【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン

映画【ランボー/怒りの脱出】あらすじ感想。ボーガンでヘリコプターを迎え撃つ

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン

1985年/アメリカ/監督:ジョージ・P・コスマトス/出演:シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、チャールズ・ネイピア、スティーヴン・バーコフ、ジュリア・ニクソン、マーティン・コーヴ、アンディ・ウッド

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン
©Rambo: First Blood Part II/ランボー/怒りの脱出より引用

ベトナム帰還兵の苦悩を描いて大ヒットした1982年の映画【ランボー】

関連記事

1982年/アメリカ/監督:テッド・コッチェフ/出演:シルベスター・スタローン、リチャード・クレンナ、ブライアン・デネヒー、ビル・マッキニー、パトリック・スタック、ジャック・スターレット注※このサイトは映画のネタバレしようが[…]

【ランボー】シルヴェスター・スタローン

本日の映画はその3年後に公開された続編作品【ランボー/怒りの脱出】です。

 

「ランボーシリーズ」のタイトルって、一作目が「ランボー(1)」で二作目以降は「ランボー2」「ランボー3」「ランボー4」と続くんだと勘違いされがちなんですけども、今挙げた4つの中でその法則に従っているのは「ランボー」と「ランボー3」のふたつだけ(原題に至っては「ランボー3」ひとつだけ)。

「ランボーシリーズ」の正確なタイトルはこうです。

公開年邦題原題原題の直訳
1982【ランボー】【First Blood】先制攻撃
1985【ランボー/怒りの脱出】【Rambo:First Blood PartⅡ】ランボー:先制攻撃パート2
1988【ランボー3/怒りのアフガン】【RamboⅢ】ランボー3
2008【ランボー/最後の戦場】Ramboランボー

こうやって見ると面白いですよね。

原題最後で【Rambo】に戻るんや、みたいなね。日本人は【First Blood】が【ランボー】と認識してますからね。【ランボー】と【Rambo】って言われましても、どっちのランボー?ってなるやん。

三作目も笑うでしょ。二作目が【Rambo:First Blood Part II】やから三作目は【Rambo:First Blood PartⅢ】で行くんかと思いきや、こっからいきなり【RamboⅢ】になってしもてますから。【RamboⅡ】はどこ行ったんな。

 

まあなんか、色々あったんですわきっと。

 

 

映画【ランボー/怒りの脱出】のあらすじザックリ

服役中のジョン・ランボーを訪ねた元上官トラウトマン大佐は、戦後10年以上が経過した今もなおベトナムの収容所に囚われている捕虜の証拠写真を撮影してくるという極秘任務をランボーに依頼する。ベトナムへ潜入したランボーは女性情報員コー・バオと落ち合い収容所へ向かう。

 

 

捕らえられたままのベトナム戦争捕虜を捜せ!

ベトナム戦争の英雄ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)がアメリカへ戻って数年。

前作【ランボー】で祖国の人々から迫害を受け大暴れしたランボーは収監された刑務所で過酷な労働を強いられていました。

 

そんなランボーを訪ねてきたのは【ランボー】で彼の説得にあたったベトナム戦争時の元上官サム・トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)。

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン
©Rambo: First Blood Part II/ランボー/怒りの脱出より引用

トラウトマン大佐は言います。

トラウトマン大佐

政府から特命が出とる。

協力してくれるんやったら特赦でここを出られる。

どないする?

ランボーに下された特命とは、極秘にベトナムへ潜入し、ベトナム戦争終結から10年以上が経った今も現地に捕虜として残されたアメリカ人兵士らを見つけて写真を撮ってくること。

今でも捕虜収容所には武装したベトナム兵が大勢います。大部隊を率いて潜入するわけにはいきません。

特命を引き受けたランボーは、再びたった独りでベトナムの地に足を踏み入れるのでした。

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン
©Rambo: First Blood Part II/ランボー/怒りの脱出より引用

あとで分かることですが、このランボーの潜入作戦は実はアメリカ政府による国民へのパフォーマンス

捕虜の返還に多額の金を要求されているアメリカ政府は、「生きたアメリカ兵がまだベトナムに残ってる」となると困っちゃうんですね。ランボーを使って調査に行かせるだけ行かせた上で、国民には「ちゃんと捜したけど残念ながら捕虜なんてもう誰も生きてなかったよ~」って言いたいんです。万が一ランボーが捕虜の写真を撮ってきてしまったとしてもそんなもん焼いちゃったらおしまいってわけ。

アメリカ政府は最初から、ベトナム戦争の英雄だろうがそこら辺のホームレスだろうが、作戦に使う人間なんて誰でも良かったんですよ。

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン
©Rambo: First Blood Part II/ランボー/怒りの脱出より引用

ところがまさかそんな政治的思惑があるとは知らないトラウトマン大佐が作戦の適任者としてランボーを推してしまったからさあ大変。

政府の本当の筋書きを知る由もない“無敵の殺戮マシーン”ランボーは、当然捕虜の写真を撮るにとどまらず、何人もの捕虜を救い出して凱旋しちゃうときたもんだ。

 

ベトナム帰還兵の悲哀に重点を置いた前作と違って【ランボー/怒りの脱出】はかなりアクション描写に振り切った娯楽大作となってございます。

 

シリーズで唯一香る「ランボーのロマンス」

かつて戦ったベトナムの地に再び舞い戻ったランボーの道案内をしてくれるのは現地人のコー・バオ(ジュリア・ニクソン)。

助手
(“現地の案内人”て、絶対ひげ生やした怪しげなおっさんや…)

そんなこと思って観てたら泡食いますよ。

だって現地案内人のコーはこんな人ですから。

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン
©Rambo: First Blood Part II/ランボー/怒りの脱出より引用

なんと女性なんですね。しかもかなりお綺麗な。

 

ムッキムキの孤独なヒーローと過酷な環境を生き抜く美女がそろったらあなた、普通ならなんとか言うなんとかが芽生えますわいな。

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン
©Rambo: First Blood Part II/ランボー/怒りの脱出より引用

【ランボー/怒りの脱出】は「ランボーシリーズ」で唯一、ランボーのロマンスがちらっと描かれる作品です。

「これいらんやろ」って言う人多いんだけど、私は結構好きですねん。

 

 

映画【ランボー/怒りの脱出】の感想一言

朱縫shuhou

「ランボーシリーズ」はマニア垂涎の武器がわんさか出て来ることでも有名な映画です。

M60機関銃を片手で持って「ぬあああああ~っ!」ってぶっ放してんのもカッコいいけど、私は弓が好きです(弓て。“コンパウンドボウ”って言うんだって)。なんとなくスタイリッシュだし、発射音がないからゲリラ戦の勇士であるランボーにピッタリですやん?

【ランボー/怒りの脱出】シルヴェスター・スタローン
©Rambo: First Blood Part II/ランボー/怒りの脱出より引用
朱縫shuhou

この弓(コンパウンドボウや言うのに)でランボーがヘリコプターを撃ち落としたと記憶してたんやけど、再視聴してみたらそんなシーンなかった…。

いくらなんでもそんなん無理か。

関連記事

1982年/アメリカ/監督:テッド・コッチェフ/出演:シルベスター・スタローン、リチャード・クレンナ、ブライアン・デネヒー、ビル・マッキニー、パトリック・スタック、ジャック・スターレット注※このサイトは映画のネタバレしようが[…]

【ランボー】シルヴェスター・スタローン
関連記事

1988年/アメリカ/監督:ピーター・マクドナルド/出演:シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、カートウッド・スミス、マーク・ド・ジョング、スピロス・フォーカス、サッソン・ガーベイ注※このサイトは映画のネタバレし[…]

【ランボー3/怒りのアフガン】

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

created by Rinker
¥4,228(2024/07/17 02:15:28時点 Amazon調べ-詳細)
shuhou02-22
created by Rinker
¥16,800(2024/07/17 04:06:11時点 Amazon調べ-詳細)
shuhou02-22
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG