歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【るろうに剣心】あらすじと観た感想。登場人物の再現性がすごい!

薫をかばう剣心 邦画
©るろうに剣心より引用
映画の概要と注意事項

2012年/日本/監督:大友啓史/出演:佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、須藤元気、田中偉登、奥田瑛二、江口洋介、香川照之

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

所詮俺たちは剣に生き剣に死ぬ

©るろうに剣心より引用

大好きです「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」

漫画ね。

少年ジャンプでの連載開始当時からずっと読んでたしコミックスも全部持っております。

 

…てか改めて調べてみるとなんと、連載始まったのって1994年なんですよね。

ほぼ四半世紀前!

朱縫shuhou
なぬーっ!

…年取るはずだわトホホ…。

 

そして2012年、この「るろうに剣心」が実写化されると聞き、正直他の漫画原作実写版映画の完成度の低さから言って、最初は「やめてえ~っ!」って感じでした。

しかしいざ完成した作品を観てみると衝撃の嵐!

実写化ありがとうございます!!

 

【るろうに剣心(実写映画)】です。

 

最新作公開に備えて全作まとめた記事「実写映画続編【るろうに剣心 追憶編(か?)】の前に!相関図や順番や登場人物まとめ!」もあわせてご覧ください。

 

 

実写映画【るろうに剣心】のあらすじザックリ

幕末の動乱に揺れる京都に名を轟かせる凄腕の暗殺者・緋村剣心は、「人斬り抜刀斎」と呼ばれ幕府要人や佐幕派の武士達を震撼させていた。それから10年の月日が流れ、時は明治11年。剣心は日本各地を旅する流浪人(るろうに)として、穏やかな日々を送っていた。

 

 

実写映画【るろうに剣心】のスゴイとこ

初見で一体何が衝撃だったかってもうねえ…。

原作ファン(小説だろうが漫画だろうが)が最も実写化に望むことは「原作の世界観を崩さないこと」でしょう?

帰ってきた剣心

©るろうに剣心より引用

原作を読んだことがない人はご存知ないかもしれませんが、【るろうに剣心(実写映画)】は原作から大幅にストーリーが変更されています。

にもかかわらず原作ファンと実写映画ファン双方の心をがっしり掴んでしまった魅力って、一体なんなんでしょうね?

 

キャラクターの再現度が高い!

とにもかくにも、まず登場キャラクターが原作とかけ離れているようでは問題外。

【るろうに剣心】は特にそのキャラクターの再現度が高いことでも評価されてます。

 

緋村剣心を演じた佐藤健は言うに及ばず、斎藤一(江口洋介)や相楽左之助(青木崇高)、武田観柳(香川照之)に鵜堂刃衛(吉川晃司)も完璧!

中でも気に入っているのはヒロイン神谷薫を演じた武井咲

武井咲演じる神谷薫

©るろうに剣心より引用

実は私、【るろうに剣心】を観るまで、武井咲が嫌いでした。

声が苦手だしどの役でも同じ演技にしか見えないし。

 

ところが、【るろうに剣心】での父親の残した神谷活心流を守りながら剣心の帰りを待つ健気な薫の演技がドハマリしすぎてたもんで、もう普段の武井咲さえも神谷薫に見えてくるほど大好きになってしまいました。

演じた役柄でこうも変わるとは…と我ながらびっくりしたものです。

 

戦闘シーンのキレが半端ない!

戦闘シーンってどうやって撮ってんの?

剣心が操る飛天御剣流の特徴でもある“神速”の表現についてはちょっとだけ早送りしたりして緩急付けてんちゃうん?って感じですけど、壁を蹴って(ほぼ「登ってる」)宙返りしたり、単車がカーブ曲がるみたいに体を倒して地面スレスレを全力疾走するってのは一体どういうこと?

観柳邸に乗り込む剣心と左之助

©るろうに剣心より引用

左之助の斬馬刀の一振りで雑魚が吹っ飛んでいくのもお見事ですし。

刃衛の「背車刀」も想像通りで感涙もの。

鵜堂刃衛(演:吉川晃司)

©るろうに剣心より引用

…斎藤の「牙突」だけは、構えまでは良かったものの、その後のワイヤーアクションにちょっとだけ笑ってしまいましたが。

斎藤一(演:江口洋介)

©るろうに剣心より引用

 

ファンなら誰でも知ってる名台詞は残す!

単行本で言うと4巻くらいまで(もっと後で出てくる斎藤や雪代巴ゆきしろともえの回想を含みつつ)を2時間に納めようとしているので、ストーリーの省略・変更を余儀なくされるのは当然。

しかし「映画用」にストーリーが大幅変更されたりエピソードが端折はしょられたりしても大したアンチも生まず原作ファンが納得できた理由は、かなめとなる名台詞だけはバッチリ残してくれているため。

刃衛VS剣心

©るろうに剣心より引用

薫の「誰にだって語りたくない過去のひとつやふたつあるわよ」とかね。

剣心の「剣は凶器。剣術は殺人術。それが真実」とかね。

 

関係ないエピソードをダラダラ描いてる尺はないので、極限までに簡略化されてる細かい描写も秀逸。

例えば剣心と薫が出会うシーンでは、木刀構えていきり立ってる薫のカットになんとも緊張感のない団子を映り込ませることによって(「るろうに」の時の)剣心のお間抜けさを瞬間的に表現しています。

木刀と団子のハーモニー

©るろうに剣心より引用

左之助が牛鍋屋「あかべこ」に現れた時には、妙さん(平田薫)が「左之さん!」と親し気に呼ぶことによって左之助が「あかべこ」の常連であることが窺えますし。

 

 

実写映画【るろうに剣心】の感想一言

朱縫shuhou
一応実写映画だけ観た人にも楽しめるようにはなっていますが、やっぱり原作を読んでるのと読んでないのとでは面白さが半減すると思います。

「るろうに剣心」は(ジャンプコミックスで)全28巻しかありません。

ぜひ読破してからご覧ください!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【るろうに剣心】を観たくなったら

実写映画続編【るろうに剣心 追憶編(か?)】の前に!キャスト一覧や相関図まとめ
2012年に1作目、2014年に前後編となる2作目と3作目が公開され大ヒットとなった実写版【るろうに剣心】。そして2019年には最新作の公開が予定されています。公開に先駆けてシリーズ全作や原作漫画との違いなどについてまとめました。
【るろうに剣心 京都大火編】かっこいい場面だけ羅列してみた
【るろうに剣心 京都大火編】/2014年/日本/邦画/少年漫画「るろうに剣心」の実写映画の続編。平和な新時代を守ろうとする人斬り抜刀斎を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【るろうに剣心 伝説の最期編】感動した部分と残念な部分について
【るろうに剣心 伝説の最期編】/2014年/日本/邦画/少年漫画「るろうに剣心」の実写映画の続編、第二部。明治を生きる幕末の人斬り抜刀斎を描いた映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
トップへ戻る