歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

「天衣無縫に映画をつづる」を書いている人

はじめまして、朱縫shuhou(しゅほう)です

 

「朱縫」だけでは何て読むかよく分からないまま誰にも覚えてもらえない、なんて悲劇も起こりうるので、「朱縫shuhou」と記載することが多いです。

「しゅほうしゅほう」と読まずに「朱縫shuhou」で「しゅほう」と読んでください。

 

座右の銘、信条

天衣無縫

最も好きなことばは「天衣無縫」

「天真爛漫」の方が有名な言葉かも知れません。広義には同じ意味のようですが、色々掘り下げて調べてみるとなんとなく違った印象を私は受けます。

「天衣」とは「天」人(天女)のころも

「無縫」とは「縫」い目が「無」いこと。

天人達の衣は縫い目もないのにそれでいて自然でわざとらしくなく、完璧である様を表すそうです。

 

特に詩歌や芸術作品を形容するような場合に用いる言葉で、これを人に対して使うと、縫い目のない衣=風に吹かれてゆ~らゆら、自由奔放・勝手きままで天真爛漫の人物を指すそうな。

 

概して「自由」「完璧」の両方の意味を含むこの言葉が大好きな私。

 

名作映画をいたずらに鑑賞し、とっくに脳の容量オーバーになった記憶や感動が日々ポロポロとこぼれ落ちて行く中、映画の感想でもブログに残そうかなあ~と思った時、タイトルを考えるのはさほど難しくありませんでした。

 

そんなこんなで、 「天衣無縫」の意味そのままに、完璧な映画を求めて自由奔放にチョイスし鑑賞し主観丸出しで記事にしています。

 

温故知新

信条は「温故知新」

「過去の名作を知らずして最新映画を語るとはなんぞや」と過去の武勇伝が大好きな団塊世代みたいなことを考えているので、世間でよく知られているような名作映画は白黒だろうが入手困難だろうが手当たり次第に視聴したいと思っています。

 

 

影響を受けた映画

【アマデウス】(1984年)

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

初見は20数年前にもなりましょうか…。

それまで映画なんて、日曜日のTVのロードショウ、もしくは「全米ナンバー1」と銘打たれた大衆娯楽アクション大作しか観たことがなかった私は、【アマデウス】を観て雷に打たれたような衝撃を受けました。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

世の中にはこんな映画があるのか…!

【アマデウス】を観たことにより、私にとって映画はデートの時の暇つぶしでもTVの電波の垂れ流しでもなくなったのです。

【アマデウス】サリエリとモーツァルトの運命に涙する名作の感想
【アマデウス】/1984年/アメリカ/伝記/類稀な音楽的才能に恵まれ「神童」と呼ばれたモーツァルトの生涯を音楽家サリエリの目線で描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

好きな俳優

ジャック・ニコルソン

ああ大好き。

もともとオッサン趣味なところもあるのですが、今やもうおじいちゃんとなってしまったジャックにさえフェロモンを感じます。

あの意地悪そうな顔、禿げ上がった頭、変な声、ハイテンションな演技、イロモノもこなす役者魂…どれを取っても好きなところだらけ。

 

なんでこんなに好きなんだか…前世では恋人同士だった説が有力です。

【カッコーの巣の上で】タイトルの意味と感想。評価は高いけど超難解!
【カッコーの巣の上で】/1975年/アメリカ/シリアス/精神異常者を装って精神病院に送られたマクマーフィが入院患者に変化をもたらす映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。

 

 

当ブログにはコメント欄を設けておりません。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームへ

トップへ戻る