子供に常日頃から「ありがとう」「大好き」と言い続けた結果

To share

こんにちわ、朱縫shuhouです。

本日は長女のチョー子(仮名)の3歳の誕生日でした。

友達親子と一緒に動物園で楽しんだお話です。

いつもの動物園…しかし何かが違った

いつもはばあちゃんと私とチョー子と次女のジ子(仮名)と4人で行くことが多い動物園。

夫は日曜は仕事なのです。

今日はたまたま日程があったので小学校2年生と幼稚園年中の姉妹がいる友達親子と一緒に行きました。

大きいお姉ちゃんがいて嬉しかった様子

ふだんは(当たり前ですが)自分が一番上で、ジ子はまだ歩き出したばかりで手がかかり私を独り占めすることができないチョー子。

寂しかった訳でもないのでしょうが、今日は小学校2年の大きいお姉ちゃんが一緒に行ったことで大はしゃぎ!

「次ペンギン行こ!」「次キリン見よ!」と、小学生に負けじと走り回っておられました。

できるようになったこと

誕生日だったこともあり、なんとなく成長が見えた今日の動物園。

なんと今日1日で2つも今までできなかったことができるようになりました!!

1人でトイレを完結できた!

トイレ自体は、保育園では順調にトイレトレーニングが進んでいるのに家では3ヶ月かかった話の記事にも書いたとおり、先日見事にオムツ外れ完了しました。

なんと本日はさらに、
トイレに行く → ドアを開けて鍵をかける → ズボンとパンツを下ろして便器に座る → 用を足す → パンツとズボンを履く → 鍵を開けて個室から出て手を洗う

までの一連の行動をすべて1人でやってのけました!!!

動物園にしっかりした子供用の小さなトイレが完備されていたこともありますが、まだオムツが外れてほんの1ヶ月程度なのに!

すげーぞチョー子!!!

1人で遊具に乗れた!

その後動物園併設の小さな遊園地へ。

みんなで飛行機に乗ってぐるぐる回る遊具に乗ることになりました。

「1回200円(2歳以下は無料)
 

…うわー…。

今日(3歳)からいよいよ色んなところでお金がかかってくるわなー…。

そう思いながらチケットを買いに行ってくれるという友達に、私の分とチョー子の分合わせて400円を渡しました。

友達がチケットを買って戻ってくると、

「朱縫さん、この飛行機3歳から保護者なしで乗れるみたいですよ」

なぬっ?!

今日から3歳やでっ?!

「チョー子、1人で乗ってみるか?」

「乗る!」

…1人と言っても小学校2年生のお姉ちゃんが一緒に乗ってくれてるんですが、乗り込むところから降りてくるまで終始ハラハラでした。

「立ったらあかんで!」

「バーをしっかり持っとくんやで!」

…まるで過保護のPTA会長です。(偏見)

しかし飛行機に乗ったチョー子は立ち上がることも泣き出すこともなく、しっかりバーを握って、私の前を通過するたびに嬉しそうに「バイバ~イ!」と手を振っていました。

そして母に伝えてくれた「ありがとう」

なんだか今日1日で幸運にも我が子の成長をたくさん目の当たりにすることができたなあとホクホク気分で帰宅しました。

お風呂に入ったあと、いつも夫が寝かしてくれるのでおやすみバイバイをするのですが、その時です。

いつものように「チョー子おやすみ!」と言うと、突然チョー子がもじもじと

「お母さん、誕生日(してくれて)ありがとう。大好き

と言ってくれたのです。

言葉は少し足りませんでしたが十分に伝わり、涙が出ました。(←感動屋さん)

チョー子より母の私が幸せだったチョー子の3歳の誕生日のお話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

To share