全90作!歴代アカデミー賞ランキングはこちらから

ジャンル別おすすめ映画(洋画)5選!【腹筋崩壊注意!コメディ編】

映画ランキング

おはこんばんちわ、朱縫shuhouです。

 

「おすすめコメディ映画(洋画)」をまとめてみました。

 

目一杯主観だけの厳選映画まとめ・コメディ編5選です。
予告なくチョイスは変わることがあります。

 

 

おすすめコメディ映画その①【トロピック・サンダー/史上最低の作戦】(2008年)

多才ですよねー。
ベン・スティラーが監督・製作・原案・脚本・出演を果たした映画です。

 

出演者も超豪華。

なのに 何回観ても全力で手を抜いているようにしか見えません。

 

手を抜くにしても全力なんでご安心ください、

めっちゃおもろく仕上がっております。

【トロピック・サンダー/史上最低の作戦】ベン・スティラー遊びすぎ!
【トロピック・サンダー/史上最低の作戦】/2008年/アメリカ/コメディ/曲者揃いの俳優達を本物のジャングルに放り込んだことによって事態が悪化していく映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

おすすめコメディ映画その②【ブルース・ブラザーズ】(1980年)

後の【メン・イン・ブラック】【マトリックス】に多大な影響を与えている名画です。

 

自分たちが育った孤児院の危機を救うため、バンド活動で一儲けしようとするブルース兄弟。

どうやったらそんなけトラブルを寄せ付けることができんねんってくらい数々の妨害に遭いますが顔色ひとつ変えずすり抜けていく様が実にクールでおしゃれでハマります。

…ずっとグラサンしてるんで顔色もクソもないんですけど。

【ブルース・ブラザーズ】ジョン・ベルーシの早すぎる死が悔やまれる
【ブルース・ブラザーズ】/1980年/アメリカ/コメディ/ジェイクとエルウッドのブルース兄弟が育った孤児院を救うためバンド活動で資金を稼ぐ映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

おすすめコメディ映画その③【バーン・アフター・リーディング】(2008年)

見事な脚本でいつも私たちを驚かせてくれるコーエン兄弟のコメディ。

冒頭でCIAとか出てきちゃうんで、どんなけスケールのデカいコメディやねんと思ったら別にスケールは大きくなかったです。

 

リンダに焦点を当てて解説してみると、普通のごくごく一般的なアルバイトの中年女性が、そろそろ本格的に婚活するために全身整形したいけど金がねーよーって思ってたら最終的に親友と引き替えにあっ!金もらえた!ってゆー物語です。

 

ごく身近なお話ですよねっ!

【バーン・アフター・リーディング】コーエン兄弟、ブラピの扱い雑!
【バーン・アフター・リーディング】/2008年/アメリカ/コメディ/元CIA分析官から流出したデータを巡って繰り広げられる人間模様をコミカルに描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

おすすめコメディ映画その④【奇人たちの晩餐会】(1998年)

「なんやーフランス人も笑うツボ一緒じゃーん!」と嬉しくなる映画です。

 

字幕で観ると、読んでるだけのはずなのに、聞こえてくる仏語のせいでセリフがなんとなく頭に入ってこないんで日本語吹き替えで観ます。

そんなことってないですか?

仏語だけでなく、韓国語でもスペイン語でも英語以外はたぶんダメ。
英語分かんないんですけど、字幕でもなんとなーく聞いてるもんなんやなと思いました。

 

大丈夫なんかな日本人の語学教育。
英語以外に馴染みなさすぎ。

 

 

バカ代表のピニョン氏はもう、初登場の瞬間から最終シーンまでずっとノンストップでおもろいです。

途中でシリアスにええこと言うたりするんですが、全然ダメです。

それすらもただおもろいだけです。

【奇人たちの晩餐会】フランス人何考えてるの?史上最低バカは誰なのか
【奇人たちの晩餐会】/1998年/フランス/コメディ/バカのチャンピオンを選び笑いものにする悪趣味な晩餐会を開いているバカがバカの逆襲に遭う映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

おすすめコメディ映画その⑤【ライアー・ライアー】(1997年)

その昔 ジム・キャリーは男前だ!と言ったら友達に変だと言われました。

なぜ。

 

変な顔さえしなかったら ちょっとしゃくれた男前 ですよね?

その男前が最高潮に変な顔してる映画です。

ファンタジー的な要素も含みつつ、ジム・キャリーをいかに面白く演出するかに重点を置いているのが伝わってくる作品。

 

個人的には子供のために離婚したけどやっぱり子供のために元夫から離れられない妻の心情に共感してほろりときます。

【ライアーライアー】実力派俳優への過渡期にあったジム・キャリーの魅力満載
【ライアーライアー】/1997年/アメリカ/コメディ/嘘をついては勝訴を勝ち取るジム・キャリー扮する敏腕弁護士が嘘をつけなくなるコメディ映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

まとめ

「おすすめ映画」と冠するからには多数の同意が得られるといいのですが、もともと主観全開な上さらにコメディは好みや笑いのツボの違いが顕著に出るのでどんなもんなんでしょうかね。

 

上の5つの映画でクスリとも笑わん人もいるんでしょうねえ?

私爆笑ですけど?

 

 

ところで【トロピック・サンダー/史上最低の作戦】と「豪華俳優の無駄遣い」という点で共通している【マーズ・アタック!】もめっちゃおもろいんですが、残念ながらコメディじゃないんですよねー!

くぅーっ!!

なぜにSF-っ!

 

オマケでリンク貼っといたろ。

【マーズ・アタック!】贅沢な!名優達を無駄遣い!さすがバートン!
【マーズ・アタック!】/1996年/アメリカ/エイリアン/ある日突然来襲した火星人が全世界を巻き込んで大騒動を巻き起こす映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

コメディ映画をまとめて観たくなったら

映画ランキング
シェアありがとうございます
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。
様々なジャンルの名作映画を観たいのに極度の怖がりのためホラー映画だけは観ることができない可哀相な初老。

ブログ更新情報を延々つぶやくアカウントのフォローはこちら
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る