歴代アカデミー賞ランキングBEST90

【オーシャンズ11】クルーニーとブラピ共演のクライム映画!

エレベーターまでスタイリッシュに乗るオーシャンとラス 犯罪
©Ocean's Eleven/オーシャンズ11より引用
映画の概要と注意事項

2001年/アメリカ/監督:スティーブン・ソダーバーグ/出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、アンディ・ガルシア、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン、ドン・チードル、バーニー・マック

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

私が初めて観たジョージ・クルーニーの映画は【フロム・ダスク・ティル・ドーン】でしたかね。海外ドラマはまったく興味ないんで【ER緊急救命室】は見たことないです。昔から男前ではありましたが、今の彼から考えると当時なんてまだまだ鼻たれ坊主

たった数年で大人のセクシーさがありえんほどに増してますよねこの人。

仮釈放されるダニー

©Ocean’s Eleven/オーシャンズ11より引用

1960年のフランク・シナトラ主演【オーシャンと11人の仲間】のリメイク映画で、【セックスと嘘とビデオテープ】スティーブン・ソダーバーグが監督してます。

ジョージ・クルーニー主演の他ブラッド・ピットアンディ・ガルシアジュリア・ロバーツ等豪華キャストが話題になり、後に2本も続編が製作されるほどのヒット作となった【オーシャンズ11】です。

 

 

映画【オーシャンズ11】のあらすじザックリ

4年の服役の後仮出所を認められたダニエル・”ダニー”・オーシャンは、出所早々相棒のラスティーを探し出し、ラスベガスの3大カジノの現金強奪計画を持ち掛ける。1960年のフランク・シナトラ主演【オーシャンと11人の仲間】のリメイク映画。

 

 

映画【オーシャンズ11】ヒットの要素を考察

公開時観に行ってしばらくハマってましたね。とにかくみんながカッコよくて圧倒されたのを覚えてます。

流れるようにノンストップでストーリーが展開していくため、ちょっと見逃すと前後関係が分からなくなったりするので、何回も観て堪能できるように即DVD購入しました。

 

リーダーシップと頭脳とイケメンのコンボ

そもそも「強烈なリーダーシップを持つ首領」「天才的な頭脳を持つ右腕」がコンビを組む構図はただそれだけでクールであることは中国4000年の歴史によって証明されています。あれです、要するに劉備玄徳諸葛亮孔明です。こんなもんカッコええに決まっています。

車に乗り込むダニーとラス

©Ocean’s Eleven/オーシャンズ11より引用

写真も残っていない太古の劉備と孔明がイケメンであったかどうかは知り得ませんが、そこへきてこの二人はビジュアルも超クールというおまけ付き。

キャラクター付けはこのままで、例えばオーシャンがダニー・デヴィート、ラスティーがジャック・ブラックでは、ここまでヒットしてたか怪しいです。

 

その道のプロ達プラス半人前

オーシャンとラスティーの9人の仲間はスポンサーである実業家のルーベン(エリオット・グールド)を除いては全員が何か突出した技能を持っています。

バシャーを助けるラスティー

©Ocean’s Eleven/オーシャンズ11より引用

イカサマディーラーのフランク(バーニー・マック)、爆弾他メカに強いバシャー(ドン・チードル)、最新テクノロジーを操るリビングストン(エディ・ジェイミソン)、手練れの老詐欺師ソール(カール・ライナー)、どんな悪事もソツなくこなすバージル(ケイシー・アフレック)とターク(スコット・カーン)のモロイ兄弟(双子)、身体能力が半端ない中国雑技団のイエン(シャオボー・チン)。

半人前のライナス

©Ocean’s Eleven/オーシャンズ11より引用

しかし全員が全員完璧な訳ではなく、最後に仲間に加わった伝説的詐欺師を父に持つケチなスリの若者ライナス(マット・デイモン)だけはまだまだ半人前。泥棒の腕も人間的にも(男としても)未熟で、手柄を立ててやるぜと息巻いているのを逆に仲間に面白がられています。

本作と続編【オーシャンズ12】ではライナスのこのポジションは変わりませんが、プロ中のプロに混じって揉まれたお陰か、【オーシャンズ13】では大仕事を見事にやってのけるほどに成長してます。

 

未完成の人間が混じっていて、観客がシリーズを通して成長ぶりを見守り実感できるのもヒットには欠かせないファクターの一つですよね。

 

「11 vs 1」ではあるけど敵の強さが申し分ない

オーシャン達の計画はラスベガスの3大カジノの地下金庫にある現金強奪という壮大なものですが、いくらなんでも「仲間が11人」もいるのであれば、敵はより強力で相手に取って不足はない者でなければ面白くもなんともない。

カジノの警備システムが国家機密機関のそれに匹敵するものであったとしてもです。警備システムと戦う訳じゃないもんね?

 

ご心配なく。相手に取って不足ない者が敵として用意されています。

アンディ・ガルシア最強

©Ocean’s Eleven/オーシャンズ11より引用

オーシャンが狙う3つのカジノの経営者テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)は、11人だろうが100人だろうが、敵が何人束でかかってきても眉一つ動かさないであろう人物。

常に冷静だし、作中で大声を出して取り乱したのはたった1回

あとは怒りに打ち震え拳を握りしめつつも寡黙に冷静さを保ち、常に二手三手先の算段をしているように見えます。漂う大物感が半端ない。そして実際に大物であったことは【オーシャンズ12】を観るとより明らか。

 

魅力的なヒロイン(?)

これだけ男臭い映画だと、やっぱり添える華があってくれないと魅力は半減しますよね。

オーシャンが現金とともに奪還を目論んでいるのが元妻で現ベネディクトの恋人であるテス(ジュリア・ロバーツ)。

ジュリア・ロバーツ扮するテス

©Ocean’s Eleven/オーシャンズ11より引用

「華」って書きましたけど、私はテスを演じた時のジュリア・ロバーツが嫌いです。

初登場のシーンで赤いスーツ着て階段から降りてくるんですけど、その時の歩き方が酷い。肩イカらせてガニ股でのしのしと田舎のヤンキーのように歩いてきます。

…なんで?ジュリア・ロバーツってこんなにウォーキング悪かったかな?

 

他の作品ではあんまり思ったことないのに、この時だけはホントに酷くて、何回観ても「げっ!?」て萎えるのよ…。【オーシャンズ12】ではそうでもないのになあ?

 

 

綺麗にまとまり「過ぎてる」この映画の役割は

●稀代の大泥棒がその道のプロの仲間を集めて前人未到の現金強奪を企てる(実はターゲットに個人的な恨みあり)
●狙うは巨額の金と美しい女
●様々なトラブルに遭いながらも、巨大な敵を最後には華麗に打ち負かす

【オーシャンズ11】は実に綺麗に分かりやすくまとまってます。

豪華キャストに熱狂した公開当時を過ぎてみれば、脚本的には少し物足りへんかな?ってくらいにまとまり「過ぎて」。教科書通りといいましょうか。

 

私は【オーシャンズ11】は【オーシャンズ12】との2本立てによって初めて作品の価値が見出されると思ってます。【オーシャンズ12】はもうちょっとヒネってあって、「教科書通り」とは行きません。

ぶっちゃけ一番好きなのは【オーシャンズ12】です。

でも【オーシャンズ12】だけ観たってダメで、「一番好き」って言ったのは【オーシャンズ11】ありきでの一番なんです。もちろん【オーシャンズ11】だけでもダメ。2本揃わないとダメ。片っぽだけだと面白さ半減するからダメ

朱縫shuhou
それならいっそ2つをくっつけて上映時間4時間の1本の映画になればいいってこと?

いやそれもダメ。2つに別れてるから意味がある。

 

一作目と続編がどちらも優れている映画と言えば【ゴッドファーザー】【ゴッドファーザーPARTⅡ】しか思いつきませんけど、それともちょっと違う。

金庫に侵入開始するオーシャン

©Ocean’s Eleven/オーシャンズ11より引用

もし【オーシャンズ11】と【オーシャンズ12】、どちらか片方しか観ていないという方がいらっしゃったら、すぐに両方鑑賞してみることをお勧めします。セットの方がより楽しめるのは間違いありません。相乗効果は期待以上です。

 

 

映画【オーシャンズ11】の感想一言

朱縫shuhou
…【オーシャンズ13】だけはこの限りではありませんけど。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【オーシャンズ11】を観たくなったら

 

【オーシャンと11人の仲間】今観るとお粗末な強奪作戦のネタバレ
【オーシャンと11人の仲間】/1960年/アメリカ/犯罪/ダニー・オーシャンを中心とした大戦時の戦友達がラスベガスの5つのカジノから現金を強奪する映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【オーシャンズ12】12人目ってテスなの?トゥルアーのダンス最高!
【オーシャンズ12】/2005年/アメリカ/犯罪/カジノのオーナー、ベネディクトに盗んだ金の返却を要求されたダニーと仲間達が再び犯罪計画に乗り出す映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【オーシャンズ13】13人目は奴!やっぱりラスティは食べる!
【オーシャンズ13】/2007年/アメリカ/犯罪/「オーシャンズ」シリーズ3作目。オーシャン達がルーベンを裏切った悪名高きバンクへの報復計画を立てる映画ネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
オーシャンズシリーズ前作を順番に復習!最新作【オーシャンズ8】を観る前に!
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、アンディ・ガルシア、ジュリア・ロバーツ等豪華キャストの共演で話題となった映画【オーシャンズ11】から17年。いよいよシリーズ4作目となる【オーシャンズ8】が公開されます。シリーズ全作をおさらいして、いざ鑑賞に備えましょう!
トップへ戻る