歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

2019年続編映画(ほぼ洋画)の公開予定と前作一覧表※リメイク作含む

映画ランキング・まとめ

おはこんばんちわ、朱縫shuhouです。

 

古い洋画が大好きな私が最新作をチェックする時…

それは往年の名作映画の続編やリメイク作が公開される時

 

近年の傾向にならって2019年も続編やリメイク作品が目白押しですね。

公開日と前作(オリジナル作)を一覧表にしてますのでブックマークをどうぞ。新しい情報が分かり次第更新してます。

 

 

2019年公開予定の続編・リメイク映画(ほぼ洋画)の一覧表

タイトル公開日前作(オリジナル作)
【蜘蛛の巣を払う女】米:2018/11/9
日本未定
【ドラゴン・タトゥーの女】(2011)
【メリー・ポピンズ・リターンズ】米:2018/12/19
日:2019/2/1
【メリー・ポピンズ】(1964)
【ミスター・ガラス】米日:2019/1/18【アンブレイカブル】(2000)
【スプリット】(2017)
【フランケンシュタインの花嫁】2019/2/14
※公開延期
【フランケンシュタイン】(1931)
【フランケンシュタインの花嫁】(1935)
【フランケンシュタインの復活】(1939)
【ダンボ】※実写版日米:2019/3/29【ダンボ】(1941)
【アラジン】※実写版米:2019/5/24
日本未定
【アラジン】(1992)
【トイ・ストーリー4】米:2019/6/21
日本未定
【トイ・ストーリー】(1995)
【トイ・ストーリー2】(1999)
【トイ・ストーリー3】(2010)
【ライオン・キング】※実写版米:2019/7/19
日本未定
【ライオン・キング】(1994)
【Untitled Terminator Project】※原題米:2019/11/22
日本未定
【ターミネーター】(1984)
【ターミネーター2】(1991)
【ターミネーター3】(2003)
【ターミネーター4】(2009)
【ターミネーター:新起動/ジェニシス】(2015)
【Frozen2】※原題米:2019/11/29
日本未定
【アナと雪の女王】(2013)
【るろうに剣心】2019年【るろうに剣心】(2012)
【るろうに剣心 京都大火編】(2014)
【るろうに剣心 伝説の最期編】(2014)
【Rambo5】※原題米:2019年秋
日本未定
【ランボー】(1982)
【ランボー/怒りの脱出】(1985)
【ランボー3/怒りのアフガン】(1988)
【ランボー/最後の戦場】(2008)
【トップガン:マーヴェリック】2019/7/12
※公開延期
米:2020/6/26
日本未定
【トップガン】(1986)

 

 

【蜘蛛の巣を払う女】

映画『蜘蛛の巣を払う女』予告(2019年公開)
原題:The Girl in the Spider’s Web(公式サイト
公開日:米2018年11月9日、日本未定
製作国:アメリカ
監督:フェデ・アルバレス
キャスト:クレア・フォイ、スベリル・グドナソン他
前作:【ドラゴン・タトゥーの女】(2011)

「ドラゴン・タトゥーの女」「火と戯れる女」「眠れる女と狂卓の騎士」の三部作からなるスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの推理小説「ミレニアム」の続編「蜘蛛の巣を払う女」の映画化。

リスベット・サランデル

©The Girl with the Dragon Tattoo/ドラゴンタトゥーの女より引用

映画【ドラゴン・タトゥーの女】を観てインスパイアされ原作小説を読破した私は、「ミレニアム」が再びハリウッドで映画化されると聞いててっきり第2作目の「火と戯れる女」が製作されるものだと思ってました。

ところが蓋を開けてみれば映画化されるのは3部作の続編「蜘蛛の巣を払う女」

読んでねーし。

 

ちなみに原作者のスティーグ・ラーソンは一連の作品の成功を見ることなく若くして心臓発作で他界してます。生前すでに5作目までの構想を持っていたとされていますが、「蜘蛛の巣を払う女」を著したデヴィッド・ラーゲルクランツがそれを原案として書き上げたかどうかは不明。

 

「ミレニアム」3部作はホントに面白かったんで、この世界観を堪能するためにも是非原作小説を読んでから劇場に足を運んでみてください。

私も公開までに「蜘蛛の巣を払う女」読んどこうと思ってます。

 

【ドラゴン・タトゥーの女】女ハッカー、リスベット・サランデル
【ドラゴン・タトゥーの女】/2011年/アメリカ/ミステリー/ある有名ジャーナリストが運命的に出会った天才ハッカーと共に40年前の謎を暴いていく映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

>> ミレニアム 1~3 全6巻完結セット

>> ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女 上 (早川書房)

 

>> ドラゴン・タトゥーの女はAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【メリー・ポピンズ・リターンズ】

Mary Poppins Returns Official Teaser Trailer
原題:Mary Poppins Returns(Wikipedia
公開日:2018年12月19日、2019年2月1日
製作国:アメリカ
監督:ロブ・マーシャル
キャスト:エミリー・ブラント、リン=マニュエル・ミランダ他
前作:【メリー・ポピンズ】(1964)

【サウンド・オブ・ミュージック】ジュリー・アンドリュースの初主演映画【メリー・ポピンズ】のリメイク作…ではなくなんと続編。

あれの続編てしかし…どない持っていくんですかね?

『メリー・ポピンズ』(1964)は、パメラ・L・トラヴァースの小説を基に、魔法の使える家庭教師メリー・ポピンズとバンクス家の人々の交流を描いたミュージカル映画。続編はそれから25年後の大恐慌時代のロンドンが舞台で、大人になったバンクス家の長女ジェーン(エミリー・モーティマー)と長男マイケル(ベン・ウィショー)の前に再びメリー・ポピンズが現れる。

出典:シネマトゥデイ「メリー・ポピンズが帰ってきた!半世紀ぶり続編、初予告が公開」

ああ~…現実の時系列じゃなくて「25年後設定」ね。

メリー・ポピンズ役のエミリー・ブラントの他、コリン・ファースメリル・ストリープも出演。監督は【シカゴ】【NINE】ロブ・マーシャル

 

観てない人はアカデミー賞5部門受賞の前作【メリー・ポピンズ】のチェックもお忘れなく。

 

【メリー・ポピンズ】あらすじと観た感想。ペンギンダンスがかわいい
【メリー・ポピンズ】/1964年/アメリカ/ミュージカル/厳格な父と活動的な母を持つバンクス兄妹とナニーのメリー・ポピンズの交流を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

>> メリーポピンズはAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【ミスター・ガラス】

©Internet Movie Database/glass

原題:GLASS(エンターテインメントウィークリー
公開日:米英2019年1月18日、日本未定
製作国:アメリカ
監督:M・ナイト・シャマラン
キャスト:ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン、ジェームズ・マカヴォイ他
前作:【アンブレイカブル】(2001)、【スプリット】(2017)

2019年1月18日、アメリカとイギリスで公開することが決定しています。

日本公開日は未定。

日本公開も米英と同日の2019年1月18日に決まりました!

 

【シックス・センス】のM・ナイト・シャマラン監督とブルース・ウィリスがまたもタッグを組みます。

©Entertainment Weekly-James McAvoy, Bruce Willis, and Samuel L. Jackson get treated in Glass first look

2000年の【アンブレイカブル】から17年の時を経て作られた続編【スプリット】、の、さらに続編

完結してると思ってた【アンブレイカブル】の世界が突然復活したことに加えて実は3部作であるという新事実に度肝抜かれたのは記憶に新しいですけども。

 

【アンブレイカブル】からはブルース・ウィリスとサミュエル・L・ジャクソンの出演が、【スプリット】からはジェームズ・マカヴォイアニャ=テイラー・ジョイの続投が発表されています。

 

シリーズ最終章となる【ミスター・ガラス】はタイトル通り”ミスター・ガラス”ことイライジャ・プライス(サミュエル・L・ジャクソン)が鍵となることは間違いないでしょう。

 

【アンブレイカブル】【スプリット】続編映画【ミスター・ガラス】繋がりは?シャマラン監督3部作を考察!
2000年公開の前作【アンブレイカブル】から17年の時を経て公開された【スプリット】に続き、2019年には3部作の最終章【ミスター・ガラス】が公開されます。前作を観たことない人、観たけど忘れちゃった人のために、観る前に軽く全作の繋がりを復習できる記事を用意しました!
【アンブレイカブル】ミスター・ガラスの意味は?悪者にはあだ名がある
【アンブレイカブル】/2000年/アメリカ/サスペンス/自分以外の乗客全員が死亡した列車事故から無傷で生還した主人公と彼を導く謎の男を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【スプリット】シャマラン監督が24の多重人格者を生み出した
【スプリット】/2016年/アメリカ/サスペンス/多重人格の若者に誘拐され密室に監禁された3人の女子高生が決死の覚悟で脱出を試みる映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

>> 【スプリット】はAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【フランケンシュタインの花嫁(仮)】

©Bride of Frankenstein/フランケンシュタインの花嫁より引用

原題:Bride of Frankenstein(仮)(ダークユニバース公式サイト
公開日:米2019年2月14日無期限延期
製作国:アメリカ
監督:ビル・コンドン
キャスト:ハビエル・バルデム、アンジェリーナ・ジョリー他
前作:【フランケンシュタイン】(1931)、【フランケンシュタインの花嫁】(1935)、【フランケンシュタインの復活】(1939)

個人的に最も期待している映画。

…だったのに!

ハビエル・バルデムとアンジェリーナ・ジョリーの共演でリブートが発表されていた「フランケンシュタインの花嫁」の公開が、このほど延期となった。米Deadlineが報じている。

同作は、「マーベル・シネマティック・ユニバース」に対抗し、米ユニバーサル・ピクチャーズが立ち上げた往年のモンスター映画を連続リブートする壮大なフランチャイズ「ダーク・ユニバース」の1作。「美女と野獣」のビル・コンドン監督のメガホンで、2019年2月14日全米公開が決定していた。

出典:映画.com「J・バルデム&A・ジョリー共演リブート版「フランケンシュタインの花嫁」公開延期」

なぜに! 

ドちくしょう!

©darkuniverse

ユニバーサル・ピクチャーズの起死回生を賭けた(大袈裟か)一大プロジェクト、「ダーク・ユニバース」の2作目として製作されることはすでに明かされていたものの、1作目に当たる2017年の【ザ・マミー/呪われた砂漠の王女】がコケてくれたお陰でその後の透明人間も狼男もドラキュラも先行き未定…。

あんなに大々的に『シリーズ第一弾!』とか謳ってやがったくせにコンチクショウ!

 

フランケンシュタインの怪物(ボリス・カーロフ)や魔人ドラキュラ(ベラ・ルゴシ)がどのような姿になって現代に甦ってくれるのか、期待と不安で眠れぬ日々を送っているというのにこの仕打ち。

 

大コケの可能性も大いにありますが、なんとかプロジェクト再始動してほしいものです。

 

【フランケンシュタイン(1931)】名前すらもらえなかった怪物の悲劇
【フランケンシュタイン】/1931年/アメリカ/モンスター/ヘンリー・フランケンシュタイン博士が造り出した人造人間の哀しい運命を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【フランケンシュタインの花嫁(1935)】結末が哀しすぎる!
【フランケンシュタインの花嫁(1935)】/1935年/アメリカ/モンスター/名作【フランケンシュタイン(1931)】の続編となる映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

【ダンボ】※実写版

Dumbo Official Teaser Trailer
原題:Dumbo
公開日:日米2019年3月29日
製作国:アメリカ
監督:ティム・バートン
キャスト:コリン・ファレル、マイケル・キートン他
オリジナル作:【ダンボ】(1941)

鬼才ティム・バートン監督の次回作はなんとディズニーアニメ【ダンボ】の実写版。

©Internet Movie Database/dumbo

アニメ版の【ダンボ】は、耳がデカすぎる「奇形」の小象ダンボが、世話焼きネズミのティモシーとともに”ハンデ”を”持ち味”に変えてサーカスで大活躍する物語。

 

もともととても子供向けとは思えないシュールなアニメ映画なので、ティム・バートンが創り出す世界観にはマッチするかも知れませんが、いかんせん象のダンボがリアルすぎ。

「なんか気持ち悪い…」って思ってしまったら負け。

©Internet Movie Database/dumbo

鑑賞の際には、いかにこの超プリティーにデフォルメされたアニメ版ダンボのイメージを払拭できるかがポイントになってきそうです。

ダンボを元気づけるティモシー

🄫Dumbo/ダンボより引用

 

それより何より実写版【ダンボ】で私が吹き出したのはサーカスの団長に扮したダニー・デヴィートの仕上がりよ。

©Internet Movie Database/dumbo

あんた…

あんたそれ…

完璧に【ビッグ・フィッシュ】ん時の団長とカブってますやん。

©big fish/ビッグ・フィッシュより引用

しかし老けないねこの俳優。大好き。

 

【ダンボ(1941)】ピンクのゾウがトラウマレベルに怖い?かわいいよ?
【ダンボ(1941)】/1941年/アメリカ/アニメ/耳が大きすぎるというだけでサーカスで仲間外れにされる小象のダンボが「空飛ぶ象」として人気者になるまでを描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

【アラジン】※実写版

『アラジン』予告編 (2019年)
原題:Aladdin
公開日:米2019年5月14日、日本未定
製作国:アメリカ
監督:ガイ・リッチー
キャスト:メナ・マスード、ウィル・スミス他
オリジナル作:【アラジン】(1992)

挿入歌の”A Whole New World”でアカデミー歌曲賞も受賞した1992年のディズニーの名作アニメ【アラジン】も実写化されます。

監督は【スナッチ(2000)】【シャーロック・ホームズ(2009)】ガイ・リッチー

©Internet Movie Database/Aladdin

こちらは撮影現場でのアラジン役のエジプト出身でカナダ育ちの新人メナ・マスード。

©Internet Movie Database/Aladdin

©Internet Movie Database/Aladdin

王女ジャスミン役には新作「パワーレンジャー」にも出演している英歌手・女優のナオミ・スコット。

©Internet Movie Database/Aladdin

あー!いいいい!双方めっちゃ本家の感じ出てますね。

 

アニメ版でロビン・ウィリアムズが声を担当し、おちゃめなお笑い担当として大人気を博した無敵の魔人ジーニーにはなんとウィル・スミス

©Internet Movie Database/Aladdin

…イメージ通りなような…コレジャナイような…。

 

まあ現代のCG技術を持ってすれば空飛ぶ絨毯で愛を語る場面もジーニーvsジャファーの魔術対決も違和感なく、文字通り魔法のように仕上げてくれると思うんで、【ダンボ】よりは期待が持てそうです。

 

【アラジン(1992)】声変わったよね?ロビン・ウィリアムズは一緒だよ
【アラジン(1992)】/1992年/アメリカ/アニメ/「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案として作られたディズニーアニメ映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

>> アラジンはAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【ライオン・キング】※実写版

©ディズニー公式Twitterより引用

原題:The Lion King
公開日:米2019年7月19日、日本未定
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ファヴロー
キャスト:ドナルド・グローバー、ビヨンセ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、キウェテル・イジョフォー他
オリジナル作:【ライオン・キング】(1994)
攻めますディズニー。

【アイアンマン】の監督として知られるジョン・ファヴローがメガホンを取り、【ライオン・キング】までが実写化。

プンバァとティモンとシンバのアホトリオ

©The Lion King/ライオン・キングより引用

【ダンボ】ではダンボが完全に「普通の象」になっていますし、【アラジン】はアニメであるだけで主人公は人間。

果たして登場する生き物がすべて「動物」である【ライオン・キング】はどのように実写化されるんでしょうね?

大西ライオンの「しーんぱーいないさ~!」で有名な 劇団四季のミュージカルみたいな擬人化方式を取るんでしょうかね?

 

【ライオン・キング(1994)】あらすじと感想とムファサの偉大さについて
【ライオン・キング】/1994年/アメリカ/アニメ/プライド・ランドの王ムファサの息子シンバが父の死を乗り越え自分の中に眠る王の血に目覚め王国を治める物語のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

>> ライオン・キング はAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【ターミネーター6(仮)】

©Internet Movie Database/Untitled Terminator Reboot

原題:Untitled Terminator Reboot
公開日:米2019年11月22日、日本未定
製作国:アメリカ
監督:ティム・ミラー
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン他
前作:【ターミネーター2】(1991)、【ターミネーター3】(2003)、【ターミネーター4】(2009)、【ターミネーター サラ・コナークロニクルズ】(
TVシリーズ2008~)、【ターミネーター:新起動/ジェニシス】(2015)、

【ターミネーター4】以降の作品は未視聴なんで、この映画に関してはご紹介だけ。

 

【ターミネーター2】まではホントに面白かった。

【ターミネーター3】って確か女性型ターミネーターが出てくるやつですよね?一応観るには観たけど…予想通り全然おもろなかったんでここで完全離脱しました。

 

って人はいっぱいいると思うんですけど、そんなあなたや私に朗報!

今回の【ターミネーター6(仮)】は、【ターミネーター2】からの続編になるそうです!

しかも仕切り直して そこからの3部作!

 

…いや、わかります。落ち着いて。

それはそれでどーゆーことやねんって思うその気持ち、ヘソでゴマするくらいわかります。

 

初期の【ターミネーター】で「戦う女」の代表として名を馳せたサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンの出演が決まっているようですが、正直だからなんなのよって感じ。そりゃ当時は筋トレしよかなって思うほど憧れたしカッコよかったけどそれはそれ。いまさら。

年老いた往年の人気スターを出すくらいなら逆にキャスト一新した方がええんちゃう?って発想で【ターミネーター4】~(※以下略)を製作した結果大コケやったもんで、一周回ってもういっぺん売れた時のキャスティングに頼ってみるかって魂胆としか思えない。

かといって【ターミネーター2】の時点では超絶美少年だったはずのエドワード・ファーロングだけはどうしても出せないやろうし。

 

もーワケが分からないし興味もないし100%劇場にも行かないんで、次の映画行きま~す。

 

>> 【ターミネーター:新起動/ジェネシス】はAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【アナと雪の女王2(仮)】

氷の城で歌唱終了のエルサ

©Frozen/アナと雪の女王より引用

原題:Frozen2(仮)
公開日:米2019年11月29日、日本未定
製作国:アメリカ
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
キャスト:クリスティン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョシュ・ギャッド他
前作:【アナと雪の女王】(2013)

短編のスピンオフ映画は何本かありましたが、まあそのうち正式な続編作るんやろうなあ~と思ってたらやっぱりきましたね。

前作【アナと雪の女王】の空前の大ヒットから6年、いよいよ雪と氷の女王エルサと天然ボケの妹アナが帰ってきます。

 

前作のラストで魔法の力をコントロールできるようになったエルサと「トナカイの王様」クリストフとの真実の愛を交わすことができたアナ。

彼女たちのその後の物語は一体どんな展開になるのでしょうか?

 

巷ではまことしやかにエルサに「彼女」ができる可能性がささやかれていますが、どうなんでしょうね?

「彼氏」じゃなくて「彼女」ね。

間違ってないですよ。

 

もともと【アナと雪の女王】は「ありのままの自分」がテーマというところから、LGBTのファンから熱烈な支持を得ている映画でもあります。

もし一部のファンの期待通り、エルサがレズビアンで、愛し合う「彼女」が現れる…なんて展開が実現すれば、創設者のウォルト・ディズニーがゴリゴリの差別主義者であったことを考えるとディズニー社にとって歴史的な快挙と言えるかも知れませんね。

ウォルト・ディズニーの人種差別は有名ですが、当時の時代風潮を鑑みればごく一般的であったと言われています。

 

【アナと雪の女王】なぜオラフの愛で氷は解けない?クリストフはイタい奴
【アナと雪の女王】/2013年/アメリカ/アニメ/雪や氷を作る魔法の力を持つ姉エルサの苦悩と愛を求める無邪気な妹アナの冒険を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

>> アナと雪の女王はAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【Rambo5】※原題

©Internet Movie Database/Rambo5

原題:Rambo5
公開日:米2019年秋、日本未定
製作国:アメリカ
監督:エイドリアン・グランバーグ
キャスト:シルヴェスター・スタローン他
前作:【ランボー】(1982)、【ランボー/怒りの脱出】(1985)、【ランボー3/怒りのアフガン】(1988)、【ランボー/最後の戦場】(2008)

正直申し上げまして続編の製作を知った時「ぎゃーっ!」って叫びました。

止めてくださいホントに。

 

誤解なさらないでください。

私は「ランボーシリーズ」が死ぬほど好きです。

中でも【ランボー】は何回観てもラストで号泣します。

80年代を代表する素晴らしい映画やと思っています。

 

しかし【ランボー/怒りのアフガン】まででお願いしたいのです。

 

【ランボー/最後の戦場】もある意味泣きましたけどね、そのクソ映画っぷりにですよ。

 

作らないでとは言わない…TVやSNSと同じで、嫌なら観なければいい話…。

でも公開されてしまったからには熱烈ファンとしては観てみたいじゃないの…。

ジョン・ランボーの20年30年ぶりの姿を観てみたいじゃないの…。

観た結果かつてのジョン・ランボーの輝きなんて微塵もなくて涙で枕を濡らしたじゃないの…。

 

今回のランボーは牧場で働いてるそうですよ。

そして誘拐された友達の娘を救うため単身メキシコに乗り込むんだとか。

 

もう続編なんて観たくないと思いつつ、今回もきっと観ずにはいられないんでしょうねえ~。

 

>> ランボー/最後の戦場はAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【るろうに剣心 追憶編/人誅編(仮)】

緋村剣心(演;佐藤健)

©るろうに剣心より引用

公開日:未定
製作国:日本
監督:未定
キャスト:佐藤健、武井咲他
前作:【るろうに剣心】(2012)、【るろうに剣心 京都大火編】(2014)、【るろうに剣心 伝説の最期編】
(2014)

ひょっこり邦画が紛れ込んでおりますが。

邦画に興味が薄い私ですが、これだけはなんとしてでも劇場に足を運んでやろうと思っております。

なんせ原作漫画の「るろうに剣心」の大ファンなもんで。連載開始からジャンプで呼んでた年齢よおばちゃんは。

 

映画にしたって漫画原作の実写化にしては稀に見る完成度の高さでめちゃくちゃ感動しました。

 

ヒロインの神谷薫役の武井咲の妊娠や原作者の和月伸宏の書類送検騒動などで企画自体が立ち消えてしまうのかと懸念してましたが、2019年9月から復帰した武井咲も含めて撮影開始することが発表されて一安心。

 

まだまだ詳細情報が少ないので今後の展開に注目です。

 

【るろうに剣心】あらすじと観た感想。登場人物の再現性がすごい!
【るろうに剣心】/2012年/日本/邦画/少年漫画「るろうに剣心」を佐藤健、武井咲、江口洋介、吉川晃司らのキャスティングで実写化した映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【るろうに剣心 京都大火編】かっこいい場面だけ羅列してみた
【るろうに剣心 京都大火編】/2014年/日本/邦画/少年漫画「るろうに剣心」の実写映画の続編。平和な新時代を守ろうとする人斬り抜刀斎を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【るろうに剣心 伝説の最期編】感動した部分と残念な部分について
【るろうに剣心 伝説の最期編】/2014年/日本/邦画/少年漫画「るろうに剣心」の実写映画の続編、第二部。明治を生きる幕末の人斬り抜刀斎を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
実写映画続編【るろうに剣心 追憶編(か?)】の前に!キャスト一覧や相関図まとめ
2012年に1作目、2014年に前後編となる2作目と3作目が公開され大ヒットとなった実写版【るろうに剣心】。そして2019年には最新作の公開が予定されています。公開に先駆けてシリーズ全作や原作漫画との違いなどについてまとめました。

 

コレ熱い!!

 

>> るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

>> るろうに剣心はAmazonプライムで視聴可能です。

 

 

【トップガン:マーヴェリック】

©Internet Movie Database/Top Gun:Maverick

原題:Top Gun: Maverick(Wikipedia
公開日:米2019年7月12日 2020年6月26日、日本未定
製作国:アメリカ
監督:ジョセフ・コシンスキー
キャスト:トム・クルーズ、ヴァル・キルマー他
前作:【トップガン】(1986)

公開されるや世界中にブームを巻き起こし、米軍パイロット志願者を500%(!)も増加させた大ヒット映画【トップガン】の続編。

©Top Gun/トップガンより引用

40代以上で知らない人なんていないと思うけど、前作を知らない若者のために。

「トップガン」とは1969年に創立された「アメリカ海軍戦闘機兵器学校」のことで、エリート戦闘機パイロットの上位1パーセントのパイロット達の空中戦技を指導するために創られた養成機関のこと。

…おや?

今の今まで私、アメリカ空軍のお話やと思ってました。パイロットだし。実際はトップガンは海軍の機関でした、あはは。

そのエリートばかりが集まるトップガンで切磋琢磨する若きパイロットを描いた作品です。

 

自身の出世作でもある【トップガン】を気に入った主演のトム・クルーズが続編製作権を買い取ってしまったため、あれだけの大ヒットにもかかわらず現在まで続編が製作されることはありませんでした。

しかし33年の時を経て、晴れてこの夏続編が公開されるに至ったようです。

 

前作では天才肌で型破りな一匹狼だったピート・”マーヴェリック”・ミッチェル(トム・クルーズ)の続編での役どころは、トップガンの教官。

そのトップガンへ現役時代マーヴェリックの相棒だったグースの息子(マイルズ・テラー)が入隊してくるんだとか。

 

前作でマーヴェリックのライバル”アイスマン”を演じたヴァル・キルマーの続投、基地の近くのバーのオーナーとしてジェニファー・コネリーの出演が決定しています。

前作のヒロイン”チャーリー”を演じたケリー・マクギリスの情報はいまのところなし。

©Top Gun/トップガンより引用

今までトム・クルーズ自身が大事に守ってきた【トップガン】の世界観が崩れ去ることがないように祈ります。

 

【トップガン】テーマ曲と女教官がクール!あらすじと観た感想
【トップガン】/1986年/アメリカ/スカイアクション/トム・クルーズやヴァル・キルマーなど、名優たちの出世作で知られる米空軍トップパイロット達を描いたネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

>> トップガンはAmazonプライムで視聴可能です。

 

2018年8月追記:

【トップガン:マーヴェリック】の公開延期が報じられました!

今回新たに発表された公開日はなんと当初の予定だった2019年7月12日から1年も順延した2020年6月26日。

延期の理由は、新たなテクノロジーと戦闘機を使った複雑な飛行シーンの完成度を上げるためだとか。

【フランケンシュタインの花嫁】のように「無期限公開延期」じゃないだけマシか…しかし1年て酷いですよね?まあどうしても夏に公開したいんでしょうな。

 

 

2019年公開予定の続編・リメイク映画(ほぼ洋画)のまとめ

他にも続編だかスピンオフだかのアメコミヒーローものも何作か公開されるようですが絶対おもろないんで無視してます。当然【スター・ウォーズ エピソード9】無視。飽きた。

 

基本的には続編やリメイク反対派の私ですが、2019年は前作(オリジナル作)が好きな作品が多いのでちょとだけ期待してます。

前作が好きであればあるほど続編を観て凹むことが多い事実も否めませんが、【ダンボ】や【アラジン】は実写化なんで全くの別物と化すでしょうし、【フランケンシュタインの花嫁】や【トップガン】も前作から年月が経ち過ぎて逆に競合しにくいと思いませんか?

 

映画好きにとっていい1年になりそうだ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

映画ランキング・まとめ
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る