歴代アカデミー最優秀作品賞ランキングBEST90

【オズの魔法使(1939)】あらすじと感想。枕営業の方が有名?

旅の仲間終結 ミュージカル
©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

 

映画の概要と注意事項

1939年/アメリカ/監督:ヴィクター・フレミング/出演:ジュディ・ガーランド、レイ・ボルジャー、ジャック・ヘイリー、バート・ラー、ビリー・バーク、マーガレット・ハミルトン、フランク・モーガン/第12回アカデミー作曲・歌曲・特別賞受賞

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

「虹の彼方のどこかに(Somewhere Over The Rainbow)」

©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

陽気で優しい仲間達と励まし合いながら自分の未来を切り拓く、希望にあふれた映画の内容とは裏腹に、主人公のドロシーを演じたジュディ・ガーランドの人生を大きく歪ませてしまったことでも有名になってしまった映画。

 

セピア色のカンザスから一転、トルネードで家ごと吹き飛ばされたドロシーが扉を開けると彩り豊かなオズの国が広がる演出は何度見てもため息が出ます。

【オズの魔法使(1939)】です。

 

 

映画【オズの魔法使】のあらすじザックリ

カンザスの農場に住む少女ドロシーはトルネードに襲われて愛犬のトトや自分の家とともに魔法の国オズへ運ばれてしまう。北の魔女に「エメラルド・シティのオズの魔法使いならカンザスへ戻してくれるだろう」と教えてもらったドロシーは、案山子・ブリキ男・ライオンと出会い共に旅をする。

 

 

「オズの大魔法使い」に願いをかなえてもらおう!

カンザスの農場でエムおじさんとヘンリーおじさん、そして下働きのハンクとヒッコリーとジークと暮らすドロシー(ジュディ・ガーランド)は、虹の向こうに素敵な世界が待っていると信じてる夢見る少女。

カンザスの農場で暮らすドロシー

©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

ジュディ・ガーランドが透き通った声で歌う「虹の彼方のどこかに(Somewhere Over The Rainbow)」を聞いていると、思わず体ごと左右に揺れてしまいます。

 

1939年の映画だとてあなどってはいけません。

観てない人はホントに一度は観た方がいい。

ドロシーと飼い犬トトはもちろん、頭脳が欲しい案山子かかしレイ・ボルジャー)、心が欲しいブリキの木こり(ジャック・ヘイリー)、勇気が欲しいライオン(バート・ラー)、魔女っぽすぎる西の魔女(マーガレット・ハミルトン)、妖精っぽすぎる北の魔女(ビリー・バーク)、ハッタリでこれまで押し通してきたオズの魔法使い(フランク・モーガン)、ワサワサとかわいらしいマンチキン(小人)達など、出てくる人出てくる人みんながみんな、原作小説のイメージまんま。

西の魔女VS北の魔女

©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

そして幻想的なオズの国の描写も考えられないほど美しい。

今観るとショボいセットも(それでも80年も前に作られたとは到底思えません)、セピア色のカンザスの景色を冒頭で数分観せることによって、カラーになった瞬間「うわ、綺麗!」って思わせる効果を生んでいます。

エメラルドの都へ!

©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

ハラワタ(ワラ)を引きずり出されてぺしゃんこになった案山子、虹色にきらめく球体に乗って現れる北の魔女、自由自在に空を飛び回り、最後には煙となって解けていく西の魔女(しかもノーカット!)など、CGなどなくてもこれほどドリーミーなファンタジー映画を作れるものかと思わずうならずにはいられない傑作です。

 

 

当たり前だったハリウッドの闇

このようにすんばらしい映画だってのに、私ときたらドロシーが映るたびに、

朱縫shuhou
朱縫shuhou
この時はラリってんのかな?
朱縫shuhou
朱縫shuhou
この俳優とは寝たんかな?

とか下世話なことばっかり脳裏をよぎってしまうワケですよ。

可憐な少女ジュディ・ガーランド

©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

だってその可憐で清楚な外見と雰囲気からは想像もできませんが、ドロシー役のジュディ・ガーランドは、枕営業と覚せい剤の常習者としても有名だもんで。

当時から(ハリウッドに限らず)芸能界では「キャスティング・カウチ」と呼ばれる、日本で言えば「枕営業」なるものが横行していましたが、なんとジュディ・ガーランドが最初に大手映画会社MGMのプロデューサーとベッドを共にしたのは13歳だったと言われています。

さらにMGMとの専属契約を手にした後、太りやすい体質だった彼女は「やせ薬」として覚せい剤を常用、心身ともにむしばまれた挙句、たった47年という短い生涯を閉じています。

 

「太りやすい体質」って…。

まさにこの【オズの魔法使】出演時もちょっとぽっちゃりはしてますけど、逆にむっちりと健康的で彼女の魅力が増してるような気がしますけどねえ?

細ければいいってもんじゃないでしょうに…。

 

「生き急ぐ天才」を稀に目にすることがありますが、ジュディ・ガーランドも間違いなくそんな言葉にふさわしい人物のひとりでしょう。

こんなにかわいいジュディ・ガーランド

©The Wizard of Oz/オズの魔法使より引用

 

 

映画【オズの魔法使】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
役を取るために気持ち悪いオッサンと寝なければならない女優も気の毒ですけど、いち視聴者としては例えば実力もない大根女優が枕営業だけでのし上がって行くのも迷惑ですよね

枕営業はんたあ~い!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【オズの魔法使】を観たくなったら

名作を知れば、映画はもっと楽しくなる

歴代米アカデミー賞最優秀作品賞受賞の90作を所感と解説を交えてランキングしました。

鉄板の名作映画を探す時におすすめ。

全部観た?不朽の名作映画を脳裏に刻もう

コメディ・ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SF・アクション・洋画・邦画…国も時代もジャンルも超えた不朽の名作映画1001本の一覧。

あなたが映画好きならきっと、眺めているだけでもワクワクしてくるはず。

ミュージカル
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづっている人
朱縫shuhou

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

「天衣無縫に映画をつづる」をフォロー
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る