歴代アカデミー賞ランキングBEST90

【きっと、うまくいく】名言を残すランチョーと宇宙飛行士のペンがヤバい

コメディ
©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用
映画の概要と注意事項

2009年/インド/監督:ラージクマール・ヒラーニ/出演:アーミル・カーン、シャルマン・ジョシ、ボーマン・イラニ、カリーナ・カプール、オミ・ヴァイディア

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

恋のダンスは定番だね

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

いやあ~、面白い。

ホント、ボリウッドはハマるとハマる。

ハマらないと一生ハマらない。

 

どうしてこうも大真面目に意味不明なダンスとベタな笑いとシリアスな感動を絶妙にブレンドして名画に仕上げてくるんでしょう…。

安定の3時間だけど(171分)全然飽きない、もっと観ていたい。

 

超学歴社会と言われるインドの難関大学に通う親友同士の3人を通して「教育」や「学歴」について考えさせられる映画、【きっと、うまくいく】です。

参考 ボリウッド=インド・ムンバイのインド映画産業全般につけられた俗称。

 

 

名言あふれる映画【きっと、うまくいく】のあらすじザックリ

大学時代の親友ファルハーンとラージューは、もう一人の親友で卒業以来消息不明のランチョーを探すため、居場所をつかんだらしい同級生のチャトルの車に飛び乗る。10年前、インド屈指の難関工科大学の寮で同室だった3人は、頭脳明晰だが個性的なランチョーを筆頭に学長の目の敵にされていた。

 

 

飛行機を緊急停止させズボン履くのを忘れるほどの人物「ランチョー」とは

飛行機の離陸を待つファルハーン(R・マドハヴァン)に一本の電話。

ファルハーン
ランチョーが…?

電話機を落とさんばかりに顔色が変わっていくファルハーン。

 

電話を切ったファルハーンは急病人のフリをして離陸寸前の飛行機から降ろしてもらいます。

空港で偉い人の出待ちをしているタクシーに強引に乗り込み、学生時代の親友ラージュー(シャルマン・ジョシ)に電話をかけます。

ファルハーン
ラージュー!

ランチョーが見つかった!

惰眠をむさぼっていたラージューはズボンも履かずに家を出て、迎えにきたファルハーンのタクシーに同乗。

2人はランチョーの居所を知るというちょっとイタい同級生チャトル(オミ・ヴァイディア)と合流し、ランチョーを探しに出掛けます。

ファルハーンとラージュー

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

チャトルの高級車に揺られながらファルハーンは、10年前の学生時代に想いを馳せるのでありました。

 

飛行機の離陸もなんのその、ズボンを履くのも忘れるほどの人物「ランチョー」(変な名前)とは一体どんな人物なのか…。

大したことないやつやったら怒るで。

 

「お前医者かエンジニアなれな」えっ!二択?!

近年はここまで極端ではなくなっているにしろ、まだまだインドでは「子供の将来は医者かエンジニア」という考えの親が根強いそうです。

まさかの二択。

 

【きっと、うまくいく】でもそれは例外ではなく、ファルハーンが産まれるや父親は「この子は将来エンジニアだ!」と勝手に決めてしまいます。

成長したファルハーンは密かに動物写真家になりたい夢を持ち始めますが、決して裕福ではない経済状況の中勉強がはかどるようにとファルハーンの部屋にだけエアコンを付けてくれた両親への感謝と期待を忘れることはなく、猛勉強の末に難関工科大学に合格

お勉強中の3人

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

郵便局長だった父親が事故で半身不随となって寝たきりのラージューの家はもっと貧乏。

ラージューさえ優秀なエンジニアになってくれれば…と生活を切り詰めて学費に充ててくれています。

 

みんなが決死の覚悟で、大学長(ボーマン・イラニ)の言葉を借りるなら「他人を蹴落として」、この難関大学に入学してきたのです。

 

若い時のトム・ハンクスにちょっと似てるこの小男が…どうかした?

ファルハーンとラージューは学生寮でランチョーと同室になります。

ランチョーが大学に姿を現したのはファルハーンたち新入生が先輩のいびりに遭っていた時。

ランチョー初登場

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

先輩に言われるまま裸になり踊らされてる新入生。遅れてきたランチョーも服を脱いで新入生に混じるように命令されますが、完全無視。

怒った先輩を逆に即席で作った「武器」でいてこますランチョー。

 

あは。

なんか面白そうな変な奴…。観客の興味は一気にこの挙動不審な小男に持ってかれるでしょう。

しかもただの天才設定の変わり者ではありません。

ランチョーという人物を見ていて私が一番意外で好感を持てたのは、彼が結構泣き虫だったこと。何かと言えばうるうるするんです。

 

誰もが恐れる学長や先輩に毅然と立ち向かい、チャトルにいたずらしてゲラゲラ笑い、テストでは1番を取り、血も涙もないような人間離れした部分があるランチョーですが、感動した時や哀しい時は普通に、ごっつ泣くんですよ。

天才ゆえにともすれば無感情でロボットのようになりがちなランチョーの、この人間臭さがすごく好きです。

 

ちなみに、ランチョー役のアーミル・カーンは撮影時44歳だったそうです。とっつぁん坊やにもほどがありますよね。

 

 

宇宙飛行士のペンとランチョーの名言の数々

セリフの1つ1つが軽快で機知に富んでておしゃれ。何気ないセリフや設定の中にも細かい伏線がいくつも張られていて、伏線が回収された時の爽快感がたまりません。

宇宙飛行士のペンの下り

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

学長とランチョーとの「宇宙飛行士のペン」のエピソードなんかは分かりやすい感動ドコロですけど、ランチョーが恋人ピア(カリーナ・カプール)と最初に出会った時の会話なんかも地味に最後まで絡めてきよるんで、よく聞いておくと楽しいかも。

 

以下、記憶に残ったランチョーの名言の一部。

 

「成功を追うのは間違いだ。優秀なら成功はついてくる」

教科書を丸暗記するので試験は高得点だけど、全然学問が身についていないチャトルに対して言った言葉。

チャトルの演説

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

ランチョーは学長や講師にも何度かこのニュアンスのことを口にしていて、終始ブレないキャラクターが彼の魅力を増しています。

 

「奴が君の前に現れた時さっとベールがそよいで月が大きく輝いた?」

なんでも金に換算して価値をはかる“値札男”と付き合ってるピアに問いかけた言葉。

 

インド映画好きな人ならすぐに分かると思いますけど、そうです、これはフリです。

ピアが本当の恋をした時にさっとベールがそよぐための、フリです。

さっと風が吹くピアの恋

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

 

「ゆうパックの方がよかった?」

元郵便局長だったラージューの父親が危篤状態に!

緊急を要したランチョーはピアのバイクに3人乗りして父親を病院へ担ぎ込みます。

その後病院へ駈け込んできたラージュー。

ラージュー
ランチョー!

重病人をバイクに乗せて運ぶなんて!!

ランチョー
ゆうパックの方がよかった?

 

「両親が遺体を見る時のことを考えろ」

超学歴社会インドでは学生の自殺が後を絶たないそうです。

学長

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

作中でランチョーが自殺者データを持って学長に物申す場面もあります。

実際に自殺する者も出てきます。

 

自分には「学問をする」という明確な目的があっても、そんな現実もあることを知っているランチョーがファルハーンに言った言葉。

 

いいですよね親目線のこのセリフ。

どれだけつらくてももうひと踏ん張りできそう。つらくてつらくて死んでしまいたくても、親が自分の葬式を出すことを考えると、あと少しだけ力が湧いてきそう。それが「逃げる」力だっていいから、とにかく子供には親より先に死んでたまるかと思って欲しい。

 

これを聞いたファルハーンは両親に「僕は自殺は絶対にしない」と誓います。

 

「うまーくいーく」

邦題にもなっているセリフ。なんやったら邦題も字幕通り【きっと、うまーくいーく】にして欲しかった。

ランチョーが住んでいた村の夜警がこう唱えながら村を巡回していたそうな。

 

ランチョーは「困難が発生した時に唱えろ」と言っていますが、勘違いしてはいけないのは、この呪文(?)を唱えたからと言って困難が去るワケではないということ。

困難を無視できるんですって。

 

ランチョーはこのセリフを、神をあがめ指の数よりたくさんのお守りの指輪をはめている臆病なラージューに対して言っています。

要するに「開き直れ」ですよ。(ちゃうか?独自の解釈)

うじゃうじゃ言うとる間に「うまーくいーく」って唱えて困難を無視して次の手でも考えろってことでしょ。何もかもが「うまーくいーく」って、明るいビジョンを常に持っとくと人生ハッピー。

モナの赤ちゃんを抱く学長

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

状況によって色んな取り方ができるこの言葉は、お腹にいる赤ちゃんだって大好きなんですから。

 

 

こんな親友を持ってほしい、こんな人物になって欲しい

私は娘が赤ちゃんの頃から冗談半分によく言ってます。

朱縫shuhou
あんたたちは玉の輿に乗るんやで~

やっぱり金かい!と恥ずかしくなりますねえ~。言うこと浅いですねえ~。ランチョーやったらなんて言って育てるんですかねえ~。

 

先立つものは絶対必要ではあるけれど、お金なんて分相応に、生きていけるだけあればそれでいいのかもしれません。

…余るほど持ってたって、税金いっぱい取られるしなあ。

チャトルをおちょくる3人

©3 Idiots/きっと、うまくいくより引用

それよりも家族と良い関係を築くことや労を惜しまず自己を高める知識を得ること、心から分かり合える親友やパートナーを見つけることの方がよっぽど大事であると再認識させてくれる映画です。

 

そしてランチョーはやっぱり飛行機を緊急停止させてズボンを履くのを忘れてでも会いにいくに値する男でした。

ランチョーのような親友に10年ぶりに会えるとしたら、私だってパンツ一丁で飛行機を停めてみせます。

 

 

映画【きっと、うまくいく】の感想一言

朱縫shuhou
しかしこの【きっと、うまくいく】がヒットすると言うことは…

やっぱり現実にインドの子供たちを取り巻く環境は映画のように悲惨なんですかね?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【きっと、うまくいく】を観たくなったら

かわいいだけじゃ絶対ない…でもあなたのためなら頑張れる

妊娠・出産・かわいい赤ちゃんとの生活、子供の教育から親子の絆、さらにはひとりで子供を育てることを決断するに至るまで…

子育てをテーマとした映画をまとめました。

コメディ
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

ブックマークもフォローもお気軽に
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る