全90作!歴代アカデミー賞ランキングはこちらから

【クレイマー、クレイマー】離婚訴訟の親権争いの際には是非参考に

ヒューマン
 10秒で読める概要とあらすじ

1979年/アメリカ/監督:ロバート・ベントン/出演:ダスティン・ホフマン、メリル・ストリープ、ジャスティン・ヘンリー、ジェーン・アレクサンダー/第52回アカデミー作品・監督・脚色・主演男優・助演女優賞受賞

仕事仕事で家庭を顧みないテッドについていけなくなったジョアンナは幼い息子ビリーを置いて唐突に家を出ていく。最初は何もかもうまく行かなかったが、次第にテッドの中の「仕事」と「息子」の比重が逆転していく。   

※このブログはネタバレしようがしまいが気にせずただ映画について書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

オフィスにビリーを連れてくるテッド

©Kramer vs. Kramer/クレイマー、クレイマーより引用

ダスティン・ホフマンがアカデミー主演男優賞を獲った作品なので、タイトルはずっと知っていました。

【クレイマー、クレイマー】

 

でも、【クレイマー、クレイマー】と思っていました。

えっと、そう、原題も【kramer,kramer】だと思っていたんです。なんか動物でも呼ぶ掛け声かいなーみたいな。

 

ところが映画のクレジットを見てびっくり、

【Kramer vs. Kramer】じゃあ~りませんか!チャーリー浜風)

 

なんやめっちゃかっこええやんけ原題!!

 

【Mr. & Mrs. Smith】なんて足元にも及ばないセンスの良さ!(個人の感想です)
邦題も【Kramer vs. Kramer】でええやん!

 

…と思いましたが一転、日本人が慣れない英語でタイトルを口にすることを想像すると…

【くれいまーばーさすくれいまー】と、急に野暮ったくなるので、やっぱり【クレイマー、クレイマー】に限っては邦題をすっきりまとめたのは正解だったと思います…。

 

 

どんな理由があって母親が子供を置いていくのか

物語はジョアンナ(メリル・ストリープ)が何やら思いつめた表情で旅行鞄に荷物を詰め込むシーンから始まります。

関係ないけど若い頃のメリル・ストリープって、ちょっとキーラ・ナイトレイに似てる…。

荷造りをするジョアンナ

©Kramer vs. Kramer/クレイマー、クレイマーより引用

 

そこへ出世が濃厚となり浮かれポンチ状態のテッド(ダスティン・ホフマン)が仕事から帰宅。

テッドが大きな仕事を任されたことを伝えようとするのをさえぎってジョアンナは言います。

ジョアンナ
別れたいねん。

私が使ってた鍵これ、置いてくね。

あとクレジットカード2枚と、クリーニングの引換券ね、取っておいでや。ここ置いたよ。

ほな

 

テッドぽっかーん…

 

一応引き止めてはみますが、ジョアンナの決意は固く、そのまま家を出て行ってしまいます。

 

おお??

なんやなんや??

 

ほれみろ子供が自責の念に駆られている

テッドですら何が起こったのかにわかには理解しがたい状況…幼い息子ビリー(ジャスティン・ヘンリー)などにいたっては言わずもがな。

最初は「お父さんがいるから」とテッドに励まされ頑張りますが、日に日に元気がなくなっていきます。

 

ビリー
お母さんがいなくなったのは僕のせい?
朱縫shuhou
いかなる理由があろうともこんなこと子供に言わせたらあかんやろがあーっ!!

しかもビリーが超かわいい!!!

 

うがーっ!!

 

 

孤軍奮闘する父…一度は夫にやらせてみたい

妻に出て行かれた仕事人間の夫なんてこんなもんですわね。朝ごはんにフレンチトーストを作るだけでもキッチンで大騒ぎ。何がどこに置いてあるか、それすらわかろうはずもありません。

妻側の立場である私としては、この辺りは密かに一瞬ニヤっとしてしまうシーンではあるのですが。

 

父子として当たり前のこと

ビリーを第一に考えるようになったテッドは、大事なクライアントを逃がし、会社を解雇されてしまいます。

しかし後のジョアンナとの裁判に勝つためには無職では話になりません

テッドは大幅に年収はダウンするものの即採用してくれる会社を見つけ幸運にもすぐに再就職することができました。

 

しかし「今日でクビ~」ってそれ…、アメリカの労働者ってこんなに守られてないの?

日本ではそんな不当な解雇はできないでしょうに…。80年代ってまだこんな時代だったのかしら…怖い。

 

自転車の練習をするテッドとビリー

©Kramer vs. Kramer/クレイマー、クレイマーより引用

あれだけ出世の鬼だったテッドは、今までの人生の生き甲斐ともいうべき仕事を失っても今や目に見えて活き活きとしています。

 

公園で初めて1人で自転車に乗れた息子と、その息子の写真を撮る父親の仲睦まじい光景。

じんわりきますよね。

 

それにしてもビリーはかわいい。

 

 

出て行った日と同様に突如平穏をぶち壊す女

父と息子、2人きりの生活もやっと落ち着きを見せてきた頃、突然ジョアンナがテッドの前に現れます。

ジョアンナ
ビリーと暮らしたいの

 

はあ?

さすが名女優メリル・ストリープ、観ててイライラさせる演技まで完璧です。

 

この裁判勝てたのでは?やっぱり「母親」には負ける?

結局ジョアンナの申し入れは裁判にまでもつれ込み、【クレイマー、クレイマー】の後半は法廷劇となります。

裁判はテッドの弁護士が唐突に子供を置いて家を出たジョアンナの精神的弱さを指摘し、テッド側に有利に動くかと思われました。

 

が…

 

ジョアンナの弁護士はテッドの年収が著しく落ちた理由を尋ねます。

ジョアンナの弁護士
あなたは解雇されたのですね?
テッド
解雇じゃない!

会社の上層部と意見の相違があって…

テッドはしどろもどろ…

法廷でビリーの養育権を争うテッド

©Kramer vs. Kramer/クレイマー、クレイマーより引用

ジョアンナの弁護士は「解雇」という点で、裁判官の心証を悪くしようとして、テッドもそれを避けようとしているわけですが、
解雇は解雇でも「お前がビリーを棄てて出て行ったせいで仕事に支障が出て解雇されたんやろがっ!」とは持って行けなかったんですかね?

「仕事もおろそかにしてしまうほどビリーを大事にしとったんじゃ!」って。

 

 

………無理?

勝ててたんちゃうん?

 

あ 気が付いたら裁判の結果書いてもーてますね。

はい、結局裁判では負けてしまい、ビリーはジョアンナに引き渡されることになります。

 

 

こんな終わり方観たことない

ラストシーンめっちゃ好きです。

ネタバレもここまでにしとこう。
ラストシーンはご自身で確認してくださいね。

 

父親として立派に成長したテッドも、振り回されて可哀想なビリーも、小憎たらしいジョアンナも、いっぺんにみんなが愛しくなりますよ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【クレイマー、クレイマー】を観たくなったら

トップへ戻る