【アニー・ホール】映画レビュー:エキセントリックな恋物語

To share

 
20秒で読める概要とあらすじ

1977年/アメリカ/監督:ウディ・アレン/出演:ウディ・アレン、ダイアン・キートン、トニー・ロバーツ、キャロル・ケイン、ポール・サイモン/第50回アカデミー賞作品・監督・主演女優・脚本賞受賞

ニューヨークに住む2度の離婚歴があるちょっと変わったコメディアンのアルビー・シンガーと、不思議な世界を生きている歌手志望のアニー・ホールの数年間の交際を描いたロマンスコメディ。ウディ・アレン監督が自身の映画スタイルを確立した秀作。

※このブログはスタンダードにネタバレしてます!未視聴の方はご注意ください!

小学校に出てくるシンガー

🄫Annie Hall/アニー・ホールより引用

こーゆー映画大好きです。

鑑賞後、

朱縫shuhou
あー面白かった~!

…で、

なんの話やったっけ? 

ってなること間違い無しなのに、しばらく経ってからロブスターを料理する時に「なんかこのロブスター、アニーが写真撮ってたあのロブスターに似てんなー…」とふと思い出すのはこーゆー映画のワンシーンだったりします。ロブスター食いませんけど。

へんことへんこのラブロマンス、【アニー・ホール】です。

参考 へんこ=偏屈、変わった人

さすがコメディアン、つかみは全部持ってかれました

物語はいきなり監督・脚本・主演を務めるウディ・アレン扮するアルビー・シンガーが画面に向かって怒涛のようにべしゃって始まります。

びっくりする間もなく観客の興味は「バストアップショットでただ画面に向かって畳み掛けるようにしゃべりまくるアルビー・シンガー」に釘付け。

しかもそのしゃべってる内容もおもろい。ノリツッコミもバッチリ。

独りなのに私ここで声出して笑いました。

アルビーは作中でコメディアン・漫談家という設定で、まあべしゃりだけで食うてるんでプロのなせる技ではあるんですけど、ホンマの漫才見てるみたいです。

チープ感が癖になる

1977年の映画で、単に「古い」ってゆうのもあるんですけど、全体的に安っぽいんですよね。なんかセットとかがTVのバラエティ番組みたい。

モノクロ映画でももうちょい高級感あるんちゃうんかってゆー…。

いやめっちゃ褒めてるんですけど、これがまた癖になります。

そらバツ2なるわ

なんだか見た目が冴えない感じのアルビーですが、なんと2回も結婚・離婚してます。

…離婚はともかく、2回も結婚できたんやー…冴えないのにー…。

幼少期からちょっと不思議な少年で、40歳を過ぎた今や15年間も精神科医にお世話になるほどの不思議ちゃん界のレジェンドです。

でも本人はあんまり自分が変であることを気にしていません。…気にしてないってか気付いてないのかな…「周りの方がおかしい」「正しいのは自分」って思ってるみたい。

そしてそんなバツ2のアルビーがアニー・ホール(ダイアン・キートン)という、これまたアルビーに匹敵する不思議ちゃんと出会い恋に落ちます。

キスをするアルビーとアニー

🄫Annie Hall/アニー・ホールより引用

誰としゃべってんねん

アルビーとアニーがデートで仲良く映画館の行列に並んでいる場面。

ただでさえアニーが待ち合わせに遅れてきたことで半ギレ状態のアルビーなのに、並んだ列のすぐ後ろにはでっかい声で持論を展開する迷惑なオッサンが…。

こういう人ホンマ迷惑ですよね。「あー分かるわ~うっとーしーわー」と思いながら観ていると

突然アルビーがこっちを向いて観客に話しかけてきます。

アルビー
ねえ皆さん。こーゆー迷惑な人ってどう思います?

…お、おう。

と思ったら声のデカいオッサンまで出てきて話しかけてきます。

🄫Annie Hall/アニー・ホールより引用

えっと…

は、はい…。

だから誰としゃべってんねんて

アルビーがアニーの実家へ挨拶へ行き夕食を楽しむ場面では、自分の家族とアニーの家族の違いを分析するアルビーの脳内の人物がアニーの家族や観客に向かって話しかけてきます。

アニー家↓     アルビーの記憶↓

アニー家vsアルビー家

🄫Annie Hall/アニー・ホールより引用

アルビーのオカン
あなたはどう思う?

…あ、ははは、はい……。

なんで昔の自分見えてんねん

さらにアルビーとアニーは過去の自分達が「見え」ます。

オカルトちゃいますよ。

アルビーはアニーの昔の彼氏を覗き見て(写真じゃなくて)、「冴えへん奴と付き合ってたもんやなあ!」とぶつぶつ…。「そお~?いい人だったのよ~?」とのほほんとアルビーと一緒に自分達を見ているアニー。

アニーの過去

🄫Annie Hall/アニー・ホールより引用

その後もなんの前触れもなく急にアニメになったり幽体離脱したり…

世界観独特すぎ。

当時話題をさらったアニー・ホールのファッション

セリフの長回しや撮影的なテクニックも斬新であったことは言うに及ばず、アニーの作中でのファッションも「アニー・ホール・ルック」と呼ばれ当時世間にかなりの影響を与えたようです。

オシャレってゆーか…オシャレなんか?これ…斬新なファッションです。

「当事者が二人ともへんこである」という事以外はごくごくどこにでもいる普通の恋人達のお話です。

でも多くのラブストーリーでは出会って、恋に落ち、喧嘩をし(事件が起きて)、仲直りをして(問題を解決して)ハッピーエンドで終わりますが、【アニー・ホール】は最後に愛が冷めて友達として一歩踏み出すまでを描いています。

別れる二人

🄫Annie Hall/アニー・ホールより引用

一筋縄ではいかない、それゆえ深く考えすぎたらあかん映画です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【アニー・ホール】を観たくなったら

朱縫shuhou
【アニー・ホール】はアカデミー賞作品賞を獲得しています。

歴代アカデミー賞作品賞受賞映画が見やすく一覧になっている記事はこちらからどうぞお~。


「名作映画(洋画)は絶対おすすめ!歴代アカデミー賞作品賞受賞映画一覧」を見てみる。

To share