【アルゴ】映画レビュー:人命がかかった最高にアホな発想

To share

 
20秒で読める概要とあらすじ

2012年/アメリカ/監督:ベン・アフレック/出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン/第85回アカデミー賞作品・脚色・編集賞受賞

1979年に実際に発生したイランアメリカ大使館人質事件に基づいた映画。占拠された米大使館から脱出しカナダ大使館に匿われていた6人の米大使館員をイランから救出するため、CIAは架空のSF映画をでっちあげる。

※このブログはスタンダードにネタバレしてます!未視聴の方はご注意ください!

空港に到着する一行

©ARGO/アルゴより引用

1997年に【グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち】で主演のマット・デイモンと共にアカデミー賞脚本賞を受賞したベン・アフレックが監督と製作と主演を兼務した映画【アルゴ】

在イランアメリカ大使館人質事件「カナダの策謀」を題材にした映画です。

たった6人のアメリカ人を自分の国に帰還させるのにこれだけ多大な労力を要させるイランという国にもビビりますが、本気でこの作戦を思いついたCIAにも驚愕します。

人間窮地に立たされるとアホなことほど思いつかなくなるもんですが、こんなアホな作戦を思いついた上に実行に移したCIAはさすがです。

アホアホ言うてますけど褒めてるんです。

物語の背景とイランという国

冒頭のイランの独裁の歴史がザザーっと流れる数分間は、暴力的な映像も含むにもかかわらずアメコミ風に編集されていたりしてポップでちょっと楽しいです。

イランの独裁の歴史

©ARGO/アルゴより引用

イランのアメリカ大使館がデモ隊に占拠され、その場にいた大使館員全員が人質に取られました。
しかしその時密かに脱出に成功した6人のアメリカ人がカナダ大使館に匿われていて、こやつらを混沌を極めるイランから無事帰国されなければならない、というお話です。

背景を書き出したらすんげーややこしいんで、詳しく知ろうという勉強熱心な人はイランアメリカ大使館人質事件を参照ください。(逃げた)

カナダ大使館に匿われた6人のアメリカ大使館員の救出方法は?

6人の救出を任されたのはCIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)。

人名救助のプロらしい。

【アルゴ】のベン・アフレックは珍しく、体毛が多いイメージのイランとかあの辺りの人達に混じっても全然違和感のない長髪に髭ボーボーのルックスで登場します。

…悪くない。(…ぽっ)

国務省は人命救助に関しては素人同然、だからってそれかい!

作戦の主導権を握っているのは飽くまで国務省ですが、人名救助のノウハウなんて絶対持ってへんやろっていうジイサマ達がみんなで仲良く机上の空論を繰り広げています。

「全員外国語教師ってことにしたら?」

そんな人達いないし、いたとしてもとっくに逃げてる。
「車は無理やからチャリで国境越えたら?」「待てよ6人の中に乗れないヤツがおったらどうする?」

いや論点そこちゃうやろ。そして1月やし。凍死者でるし。7人で移動してたら怪しさ100%やし。
 

しゃあないなあ、プロの俺の作戦聞けよ。てお前もそれかい!

国務省のジイサマたちのお粗末な作戦に失笑しつつも、自分たちにだって最善の策は見いだせずにいたCIA。

ある日トニーは息子がTVで観ていた【最後の猿の惑星】を観てひらめきます。

猿の惑星視聴中
©ARGO/アルゴより引用


「これや!!俺含めて7人全員映画のロケハン部隊ってことにしよ!」

架空の映画をでっちあげ、自分と匿われた6人は映画関係者に扮しロケハンのためにイランを訪れ用事が済んだので帰りまーすってことにして堂々と空港から出国しちゃえという…

驚くべき作戦を思いついたのです。

参考 ロケハン(ロケーション・ハンティング) = 映画やテレビの制作において、主に屋外のロケ地を探すことを指す和製英語

やるからには張りぼてのシナリオでは殺される

しかしさすが救出のプロ、「アルゴ作戦」が正式に認められると、徹底して架空の映画作りを始めます。

映画界で著名なレスター・シーゲル(アラン・アーキン)とジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)に協力を仰ぎ、慎重に脚本を選び事務所を構え、ポスターや絵コンテの制作はもちろん、役者と衣裳も用意して公式な読み合わせの場を作りマスコミに大々的に披露します。

そして救出する6人にもそれぞれ架空の名前と職業と細かい人物設定を考案。

大使館から脱出した者がいるとバレれば見せしめに殺されるでしょう。
少しのボロも出ないように舞台を整えます。

アルゴ披露パーティ

©ARGO/アルゴより引用

ハリウッドの陽気さは世界の片隅で何があってもこんなもん

尊い人の命がかかった緊迫した作戦のはずなのに、ハリウッドのシーンには陽気な音楽に陽気な人々が映し出されて小休止、、

ああもー…本当ハリウッドって治外法権よね。

準備万端でイランへ入国

完璧なシナリオを用意しトニーはイランへ入国(「なんでこんな時期に映画の撮影?」とは聞かれますが、「カナダ人」って設定なので入国はまあまあ簡単)、カナダ大使館へ赴き6人のアメリカ大使館員の無事を確認します。

そこで初めて6人に作戦の内容を説明するわけですが彼らの反応は、

「無理。こんな芝居できへん」

…まあそうですよね。

映画関係者になんてなったことないし、自分の素性とはまったく関係のない作られた「自分」をたった1日で丸暗記し、しかも怪しまれないようにしなければならないとは…

私でも「こんなん無理。他の作戦ないん?」って聞きますよ。

でもないんですよお~。

チャリで国境越える方が無謀なんですよお~。

ええからさっさと用意してやったシナリオ読んで自分の役割覚えろお~。

作中で「アルゴは最悪の中でも最高の作戦だ」という言葉が出てきます。

まさにその通り。

国務省のジイサマたちが考えた作戦よりはまだマシ

この他にまともな選択肢のなかった無謀な脱出作戦は果たしてどのような結末を迎えたのか、7人でイランを出国しようとするハラハラドキドキをぜひ味わってください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【アルゴ】を観たくなったら

朱縫shuhou
【アルゴ】はアカデミー賞作品賞を獲得しています。

歴代アカデミー賞作品賞受賞映画が見やすく一覧になっている記事はこちらからどうぞお~。


「名作映画(洋画)は絶対おすすめ!歴代アカデミー賞作品賞受賞映画一覧」を見てみる。

To share