【ダンス・ウィズ・ウルブズ】映画レビュー:「蹴る鳥」の思い出

To share

 
20秒で読める概要とあらすじ

1990年/アメリカ/監督:ケビン・コスナー/出演:ケビン・コスナー、メアリー・マクドネル、グラハム・グリーン、モーリー・チェイキン/第63回アカデミー賞作品・監督・脚色・撮影・作曲・録音賞受賞

1863年、南北戦争で片足を負傷した北軍のダンバー中尉は足を切断されるくらいなら死んだ方がマシとばかりに敵軍へ突っ込むが、意に反して北軍は勝利を収め英雄として扱われる。見返りとしてダンバーは荒れ果てた砦へ勤務することを希望する。

※このブログはスタンダードにネタバレしてます!未視聴の方はご注意ください!

インディアンと共に馬に跨る

🄫Dances with Wolves/ダンス・ウィズ・ウルブズより引用

イケメン俳優としてのみならず監督としてのケビン・コスナーの地位も不動のものとした作品。

3時間の長編ですが、さらに全長版として「4時間アナザー・ヴァージョン」が公開されています。
4時間はさすがにちょっとうへってなるレベル…ちょっとしたパート勤務ですよね。時給900円やとしたら3,600円ですわ。

なんのこっちゃ。

自然を愛する騎兵隊の白人と先住民族との交流を描いた【ダンス・ウィズ・ウルブズ】です。

淡々と進行する長い物語は少々退屈

南北戦争で手柄を立てた北軍のダンバー中尉(ケビン・コスナー)は勤務地を選べる権利を得、愛馬のシスコとともに自然のままのセッジウィック砦への赴任を希望します。

そこでダンバーは現地のスー族インディアンと出会い、交流を深めます。

【ダンス・ウィズ・ウルブズ】を最初に観たのは映画館でも家でもなかった

私が【ダンス・ウィズ・ウルブズ】を最初に鑑賞したのはなんと学校。

高校生の時に「名作だから」と先生が英語の授業で観せてくれました。

しかし高校生にこれを観せたんは失敗やったんちゃうんかなあって未だに思います。
いや、「高校生に観せた」のが間違いではないですね、「学校で観せた」のが間違いやったと思うんです。

だって、なんと不運なことにクラスメイトの中村君が【ダンス・ウィズ・ウルブズ】に出てくる「蹴る鳥(グラハム・グリーン)」(←名前)にそっくりだったもんで、「蹴る鳥」が出てくるたびにクラス中で笑いが起きて鑑賞どころではなくなるという…

高校生なんかそんなんもう、みんなで真面目に映画なんか観ませんやんか。ずっと笑ってましたね。「早く『蹴る鳥』出てけえへんかな~…出た出たっ!」ってね。

蹴る鳥

🄫Dances with Wolves/ダンス・ウィズ・ウルブズより引用

数年後にしっかり鑑賞はしましたけど三つ子の魂百まで、【ダンス・ウィズ・ウルブズ】の私のイメージは未だに「蹴る鳥」「中村君」です。

そして中村君は卒業までずっとあだ名が「蹴る鳥」でした。

ハリウッドにおける「白人の救世主」という概念

主にハリウッドで扱われる題材として白人の救世主という概念があります。

映画における白人の救世主とは、白人が非白人の人々を窮地から救うという定型的な表現である。その表現は、アメリカ合衆国の映画の中で長い歴史がある。白人の救世主は、メシア的な存在として描かれ、救出の過程で自身についてしばしば何かを学ぶ。

出典:Wikipedia

「困っている非白人を颯爽と現れた白人が救う」という設定が多く、
【ダンス・ウィズ・ウルブズ】も白人の兵隊であるダンバーが自然とともに生きる「野蛮」なインディアン達と交流を深め次第に文明社会に疑問を抱き、最終的には白人の敵に回りインディアン達と共に戦うという典型的な「白人の救世主」パターンに当てはまります。

雪山のケビン・コスナー

🄫Dances with Wolves/ダンス・ウィズ・ウルブズより引用

白人が主人公である方が受ける(ヒットする)し仕方ないんでしょうけど、確かにこういったパターンの映画はたくさんありますよね。

私なんて街で白人さんに会おうものなら「うわあ~かっこいい~…」って見とれてしまうもんですが、少しずつこういった娯楽で洗脳されてんですかね?

オマージュ?パクリ?【アバター】とそっくりですけど

ちなみに本国アメリカではアカデミー賞作品賞にもノミネートされたジェームズ・キャメロン監督の【アバター】が当時一部で「ただの『SF版【ダンス・ウィズ・ウルブズ】』やんけーっ!」とこき下ろされてました。

地球と宇宙という惑星のスケール感が違うだけで、「『未開の土地の先住民』と『敵としてやってきた白人』の交流」という点と、その「『先住民の女性』と『白人』が恋に落ちる」という点でまったく共通してますからそりゃそう言われるわね(←【アバター】が好きじゃないので辛口)。

…て、小難しく書いてますけど、人種差別問題とか深く考えなくても普通に楽しめる映画です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ダンス・ウィズ・ウルブズ】を観たくなったら

朱縫shuhou
【ダンス・ウィズ・ウルブズ】はアカデミー賞作品賞を獲得しています。

歴代アカデミー賞作品賞受賞映画が見やすく一覧になっている記事はこちらからどうぞお~。


「名作映画(洋画)は絶対おすすめ!歴代アカデミー賞作品賞受賞映画一覧」を見てみる。

To share