歴代アカデミー賞ランキングBEST90

【ラストエンペラー】ぷち溥儀かわいっ!紫禁城からの景色は圧巻

伝記
映画の概要と注意事項

1987年/イタリア、中華人民共和国、イギリス/監督:ベルナルド・ベルトルッチ/出演:ジョン・ローン、ジョアン・チェン、ピーター・オトゥール、坂本龍一、ケイリー=ヒロユキ・タガワ/第60回アカデミー作品・監督・撮影・脚色・編集・録音・衣裳デザイン・美術・作曲賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

エンペラー=「行程」…ちゃうやろIME文字変換!

 

「皇帝」

ばばーん!!!

 

単語だけでなんかかっこいいですよね。

 

「ラストエンペラー」

ばばーん!!!

 

…ところがどっこい。

記事にするにあたり久しぶりに観てみた感想をまず率直に。

朱縫shuhou
こんなにおもんなかったっけ??

今日はもーアカデミー最優秀作品賞受賞作に文句つけちゃうよー。

 

 

映画【ラスト・エンペラー】のあらすじザックリ

清朝最後の皇帝(その後満州国皇帝)・愛心覚羅溥儀あいしんかくらふぎ。溥儀の自伝「わが半生」を原作として、僅か3歳で皇帝に即位し61歳で息を引き取るまでの波乱に満ちた生涯を描いた伝記映画。

 

 

清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀の伝記

なんと9個ものアカデミー賞を受賞してるはずですが、私的に納得できるのは衣裳デザイン賞作曲賞2個だけ

 

3歳で本当の母親から引き離された溥儀ふぎジョン・ローン)が連れてこられた紫禁城の情景は圧巻だし、城内で生活する人々の衣装も豪華で細部にまでこだわられていて素晴らしいです。

 

なんとも言えないアンニュイなテーマ曲も胸にジーンとくるのです…が。

 

9部門じゅしょう…???

正気か?

 

 

荘厳な紫禁城の映像と妖怪じみた西太后とプチ溥儀は良い

3歳のプチ溥儀が紫禁城に連れて来られてすぐ西太后と会話するシーンは、これからの物語のスケール感を表しているようで密かに心臓バクバク。

西太后なんて魔女みたい…いやもう魔女。悪の化身。もう地球外生命体みたいになってますからね。

めっちゃ怖いし恐れ多いのにその御前を無邪気に「家帰りた~い!」とペタペタ走り回るプチ溥儀には、「こんな小さい頃に皇帝にされてしまって自由を奪われるんかあ…」と感情移入することがまだできました。

 

 

溥儀を始め、キャラクターづけがよく分からない

その後溥儀はおっきく成長していく訳ですが、歴史的事実を表現することに重きを置き過ぎたためか彼の心情がまったく伝わってきませんでした。

 

少年期くらいまではまだ、「あー外に行きたいんやなー」とか「好奇心旺盛よねー」とか、色々読み取ることができます。

ジョンストンと勉強をする溥儀

©The Last Emperor/ラストエンペラーより引用

 

しかし青年期移行、

己の地位に慢心した実力なき権力者であるのか、

権力など無用で自由を求めるアウトローなのか、

深い慈愛の心を持った人格者なのか、

何がしたいのかどんな人物であるのかさっぱり分かりません。

 

満州には日本側に誘拐されて無理やり連れて行かれたと証言したかと思えば再び皇帝に返り咲いてやると野心を持っていたり、

地位を追われ自殺未遂をしたあと、自分にもう価値はないと思っているのかと思えば収容所で召使だった男に偉そうに靴を履かさせていたり、

キャラが安定せず映画を観終わった時に思い出すのが紫禁城の荘厳な景色だけという最悪の事態におちいっております。

 

甘粕氏も何を言ってるか分からない

溥儀も然り、坂本龍一扮する甘粕あまかす氏然り。

甘粕氏(坂本龍一)

©The Last Emperor/ラストエンペラーより引用

無口で物静かな男性なのかと思いきや「アジアは日本のもんじゃおらーっ!」と突然声を荒げたりします。

でも観ているこちら側がキャラクターに入り切れていないので

あーびっくりしたー。えーそんなこと言うんやー。(棒読み)

って感じ。

しかも【戦場のメリークリスマス】でもそうでしたけど、坂本龍一って滑舌悪くてボソボソしゃべるんで何言ってるか全然分からない

【ラスト・エンペラー】ではまだセリフが少なくて良かった。

 

その甘粕氏と最後に意味深に手を絡め合うパイロット風の胡散臭い女の存在も意味不明です。

なんやこいつ。

 

【アラビアのロレンス】で有名なピーター・オトゥール扮する家庭教師のジョンストン先生も溥儀の生涯の友となるのですがどうしてそんなに慕っているのかが消化不足

紫禁城の外の世界の雑誌を与え、自転車に乗せてあげ、溥儀の孤独な少年時代の唯一の友であることは間違いないのですが、それにしたって存在が弱い…。

 

溥儀がいた戦犯収容所の所長がデモ隊に拘束されているのを見た時、「この人はいい先生なんだ!」と庇う場面も、なんだか唐突に尊敬しちゃった感じ。

身を挺して守ろうとするに至った過程が薄いんですよね。

「所長とそんなに親密になる出来事何かあったっけ?」と視聴者が置いて行かれます。

 

 

映画【ラスト・エンペラー】の感想一言

朱縫shuhou
史実を大きく曲げる訳にはいかないからか、過剰に脚色されることが少ない伝記映画が私は大好きなのですが、【ラスト・エンペラー】はちょっと理解に苦しみます。

プチ溥儀はめっちゃかわいんやけどなあ~…。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ラストエンペラー】を観たくなったら

名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

無冠であっても名作映画は埋もれない

輝かしい米アカデミー賞の歴史の中で理解に苦しむ選考なんて何度もあります。最優秀作品賞に輝いた作品が必ずしもその年最も優れた映画であるとは限りません。

アカデミー賞ワースト10とその年本来獲るべきだった名作をまとめました。

伝記
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。
様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

ブックマークもフォローもお気軽に
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る