【ウォール街】映画レビュー:憧れの「ある日突然大金持ち」

To share

 
20秒で読める概要とあらすじ

1987年/アメリカ/監督:オリバー・ストーン/出演:マイケル・ダグラス、チャーリー・シーン、ダリル・ハンナ、マーティン・シーン、ハル・ホルブルック、テレンス・スタンプ/第60回アカデミー賞主演男優賞受賞

若手証券マンのバド・フォックスは根気強い営業と内部の人間しか知り得ない情報の提供で大物投資家ゴードン・ゲッコーに気に入られる。瞬く間に金も女も手に入り、夢心地のバドだったがゴードンの冷酷さで思わぬところに被害が及ぶ。

※このブログはスタンダードにネタバレしてます!未視聴の方はご注意ください!

面会するチャーリーとマイケル

©wall street/ウォール街より引用

「俺は毎秒ごとに勝っている」

あ突然失礼。

斯様(かよう)な名言をお吐きになり、
世間様から「He is crazy!」と冷罵されようともどこ吹く風、
さらにクレイジーな口上をはばかることなくお繰り返され遊ばされますのは、

「クレイジーセレブ」チャーリー・シーンでございます。

ままま、とにもかくにもこのリンクでも見てみてください。
私腹抱えて笑いますから。
何回見ても。

破天荒セレブ、チャーリー・シーンのぶっ飛び名言集

どこでおかしくなっちゃったんでしょうねこのシト。

このリンクは一例でございます。

『チャーリー・シーン 名言』で検索するとそれこそいっぱい伝説のセレブが降臨しますので楽しんでみましょう!

そんな阿呆なチャーリーがカッコよく見えちゃう経済映画の金字塔【ウォール街】です。

詳しく理解できてなくても大丈夫

いやー私バカなんで、経済がよくわかんないもんで…

インサイダー取引とか証券取引とかむーずかしいんですよねー。

でも大筋は分かってるんでっ、

んっ!

OK!!

そんなに極悪非道じゃないです

阿呆のチャーリー・シーンは冒頭でこれでもかってくらい触れたので、そのチャーリー・シーン演じるバド・フォックスをみこんで育てる金の亡者・悪の権化のように描かれているゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)について。

ウォール街のやり手実業家ゴードン・ゲッコー

©wall street/ウォール街より引用

典型的なやり手の実業家像をガッチリ体現してみせたマイケル・ダグラス、【ウォール街】でアカデミー賞獲ってます。

速戦即決・威風堂々・サスペンダーがよく似合う、と3拍子揃った投資家ゴードン・ゲッコーを演じます。
大勢の会社役員の前で余裕綽々と演説し株主から拍手喝采を浴びる姿は圧巻です。

制作側の意図に反して、私はこのゴードンに対してそんなに不信感は抱きません。

…こんなもんちゃうの?金持ちの経営者って。

むしろ刃向かう者や弱者には容赦ない反面、巨大な豪邸や別荘を所有して家族を住まわせ、ちゃんとワイフと子供達を愛してて(外に女は居るにしても)、超理想の男性です。

利用できる奴は利用するやろ。

慈善事業家やないねんから。

あーでも弱者に容赦ないんはあかんか。

誰でもやっぱりお金が大好き

バドはゴードンを 血も涙もない金の亡者 だと見なし彼を窮地に陥れますが、

● バドの父親の会社を容赦なく解体しようとするゴードン
● 一度ゴードンと組んで莫大な損失を出させた投資家にアッケラカンと寝返るバド

…どっちもどっち。

チャーリー・シーン扮するバド

©wall street/ウォール街より引用

どっちもどっちでどんぐりの背比べで同じ穴のムジナであれば最初から「欲は善だ」と公言してるゴードンの方が信念貫いててよっぽどカッコいいですよねぇー?

女はさらに容赦なし

そして寝返りと言えばバドが首ったけのゴードンの愛人ダリアン(ダリル・ハンナ)も、
ゴードンには「本気でバドに恋してる」と言いつつ、バドがゴードンに盾つき金回りが悪くなるだろうと分かった瞬間「あたしは元の生活になんか戻れないわよ!」と出て行っちゃうわけで…

このサイテーな女っぷりにより【ウォール街】でダリル・ハンナはめでたくラジー賞獲ってます。

ゴードンみたいにみんな最初から「欲は善だ」って言うといたらええねん。

主人公と対立する側に共感できる映画です。

お父上もご登場

蛇足ですが【ウォール街】でバドの良心の声とも言うべき父親の飛行機整備士を演じたのはオバカのチャーリー・シーンの実の父親マーティン・シーンです。

マーティン・シーン

©wall street/ウォール街より引用

目元と輪郭ソックリですよね。

…そして、息子さんが毎秒勝っててよかったですね……

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ウォール街】を観たくなったら

To share