クリスマスに集まる一族

【クリスマス・ストーリー】カトリーヌ・ドヌーヴ主演のホームドラマ

2008年/フランス/監督:アルノー・デプレシャン/出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン=ポール・ルシオン、マチュー・アマルリック、アンヌ・コンシニ、メルヴィル・プポー、エマニュエル・ドゥヴォス

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

難解な終わり方
©Un conte de Noël/クリスマス・ストーリーより引用

理解しやすく娯楽性の高いハリウッド映画に慣れてる日本人にはとっても難解なフランス映画。

ハリウッドとは技法がまったく違うので、予想もしてないタイミングで急に画面が切り替わったり、想像していた心情とは正反対の音楽が突然流れたりします(例えば「つらいんだろうなあ…」と思って観てたら陽気な曲が流れたり)。

 

でもハリウッドにはないこの独特の雰囲気はやっぱり癖になる。

そしてクリスマスにはなぜか必ず思い出してしまう妙な映画、【クリスマス・ストーリー】です。

 

 

 

映画【クリスマス・ストーリー】のあらすじザックリ

夫のアベルと暮らすジュノンは、ある日台所で倒れこむ。病院から戻ったジュノンは、難病に冒されている自分が助かる唯一の道は骨髄移植であることをアベルに告げる。それは2人の長男ジョゼフの命を奪った病でもあった。アベルは子供たちに手紙を書き、血液検査を受けてほしいと頼む。

 

 

4人の子供に恵まれた夫婦を襲った悲劇

フランスのルーベという町で暮らす夫婦アベル(ジャン=ポール・ルシヨン)とジュノン(カトリーヌ・ドヌーヴ)。

ある日ジュノンが難病に侵されていることが発覚します。

未だに美しいカトリーヌ・ドヌーヴ
©Un conte de Noël/クリスマス・ストーリーより引用

タヌキみたいなちんちくりんのアベルの妻が未だに気品と美しさを失わないカトリーヌ・ドヌーヴ扮するジュノンという設定もちょっとびっくりするんですけど、自分の体が病魔にむしばまれているというのにまるで他人事のように振舞うジュノンにも驚かされます。

ジュノン
死亡率は75%なんですって。
ジュノン
焼かれるように痛むそうよ?

いやそれ全部自分の身に降りかかってることでっせ?

ショックすぎて自分の置かれた状況を受け止めきれないにしても、その淡々と病状を語る姿は異様。

ジュノンだけでなく最愛の妻が死ぬかもしれないアベルにしても割と冷静。

 

アベルとジュノンの最初の息子ジョゼフは幼い頃に同じ病気で亡くなっているので、難病に罹患しやすい血族であることは分かっていて覚悟していたような感じです。

 

ジュノンには骨髄移植が必要

ジュノンに適合する骨髄を探すため、アベルは子供や孫に検査を受けるようにお願いします。

 

アベルとジュノンには4人の子供がいますが、前述の通り長男ジョゼフはすでに他界。

 

長女のエリザベート(アンヌ・コンシニ)は戯曲家として成功しているものの息子のポール(エミール・ベルリング)が精神的に不安定で手を焼いてます。このポールが1人目の骨髄適合者

 

2人目の適合者は次男のアンリ(マチュー・アマルリック)。アンリはジュノンとエリザベートと確執があり素行も悪く、6年前に一族から勘当されていましたが、これを機に恋人のフォニア(エマニュエル・ドゥヴォス)を伴って平然と実家に戻ってきます。

実家にやってきたアンリ
©Un conte de Noël/クリスマス・ストーリーより引用

 

エリザベートとアンリの仲裁役になることも多い三男のイヴァン(メルヴィル・プポー)は妻のシルヴィア(キアラ・マストロヤンニ)と2人の息子を儲けています。イヴァン夫婦にはイヴァンの従兄弟で親友のシモン(ローラン・カペリュート)も同行。

列車で実家に向かうイヴァンとシルヴィアとシモン
©Un conte de Noël/クリスマス・ストーリーより引用

奇しくも季節はクリスマス。

様々な問題を抱えた一族が数年ぶりにアンリとジュノンの待つ家に集まることになるのです。

 

クリスマスはあんまり関係ないかも

タイトルにがっつり「クリスマス」って入ってますけど、内容としてはあんまりクリスマス関係ないかも。

たまたまクリスマスが近かったんで、ジュノンの病気をきっかけに一族が集まっただけ。別にこれが盆の集まりでも正月の集まりでもいいわけで。

クリスマスに一族が一堂に会す
©Un conte de Noël/クリスマス・ストーリーより引用

親戚が集まってクリスマスパーティーなんて楽しそうで何よりって感じですけど、この家族のギスギスぶりったらない。

 

ジュノンは公然とアンリのことを嫌いだと言ってのけるし、エリザベートは同じ空間にいるだけでも具合が悪くなるほどアンリを嫌悪しています。しかも嫌っている具体的な理由は明かされない。

ポールは幻覚を見たりして一人でこの映画にホラー感を出してくるし。

優しいイヴァンだけはまともかと思いきや、妻のシルヴィアが親友シモンとベッドインしている現場を見てもスルー。修羅場はどうした。

一族の長であるアベルにはほとんど発言権はなく傍観者を決め込んでいて、骨髄移植後に突然ジュノンの病室を訪れたアンリはマスク越しでも分かるいたずらっぽい笑みを浮かべてコイントスで遊ぼうと誘う…。

コイントスしよう、ママ!
©Un conte de Noël/クリスマス・ストーリーより引用

一見するとなんのこっちゃワケ分からなくなる群像劇ですが、フランス映画独特の手法と雰囲気と昼ドラのようなドロドロとした人間関係に引き込まれて最後まで一気に鑑賞してしまうこと請け合い。

しかもラストは期待したものとは全然違うというウルトラC付き。

 

クリスマスにギスギスするのは映画の中だけにしましょうね。

 

 

映画【クリスマス・ストーリー】の一言感想

朱縫shuhou
朱縫shuhou
コインの裏表はどないやってん。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

クリスマス・ストーリー [DVD]
紀伊國屋書店
参考価格:¥ 5,280
OFF: 21%
¥ 4,180
クリスマスに集まる一族
更新情報ひたすらつぶやいてます。