ジャンル別映画ランキング「10ジャンルのトップ10」+α

「天衣無縫に映画をつづる」を書いている人

はじめまして、朱縫shuhou(しゅほう)です

「朱縫」だけでは何て読むかよく分からないまま誰にも覚えてもらえない、なんて悲劇も起こりうるので、「朱縫shuhou」と記載することが多いです。

「しゅほうしゅほう」と読まずに「朱縫shuhou」で「しゅほう」と読んでください。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

ピンクパンサーに似てるらしいので自画像は自作のピンクパンサーです。

 

座右の銘、信条

天衣無縫

好きなことばは「天衣無縫」

「天真爛漫」の方が有名な言葉かも知れません。広義には同じ意味のようですが、色々掘り下げて調べてみるとなんとなく違った印象を私は受けます。

「天衣」とは「天」人(天女)のころも

「無縫」とは「縫」い目が「無」いこと。

天人達の衣は縫い目もないのにそれでいて自然でわざとらしくなく、完璧である様を表すそうです。

 

特に詩歌や芸術作品を形容するような場合に用いる言葉で、これを人に対して使うと、縫い目のない衣=風に吹かれてゆ~らゆら、自由奔放・勝手きままで天真爛漫の人物を指すそうな。

概して「自由」「完璧」の両方の意味を含むこの言葉が大好きな私。

名作映画をいたずらに鑑賞し、とっくに脳の容量オーバーになった記憶や感動が日々ポロポロとこぼれ落ちて行く中、映画の感想をブログにでも残そうかなあ~と思った時、タイトルを考えるのはさほど難しくありませんでした。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

【天衣無縫に映画をつづる】…これでいくか。

そんなこんなで 「天衣無縫」の意味そのままに、完璧な映画を求めて自由奔放にチョイスし鑑賞し、主観丸出しでレビュー記事を書いてます。

 

温故知新

信条は「温故知新」

「過去の名作を知らずして最新映画を語るとはなんぞや」と過去の武勇伝が大好きな団塊世代みたいなことを考えているので、白黒だろうが入手困難だろうが時代錯誤だろうが、とにかく世間一般に名作と呼ばれる映画を手当たり次第記事にしてます。

…てなんとなくいい感じに書いてるけど、実際はまだ子供が小さいから最新作なんて観に行けないのも大きい。

 

 

影響を受けた映画

【アマデウス】(1984年)

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

初見は24年も前になりましょうか…。

それまで「映画」と言えば、TVのロードショウかもしくは「全米ナンバー1」と銘打たれたベタな大衆映画しか観ることがなかった私は、【アマデウス】を観て雷に打たれたような衝撃を受けました。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

世の中にはこんな映画があるのか…!

【アマデウス】を観たことで私にとって映画は、デートの時の暇つぶしでもTVの電波の垂れ流しでもなくなくなりました。

そしてもっと色んな映画を観てみたいと思うようになったのです。

【アマデウス】あらすじと感想。サリエリのモーツァルトへの愛憎劇
【アマデウス】/1984年/アメリカ/伝記/類稀な音楽的才能に恵まれ「神童」と呼ばれたモーツァルトの生涯を音楽家サリエリの目線で描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

朱縫shuhouの好きな映画ベスト10

  1. 【アマデウス】
  2. 【カッコーの巣の上で】
  3. 【明日に向って撃て!】
  4. 【トゥルー・ロマンス】
  5. 【月の輝く夜に】
  6. 【マーズ・アタック!】
  7. 【ニュー・シネマ・パラダイス】
  8. 【博士の異常な愛情 または如何にして私は心配するのを止めて水爆を愛するようになったか】
  9. 【デッドマン・ウォーキング】
  10. 【街の灯】

 

 

好きな俳優・女優

好きな俳優と女優はこんな人達。

出演作の一覧も記載しました。当ブログ「天衣無縫に映画をつづる」にレビュー記事があるものに限る。

朱縫shuhouの好きな俳優ベスト10

第1位★ジャック・ニコルソン

もう大好き。

もともとオッサン趣味なところもあるのですが、今やもうおじいちゃんとなってしまったジャックにさえフェロモンを感じます。

あの意地悪そうな顔、禿げ上がった頭、変な声、ハイテンションな演技、イロモノもこなす役者魂…どれを取っても好きなところだらけ。

 

なんでこんなに好きなんだか…前世では恋人同士だった説が有力。

第2位★マーロン・ブランド

匂い立つ色気、マーロン・ブランド

©A Streetcar Named Desire/欲望という名の電車より引用

もっともフェロモンが吹き出してた若い頃の出演作は、残念ながら白黒映画ばっかりなんですけども。それでも放つ存在感は圧倒的。

もちろんドン・コルレオーネを演じた晩年もしびれます。

第3位★ジーン・ハックマン

面接するラムジー大佐

©crimson tide/クリムゾン・タイドより引用

若い頃より円熟感が半端ない晩年の方が好きです。

頑固親父っぽいこの感じたまらんでしょ?

第4位★ポール・ニューマン

「愛してる」って言ってよポール

©The Hustler/ハスラーより引用

第5位★ジェームズ・ステュアート

電話と望遠カメラだけで事件を解決に導くジェフ

©Rear Window/裏窓より引用

第6位★ジョージ・C・スコット

バート・ゴードンとミネソタ・ファッツ

©The Hustler/ハスラーより引用

第7位★ベン・スティラー

パンダをかぶるタグ

©Tropic Thunder/トロピック・サンダー/史上最低の作戦より引用

第8位★ニコラス・ケイジ

ニコラス・ケイジ

©Raising Arizona/赤ちゃん泥棒より引用

第9位★ジャック・ブラック

映画音楽でアイリス爆笑

🄫The Holiday/ホリディより引用

第10位★ダニー・デヴィート

©big fish/ビッグ・フィッシュより引用

 

朱縫shuhouの好きな女優ベスト5

第1位★ベティ・デイヴィス

付き人として手腕を発揮するイヴ

🄫All About Eve/イヴの総てより引用

第2位★フェイ・ダナウェイ

ポーズを決めるボニー

©Bonnie and Clyde/俺たちに明日はないより引用

第3位★キャサリン・ヘップバーン

証人として多数の女性を招く

©Adam’s Rib/アダム氏とマダムより引用

第4位★ホリー・ハンター

名プロデューサージェーン

©Broadcast News/ブロードキャスト・ニュースより引用

第5位★スーザン・サランドン

スーザン・サランドン

©Moonlight Mile/ムーンライト・マイルより引用

 

 

最初に読むといいような気がするおすすめ記事

古い洋画を一緒に楽しみましょうとおすすめしている記事はこちら。

めざせ映画通?洋画に詳しくなるには歴史的名作から観てみよう!
「映画通になりたい」「映画(洋画)に詳しくなりたいけど、どんな映画から観ればいいのか分からない…」というそこのあなた。私がおすすめする鑑賞法を参考にしてみてください。

今日観る映画を選ぶ時の参考にしていただきたいランキングやまとめ記事はこちら。

AFI「アメリカ映画100年シリーズ」リンク集
アメリカの映画団体AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が1998年から発表し始めたランキング「アメリカ映画100年シリーズ」のリンク一覧です。
不朽の名作映画/洋画も邦画も「死ぬまでに観たい映画1001本」リスト
ジャンル・公開年・制作国を問わず死ぬまでに観たい不朽の名作映画をたったの1001本にまとめた無茶な書籍「死ぬまでに観たい映画1001本」に掲載されている映画タイトル及びレビューリンクの一覧です。
鉄板!名作洋画ランキング90。歴代アカデミー賞でおすすめの絶対観るべき最高傑作は?
賞レースに縁のない無冠の名作洋画なんて星の数ほど存在すること、逆にちっともおもろない凡作も紛れ込んでいることは百も承知で、「歴代アカデミー最優秀作品賞受賞作」だけをランキングしてみました。あなたが今日観る映画の参考になれば幸いです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

当ブログにはコメント欄を設けておりません。お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームへ

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました