全90作!歴代アカデミー賞ランキングはこちらから

【羊たちの沈黙】タイトルの意味は?人食いハンニバルを生みだした傑作

ミステリー・サスペンス
 20秒で読める概要とあらすじ

1991年/アメリカ/監督:ジョナサン・デミ/出演:アンソニー・ホプキンス、ジョディ・フォスター、スコット・グレン、テッド・レヴィン、アンソニー・フィールド/第64回アカデミー作品・監督・主演男優・主演女優・脚色賞受賞

FBI訓練生のクラリス・スターリングは、現在収監中の元精神科医ハンニバル・レクター医師から女性が殺害後皮を剥がれる連続猟奇殺人事件に関する助言を聞き出す任務を命じられ「人食いハンニバル」と交流する。

※このブログはネタバレしようがしまいが気にせずただ映画について書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ガラス越しに対峙するクラリスとレクター博士

©The Silence of the Lambs/羊たちの沈黙より引用

怖いのが苦手な私は、「怖そう…」という理由だけで避けているホラー映画やサスペンス映画がいくつかあります。

【羊たちの沈黙】も大ヒットしていたにもかかわらず公開当時は全く観る気になれませんでした。

 

今ではあの映画館の大画面でレクター博士の迫力を味わってみたかったなあと少し後悔しています。

 

 

しかもエグいのはエグいけど別に「怖い」って内容じゃなかった…(がっくり)

 

サスペンス映画の傑作【羊たちの沈黙】です。

 

 

アンソニー・ホプキンスVSジョディ・フォスター

私が最初にアンソニー・ホプキンスを観たのはたぶん【アトランティスのこころ】だったと思います。とても上品で善良な好々爺の役で、優しそうな俳優さんだわーという印象でした。

 

そんな私が【羊たちの沈黙】のハンニバル・レクター博士を演じるアンソニー・ホプキンスを観た時の衝撃たるや想像してみてください。

口ぽっかーんです。

めっちゃこわい異常者ですやーん!

 

 

ところで、【羊たちの沈黙】は4部作で完結し、この【羊たちの沈黙】はその1作目にあたります。

公開年順
【羊たちの沈黙】(1991年)
【ハンニバル】(2001年)
【レッド・ドラゴン】(2002年)
【ハンニバル・ライジング】(2007年)
時系列順
【ハンニバル・ライジング】(2007年)
【レッド・ドラゴン】(2002年)
【羊たちの沈黙】(1991年)
【ハンニバル】(2001年)

 

主人公のFBI訓練生クラリス・スターリングを演じアンソニー・ホプキンスに引けを取らない存在感で観客を魅了したジョディ・フォスターですが、同じ役は演じないポリシーを持っているようで、4部作のうち彼女が出演しているのは【羊たちの沈黙】のみ。

【ハンニバル】のクラリスもジョディ・フォスターだったらどんな風になってたかなあ~と未だに考えてしまいます。

 

 

女性を殺害し皮を剥ぐ猟奇殺人犯の心理とは?

FBI訓練生のクラリスは、世間を震撼させている殺した女性の皮を剥いで遺棄するという連続猟奇殺人事件の犯人”バッファロー・ビル”を探すヒントを得るため、服役中の元精神科医で凶悪殺人犯のハンニバル・レクター博士と面会することになります。

(「FBI捜査官」ではなく「FBI訓練生」というこの設定がまた良い。まだ未熟でトラウマを抱えるクラリスがレクター博士に懐柔されまいともがく姿に現実味を持たせてます)

 

レクター博士は「異常者」と鑑定されているため刑務所ではなく精神病院に収監されていますがその警備は厳重で、窓もなく光も差さない地下奥深くのガラス張りの独房に閉じ込められています。

レクター博士に会うまでに、彼の頭脳の明晰さと残忍な性質を知る人々から散々注意されるクラリス…。

誰ぞ
気いつけてな
誰ぞ
絶対油断すんなよ
誰ぞ
聞かれても絶対自分のことは話すな
誰ぞ
柵だけじゃなくてガラスでも隔てられてるけど、そのガラスにも近づくな

 

ちょいちょいなんなんよ…

やめてよ余計怖くなるやん…

 

隔てられたガラスに意味などない

何重にもロックされた鉄格子の扉を開けレクター博士が収監されている地下に辿り着くと、左手に別の入院患者の独房が2~3室並んだ細い廊下の先にポツンと椅子が用意されています。

 

どうやらその椅子の前にあるのがレクター博士の独房らしい…。

 

 

その一番奥の独房で

 

収監されている他の精神病患者たちの前を通り抜けやってきたクラリスを待っていたのは

 

 

口元に笑みをたたえこちらを見据える落ち着いた雰囲気の紳士…

 

 

精神病院に収監されているレクター医師

©The Silence of the Lambs/羊たちの沈黙より引用

 

やられた。

もうこのシーンで観客全員レクター博士に食われます。

 

 

大声で自己主張してるわけでも
BGMが効果を演出しているわけでも
表情がアップで映し出されるわけでもないのに、

ただ立ってこちらを見据えているだけなのに、

 

突然ヌメっとした空気に自分ごと周囲が飲み込まれていくみたいです。

 

人を射抜くレクター医師の視線

余りに危険な人物のため、廊下とは鉄格子だけでなくガラスで隔てられているのですが、

そんなもん意味ないです。

ガラス越しでも普通に殺されそうです。

 

レクター博士の目力

©The Silence of the Lambs/羊たちの沈黙より引用

 

特に目ヂカラ

元精神科医ということも影響してか、人の心の奥深くまで見透かすような強烈な視線…

ともすれば震え上がって腰が抜けそうなところを、クラリスは感情を悟られまいと気丈にレクター博士と対峙します。

 

 

「羊たちの沈黙」の意味は?

現在も上院議員の娘が”バッファロー・ビル”に誘拐されていて早急な事件解決を迫られるFBIに対し、レクター博士は情報を教える見返りとしてクラリスに自分の過去を話すことを要求します。

 

クラリスのトラウマに興味津々

その要求をした時点で…いえきっと最初に会った瞬間からクラリスが「何か」を抱えて苦しんでいることは分かっていたのでしょう。

 

クラリスは最愛の父を亡くした後に引き取られた酪農を営む伯父のもとで、明け方に屠殺される子羊たちの悲鳴(彼女にはそう聞こえた)を聞いたことが強烈なトラウマになっていました。

それを聞き出したレクター博士は満足気に”バッファロー・ビル”を特定するヒントをクラリスに教えてくれるのです。

子羊を抱くクラリスの肖像

©The Silence of the Lambs/羊たちの沈黙より引用

 

救えなかった子羊たちを今度こそ

タイトルの「羊たち」が指すのは、クラリスの幼少期に救えなかった子羊たちであり、彼女のトラウマである。彼女がFBI捜査官となり上院議員の娘を救うことによって、トラウマを克服する(羊たちの悲鳴が止む)という物語である。

出典:Wikipedia

 

【羊たちの沈黙】…「羊たち」はクラリスが見殺しにするしかなかった「農場の子羊たち」の意味と、原題【The Silence of the Lambs】の「Lamb」という単語からは「子羊=いけにえとされる動物の代表」の意味としても受け取ることができます。
すなわち【羊たちの沈黙】の場合は「猟奇殺人事件の被害者たち」です。

 

クラリスは自身のトラウマそのものである「子羊たち」と被害者を重ね合わせ、事件を解決することで今でも聞こえる悲鳴を鳴り止ませて(=「沈黙」)トラウマを克服しようとしているのです。

 

今回の事件とクラリスのトラウマとの共通点をその洞察力で即座に見抜いたレクター博士が、事件解決後クラリスに「子羊たちの悲鳴はまだ聞こえるのか?」と問いかけた時は背筋がぞわっとしました。

 

 

えっ架空の人物でしょ?Wikipediaには「ハンニバル・レクター」のページまであるよ

現実にこんな人の心を見透かす凶悪殺人犯に付け狙われたらどうしたらええねんと想像したらビビッて夜も眠れません。

 

「人食いハンニバル」殺した被害者の臓器を食すことで知られる紛れもない凶悪殺人犯なのに、クラリスに対する紳士的な振る舞いからどうしても心底憎むことができません。

逆に「味方(?)になってくれたらこれほど頼りになる人もいない」と思わせます。

 

「いやいや、殺人鬼やからその人」と言い聞かせなければならないほどの不可思議なカリスマを持ったハンニバル・レクター博士の物語。

時間が許せば4部作まとめて一気に観てしまうのもいいかも知れません。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【羊たちの沈黙】を観たくなったら

トップへ戻る