイト・マッキノン、ジリアン・ベル

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

CEOキャロル
©Office Christmas Party/クレイジー・パーティーより引用

ジェニファー・アニストンありきで観る人多いんでしょうねえ。

どっかの記事にも書きましたが、海外ドラマに興味がない私にとってジェニファー・アニストンはブラピの元嫁の大根女優。

何を演じてもジェニファー・アニストン。

日本で言うたら完全に木村拓哉と同じ枠。

ルックスは抜群なんだからモデル業に専念とかしとけばいいのにね。

 

ジェニファー・アニストンありでもなしでも邦題通りクレイジーでイカれたストーリー結構好き。こういう映画は実際に気の置けない大勢のアホとパーリーで盛り上がりながら観たいやね。

【クレイジー・パーティー】です。

参考 ジェニファー・アニストンはTVドラマ「フレンズ」のレイチェル役で有名。

 

 

 

映画【クレイジー・パーティー】のあらすじザックリ

ゼノテック社シカゴ支社に、支社長クレイの姉で暫定CEOのキャロルが現れ四半期の目標が未達成であることを指摘する。クレイとCTOのジョシュは当日中に大口の契約を取ることを約束し、大手クライアントを支社に招きクリスマスパーティーを開催しようと計画する。

 

 

「社員は家族」本田宗一郎思想のゼノテック社シカゴ支社

ゼノテック社シカゴ支社は支社長クレイ(T・J・ミラー)を筆頭になんだかユルユルな会社。

会社の業績も思わしくないというのにクレイとCTO 最高技術責任者のジョシュ(ジェイソン・ベイトマン)は社員達へのクリスマス・プレゼントを買うため街へ繰り出すし、社員達も今夜の「毎年恒例クリスマス・パーティー」が楽しみ過ぎて浮足立っています。

 

ちなみに主人公の2人もジェニファー・アニストンも差し置いて【クレイジー・バーティー】で特に個性が際立っているのは、人事部のメアリーを演じたコメディエンヌ、ケイト・マッキノン

メアリーと話すジョシュ
©Office Christmas Party/クレイジー・パーティーより引用
社内恋愛にいたった場合は人事部に「社内恋愛証明書」を提出の事。
クリスマス・パーティー開催の際にはあらゆる宗教に対応の事。
自家用車のシートについてる白いシミは飼ってるオウムの糞。
緊張すると屁が止まらなくなる体質。
死を感じた時に過去の逆セクハラをあらいざらい白状する。
酔うと結構踊れる。

なんやこの濃いキャラクターは。

 

パーティーに招かれたウォルター
©Office Christmas Party/クレイジー・パーティーより引用

ところがこの日、ゼノテック社の暫定CEOでクレイの姉キャロル(ジェニファー・アニストン)が抜き打ちでシカゴ支社へやってきて、クレイは「社員の大幅削減」と「業績回復」を命じられます。

困った社員思いのクレイは、大手クライアントのウォルター(コートニー・B・ヴァンス)を会社のクリスマス・パーティーに招き、ウォルターのハートと契約をゲットしようと躍起になるワケです。

 

3Dプリンタで印刷は止しなさい!

社内クリスマス・パーリーはみんな普通に楽しそうなんで観ているこっちまでテンション上がる。

クレイの偉業に驚くジョシュとトレイシー
©Office Christmas Party/クレイジー・パーティーより引用

金で雇った娼婦を恋人として連れてくるオタクとか、赤ちゃんプレイが止められないアジア人とか、ザーメン仕様のエッグノックとか。

ええなあ~楽しそう。

 

小袋に入った「紙の粉」を雪さながらに発射する大砲型の機械「スノーマシーン」では、誤ってコカインが発射されるし。

だからなんで「粉の入った似た袋」をそんなとこに置くねん。

顔面にまともにコカイン爆弾をくらいすっかりキメキメとなってしまったウォルターは2階から飛び降り大けがをして退場。

ウォルターのために盛り上げたはずだったパーティーはもはやその意味すら失った無法地帯。

 

さらにはコピー機に乗って自分のケツを印刷し出すふざけ散らかした社員までも登場。続いて彼らは3Dプリンタでチ○コを「印刷」しにかかります。

朱縫shuhou

さすがIT系の会社ですね、その発想ないわあ~。

て立体チ○コいらんわ!

 

警備員カーラ(ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ)がスタンガン両手にビカビカやっても暴徒と化した社員達(社員以外のパリピーもどこからともなく紛れ込んでる)の収拾はつかず。

警備員カーラ
©Office Christmas Party/クレイジー・パーティーより引用

最終的には【Office Christmas Party(原題)】だってのに社外に飛び出しカーアクションまでやっちゃうハチャメチャ映画となっております。

橋を飛びたいクレイ
©Office Christmas Party/クレイジー・パーティーより引用

 

内輪のゼスチャー「見えてるよ」

一応泣ける場面や綺麗な伏線回収とかもあるんですけど、結構どうでもいい。

とにかく誰もが一度はやったことがあるであろう仲間内での目配せが面白かった。

 

 

映画【クレイジー・パーティー】の感想一言

朱縫shuhou

ゼノテック社ってサーバー会社みたいなんですけど、クライマックスの「シカゴのインターネット回線復旧」の下りがどうも分かりにくい…。

SE システムエンジニアのトレイシー(オリヴィア・マン)が4年かけて開発した新システムの起動に成功して事無きを得たってことなんでしょうが、社員40%リストラの危機を脱するほどこの新システム一つに社運のすべてが懸かってるとか、リスクデカすぎてあり得ないでしょ。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

パーティー開催中のゼノテック社
また来てちょんまげ
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG