ボタン型スピーカーPechat(ペチャット)の使える機能3選!

To share

しゃべるぬいぐるみPechat(ペチャット)を使ってみた感想!

こんにちわ、朱縫shuhouです。

この記事は「ぬいぐるみがしゃべる?!ボタン型スピーカーPechat(ペチャット)!」の続きになります。

去年のクリスマスプレゼントとして1歳の次女のジ子(仮名)にぬいぐるみをおしゃべりにすることができるボタン型スピーカーPechat(ペチャット)を買いました。

今日はそのPechatを実際に使ってみた個人的な感想を書いていきたいと思います。

ターゲットだった1歳児はちょうど間[はざま]だった…

お陰様で3歳の長女のチョー子(仮名)には欲しがっていたカーズのアクションコースをプレゼントしまして、大変お喜びいただきました。

繰り返しますがこれを欲しがっていたのは「長女」です。ウチには男の子はいません。

…なぜかぬいぐるみや人形に見向きもしないんですよチョー子は…くすん。

女子っぽいものも買ってみたかった私はまだ自己主張がよく分からない(主張してるけど伝わらない)1歳のジ子に有無を言わさずPechatをプレゼントすることにしました。

結論から言います。

1歳にはちょっと早いかも知れません。

いや正確には「遅くて早い」かな…。

Pechat(ペチャット)の感想3

Pechatには「あかちゃん」という機能があります。

離れた場所で泣いている赤ちゃんの泣き声を検知してくれたり、泣き止みやおやすみの音楽を奏でる機能がついているのです。

しかしこの機能を使うにはジ子はもうデカすぎる…。

かといってPechatをつけたぬいぐるみペチャ太郎(仮名)が話しかけてもキョトンとしてるだけで思ったより喜びませんでした。

意外にも喜んだのが3歳のチョー子。

「うわっ!しゃべった!お母さんしゃべった!」

と目をキラキラさせながらペチャ太郎を振り回してくれました。(やめてーボタン取れる~壊れる~)

「0歳児」「2歳児以上」ぐらいがおすすめなんじゃないでしょうか。

どうやらちょうどそのハザマにいるジ子は、Pechat適齢期までしばらく待つ必要がありそうです。

ちなみにすでにチョー子には「ボタンからセリフが聞こえてくる」ことはバレています
朝起きてPechatの電源が切れていると、「お母さんペチャ太郎しゃべるようにして~(=電源入れて)」と言いながら持ってきちゃうほど綺麗さっぱりバレています、ええ、目の前で私がPechatの電源を入れとりますよ。

3歳ともなると割とすぐバレてしまうと思います。

しかしご安心ください。

「ここから何か聞こえる」と思っているだけで、どういった原理でしゃべっているかなんてよく分かってません。知らん顔してスマホいじってますが、私が密かに操作してることも分かっていない様子です。

縫い付けるのはやっぱり止めました

そもそもPechatはまず本体をぬいぐるみに縫い付けるかくくりつけるかの過程を経てから使用する訳ですけど、
ペチャ太郎は40センチくらいの大きな犬のぬいぐるみでして、いざ縫い付けようとするとPechatを充電する時にぬいぐるみが邪魔になることが判明し、結局ヘンプ糸で首からぶら下げることになりました。

Pechat(ペチャット)の感想9

まあでもこれならぬいぐるみが変わっても使えるし、ペチャ太郎がしゃべり出してから子供達もぬいぐるみやおもちゃを大切に扱うようになった気がするので意外と取れたりすることもありませんでした。

Pechat(ペチャット)のおすすめの使い方

Pechat(ペチャット)の様々な機能の中から、現在私が主に使っている厳選機能を3つご紹介します。

Pechat(ペチャット)の説明1

Pechat(ペチャット)の説明4

Pechat(ペチャット)の説明3

Pechat(ペチャット)の説明2

Pechat(ペチャット)おすすめ機能①名前を呼ばせる

Pechatには名前を登録することができます。公式サイトを見ても何語登録できるのかは不明でしたが、とりあえず「チョー子ちゃん」「ジ子ちゃん」の2語は難なく登録できました。

Pechat(ペチャット)の感想10

普段しゃべっている発音に近い感じに設定できるのですが、どれを選んでもどうしてもコンピューター感が残るのはもう諦めましょう。

名前を呼ばれていることしかまだよく分からないジ子が元気に手を挙げて「へい!」と返事をするのがかわいいので何回もやってしまいます。(何回やっても「へい!」と返事してくれる)

Pechat(ペチャット)おすすめ機能②自発的な行動を促す

娘達は保育園に通っているので朝はいつも戦争状態。

なんとPechatはそんな時にも使えました!

「セリフ」機能の中に「幼稚園・保育園」というのがあって、そこには実に細かくお母さん達のかゆいところに手が届くセリフが用意されているんです。

Pechat(ペチャット)の感想6

「セリフ」選択

Pechat(ペチャット)の感想7

「幼稚園・保育園」選択

Pechat(ペチャット)の感想8

ええ感じのセリフがたくさん用意されています!

親が言ってもちっとも準備が進まないのにペチャ太郎を通して促すとなぜかテキパキと用意をする子供達…。

親の威厳はどこへ。

朝飯作って片付けて自分の準備もして弁当作って…と朝の忙しい時間にスマホをいじってセリフを言わすのも正直大変ではあるんですけど、そうこうしながら自分で準備する癖が自然とついてくれることを期待しつつ今はペチャ太郎の力を借りています。

Pechat(ペチャット)おすすめ機能③まねっこさせる

これが究極の機能だと思います。

前出の「セリフ」機能は、基本的には誰かがずっとスマホをいじっていなければなりません。

掃除してたり洗い物してたり、手が離せない時使えるのがこの「おまかせ」機能です。

Pechat(ペチャット)の感想5

「おまかせ」を選択

Pechat(ペチャット)の感想1

延々としゃべってくれる「おまかせ」機能は2種類

「おしゃべり」まるで会話が通じているかのようにうまいことかわしながら延々としゃべってくれる機能ですが、チョー子は自分の声がオウム返しに返ってくる不思議な「まねっこ」の方が断然気に入っています。

まあ20分くらいは飽きずにきゃあきゃあ言いながら姉妹とペチャ太郎でまねっこ遊びしてくれます。20分稼いでくれれば風呂掃除とトイレ掃除ができちゃいます。布団干しに行くことも可能です。洗濯物もたためます。

ブラボーペチャ太郎。

まだまだ使える機能は未知数!

言うてもまだ私も使い出してから日が浅いので、付属の機能を模索段階です。「英語」機能もまだ試せていませんし。

付属の機能だけでなく、デフォルトでは搭載されていない歌やセリフを「ストア」から購入することもできます。アプリで配信されているのでこれからどんどん機能が増えていく期待も持てます。

こんなおもちゃがあったら嬉しかったやろな~と幼い頃を懐かしみつつ、近代おもちゃの恩恵を受ける高齢母の感想でした。

Pechat(ペチャット)のレビュー

最後に他のユーザーさんの評価を集めてみました。

概ね好意的な評価ばかりでしたよ。ご検討の一助になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。