【ブロードウェイ・メロディー】映画レビュー:世界初全編トーキー映画

To share

 
20秒で読める概要とあらすじ

1929年/アメリカ/監督:ハリー・ボーモント/出演:チャールズ・キング、アニタ・ペイジ、ベッシー・ラヴ/第2回アカデミー賞作品賞受賞

スターになることを夢見るハンクとクィニーのマホーニー姉妹は、すでにブロードウェイで花形歌手として活躍するハンクの婚約者エディを頼りに都会へ出てくる。美しく成長したクィニーに再会するやエディはすぐさま禁断の恋に落ち、クィニーもまたエディに惹かれている自分に気付く。

※このブログはスタンダードにネタバレしてます!未視聴の方はご注意ください!

新曲を披露するエディ

🄫The Broadway Melody/ブロードウェイ・メロディより引用

♪ブロードウェェ~イ・んメェロォディ~~っ!!

…あーすみません。頭に残った曲って口に出しちゃうタチでして。

主演のチャールズ・キングの歌声が古いレコード聞いてるみたいですごく心地いいです。

私でなくとも鑑賞後はしばらく前出のメロディが必ず頭に残ってしまうであろう世界初(の全編トーキーにしてミュージカル映画、【ブロードウェイ・メロディー】です。

世界初の全編トーキー作品

物語は個室がたくさん並んでて各部屋でバンドや歌手がレコーディングをしたり音合わせをしたりしてるグリーソン音楽出版社で、主人公で歌手のエディ(チャールズ・キング)が自分の新曲を披露する場面から始まります。

この場面がまあ「音♪♪♪使う使う。

トーキー映画撮れるようになったもんやから嬉しがって色々使ってみたかったんちゃうかって思うくらい使う使う。

少し前の「流行りの3D映像を無理矢理使う使う!」みたいな風潮と似てる気がします。音がガチャガチャ入ってます。

全然不快じゃないですけど。

【アバター】で最初に3D映像が流れた時、映画館内に歓声が上がったのを覚えていますが、たぶん【ブロードウェイ・メロディー】の公開当時もあんな感じやったんでしょうね。

このスクリーンから音が溢れる映画を初めて観た当時の観客の興奮が想像できます。

田舎から出てきた姉妹とブロードウェイの花形歌手

田舎の公会堂なんかでは人気を博していたハンク(ベッシー・ラヴ)とクィニー(アニタ・ペイジ)のマホーニー姉妹。

すでにブロードウェイで活躍しているハンクの婚約者のエディのコネを頼ってニューヨークにやってきます。

再会を喜ぶ3人

🄫The Broadway Melody/ブロードウェイ・メロディより引用

出会った瞬間「きれいになったね!」…あーあー

ニューヨークの姉妹の滞在先で久しぶりにクィニーに会ったエディはクィニーの美しく成長した姿に釘付け…釘付けドコロかあからさまに恋します。

突然反抗的になるクィニー

エディの気持ちを知り、姉ハンクを気遣いエディと距離を置こうとして他の男を好きだと言い出し突然反抗的な態度を取るクィニー。

マホーニー姉妹

🄫The Broadway Melody/ブロードウェイ・メロディより引用

最初よく分かんなかったんですけど、クィニーも実は再会した時からエディのことが好きんなってたみたいです。最後の方でクィニー自身がエディに告白します。

エディを愛していながら妹を思い嘘をついて身を引くハンクのけなげな姿ったら…もっとええ男おるよあんたにはさ…。

字幕の表現合ってんのかな?

なんかちょっとこの映画字幕がおかしい気がするんですけど、そんなことないんかな?クィニーがエディに心奪われていることにも私全然気づけなかったんで…。

なんしか英語がからきし分からんもんで完全に勘でしかないんですが、前後の文脈がつながってない表現が多いような気がします。

「おにぎり食う?」って聞いてんのに「今日むっちゃええ天気やな」って言われてる感じ。

no more 言葉の壁。

美容整形っていつからあんの?

レヴューの稽古中ハンクがダンサーとケンカして口論になり、

売り言葉
(歌)へったくそやな!
買い言葉
なんやと!そっちこそ 整形 でもしたらどやねん!

と罵り合う場面があります。

朱縫shuhou
嘘!1929年当時整形手術あったん?!

もう気になって気になって夜も眠れなかったんで調べてみました。

美容整形と形成外科の原点はいっしょであり、紀元前6世紀頃の古代インドといわれています。

出典:美容整形の歴史

…おお。

せいぜい100年前とかそんなんやと予想してたのに紀元前出てきてしもた。

果てしな過ぎて気が済みました。

今夜はゆっくり眠れそう。

参考 レヴュー = 装置・衣装・照明といった視覚的な要素に重点を置き、音楽、舞踏、寸劇、曲芸などの演目を展開する大衆娯楽園芸

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ブロードウェイ・メロディー】を無料で観たくなったら

朱縫shuhou
【ブロードウェイ・メロディー】はアカデミー賞作品賞を獲得しています。

歴代アカデミー賞作品賞受賞映画が見やすく一覧になっている記事はこちらからどうぞお~。


「名作映画(洋画)は絶対おすすめ!歴代アカデミー賞作品賞受賞映画一覧」を見てみる。

To share