子供の知育に効果は?幼児(3歳児)とタブレットで遊んでみた体験談その1

To share

こんにちわ、朱縫shuhouです。

先日タブレットPCを購入いたしました!

私が使うのと長女のチョー子(仮名)が遊ぶのと半分こってことで。

私は基本的には子供にTVを延々観せるのもスマホでゲームさせるのも嫌いです。

うちのチョー子なんかは特にTV観たりゲームしたりしていると、まったくしゃべらなくなります。

その間親子のコミュニケーション0ですよゼロ!!

子供にいい影響を与えるはずがないと思っています。

そんな私がタブレットを買ったのです!

それも(半分は)チョー子と遊ぶために!

まだ買ったばかりでどんなことになるか皆目分かりませんが、チョー子に変化があれば随時記事を更新していこうと思っています。

子供にどのくらいおもちゃを買ってあげていますか?

事の発端はお友達の家に遊びに行った時です。

チョー子と同じ年の3歳の妹と、小学校1年生のお姉ちゃんがいるお家です。

ちょっと遠いので私たちがいつもお邪魔することになるのですが、そのお家にはまあ おもちゃがあるわあるわ。

1部屋をおもちゃ(遊び)部屋にするくらいおもちゃがあります。

以前からその姉妹がおもちゃをたくさん持ってるのは知ってましたが、今回久しぶりにお邪魔するとさらに、

ノートPCまで増えてるじゃないですか!

(子供用のね)

さらにさらに、

もうすぐ誕生日だと言うお姉ちゃん、誕生日プレゼントに

任天堂DSを買ってもらうそうで!!

…うちはと言えば。

高齢母(私)があれをしたら○○に良くない、あんなもんはすぐに飽きるから買っても無駄やと規制するもんで

今チョー子と次女のジ子(仮名)の間で流行っているのはなんと 折り紙

その前に流行っていたのは本屋で見つけた500円くらいの パズル。

…いや。

折り紙とかパズルとかって絶対手先の運動にええけど?
ってもうなんか介護的発想?

そしてプリキュわぁ~とか妖怪ウォッちぃ~の録画を勝手知ったる様子でキャッキャッ言いながら観ているお友達姉妹に対し、私が観せていないので出てくるキャラクターがさっぱりわからないチョー子。

だって家でTVつけてないもん。

お友達のお家のアンパンマンノートPCや、ディズニータブレット物珍しそうに目をキラキラさせて触りまくるチョー子を見てなんだか不憫になってきて、

こんなに楽しそうにするなら買ってあげてもいいかなあと思った次第です。

おもちゃのタブレットを買うくらいなら○○の方がいい!

今回タブレットPCを検討する以前から思っていたことがあります。

もちろんおもちゃ屋さんでアンパンマンなどキャラクターもののタブレットPCやノートPCがあるのは知っていました。

タッチペンでピッピコたたく簡単な操作だけでミッキーマウスが「やったね!」と話しかけてくれていかにも楽しそうです。

でもあれって子供しか使えないですよね?

大人はもちろん、子供たちだって成長すればただのゴミだし、最悪の場合子供がすぐに飽きてしまっては格安で友人に譲る他に使いようがありません。

チョー子が赤ちゃんの時からすでに、もしタブレットを買い与えるようなことがあれば、本物のタブレットPCを買って共同で使った方が絶対いいわと思っていました。

夫もPCオタクですし。夫は夫でiPad持ってますけど。

「壊されるやん!」と思われるかも知れませんが、逆にものを大事にすることも教えられるのではないかと…。

おもちゃをバンバン乱暴に扱っていても「はあもー好きにしてー」とうんざりして放置してしまうこともありますが、タブレットPCを粗末に扱うとなると「こりゃー!大事に扱わんかーい!」とこちらも本気で挑むことができます。
(ホントに壊されたらたぶんキレますけど)

本気で叱られることによっておもちゃにしろタブレットPCにしろ、ものを丁寧に扱うことが身についてほしい、なんて、欲張りにもこんな二次的効果も期待してます。

破った瞬間に絶対取り上げ!約束は徹底して守らせる!

買うまでに何度も訊ねました。

「絶対約束守れる?」

「約束破ったら二度と遊ばないからね」

「それでもいいなら買ってあげる」

チョー子は「大丈夫!絶対守る!」と張り切っておりました…ホンマかいな。

そして掲げた約束3箇条がこちら。

これらを守れなければ即刻取り上げです。

約束①時間を決める

まずこれです。絶対に時間は決めます。

ゲームの途中で投げ出す癖がついても困るなーと思い、最初は時間ではなく「ゲーム○回」としていたのですが、「1回」の区切りがゲームによってまちまちなので止めました。

改定された最も重要な約束その①は

「1日15分!時間が来た時にやってるゲームが終わったらおしまい!」

です。

約束②勝手に触らない

チョー子も背が高くなってきたし、手を洗う時に使う踏台などを活用する知恵もついてきて、少し高いところに置いているくらいでは書類やスマホを勝手に取って触っていることがあります。

タブレットPCも例にもれず。

ロックつきの戸棚の中にしまってしまえばいいのかも知れませんが、目の前にエサがあってもちゃんと約束を守れるようになってほしいので、あえて届きそうなキッチンカウンターのところに置いています。

2つめの約束は

「ここに置いてるけどお母さんがいいって言った時だけ取ってね」

です。

約束③声に出しながら遊ぶ

集中力が高い(と親ばかに思っている)チョー子は、本当にぬりえでも積み木でも一旦集中すると周りを一切シャットアウトします。

一人で入り込まれてしまうとTVと何ら変わりはありません。せっかく「一緒に」遊ぼうと思って買ったタブレットもさっぱり意味がなくなってしまいます。

よっぽど手が離せない時以外は私(もしくは夫)とチョー子とジ子(と時々飼い犬のウピ)で並んでみんなでタブレットを覗き込みながら遊んでます。

3つ目。

「できるだけ声をかけあってみんなで遊ぼうね」

です。

お気に入りのゲームと成果

買ってすぐGooglePlayで検索して、最初に入れたアプリがこちら。
全然不便はないし良かったのでそのまま使い続けています。

子供用の知育アプリなんて単純な作業で完結するものばかりなので、子供の目に魅力的なデザインで操作性が良ければ特に色々比較検討する必要もないかなーって感じです。


ワオっち!ランド
楽しく学べる知育ゲームが全部無料で遊べる子供向けアプリ

幼児向けの知育ゲームが満載の子供向けアプリです。
数やひらがな、迷路やパズルなど、豊富な知育ゲームを26個ラインアップ。
幼児期に必要な力を楽しく育み、最後まで全て無料でお楽しみいただけます。
※Android版は25個です。

子供向け知育アプリ「ワオっち!ランド」の詳細

無料でいっぱいゲームがあって大人も(まあまあ)楽しくて、3歳のチョー子も使いやすそうです。

25種類(iOSの場合は26種類)のゲームがありますが、中には3歳ではちょっと難しそうなものもあるので、あと数年は遊べるやんウハハって思ったりしています。

現時点でのチョー子のお気に入りは点を数字の順番に結んでいくゲーム

最初はまごついていましたが購入して1週間ほどで「1つ飛ばし」(1→3→5→7…)という難しいバージョンもこなせるようになりました。

ひらがなを書くゲームもあるので、「タブレットで遊ぶためにノートにひらがなを書いて勉強する」って使い方でもいいかなあとか思っています。

今のところは15分経って声をかけると素直に「面白かった!また明日する!」とちゃんとタブレットPCを返してくれます。

さてどこでボロがでるのでしょうか…。
今後のチョー子にご注目ください。

ちなみにジ子はまだ1歳なのでまったく触らせていません。たまに覗き込んでくるだけです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。