【チップス先生さようなら】ロバート・ドーナット

【チップス先生さようなら(1939)】あらすじと観た感想。先生良いこと言ってる

【チップス先生さようなら】ロバート・ドーナット

1939年/イギリス、アメリカ/監督:サム・ウッド/出演:ロバート・ドーナット、グリア・ガースン、テリー・キルバーン、ジョン・ミルズ、ポール・ヘンリード、ジュディス・ファース、リン・ハーディング、ミルトン・ロズマー/第12回アカデミー主演男優賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【チップス先生さようなら】ロバート・ドーナット
©Goodbye, Mr. Chips/チップス先生さようならより引用

原作は何度も映像化・舞台化されているイギリスの同名文学小説。

モデルになった人物がいるにはいるみたいだけど実話ではありません。

 

映画の大半は教育者の かがみのような人物アーサー・チッピング(愛称“チップス先生”)(ロバート・ドーナット)の回顧録になっているので少々面白みに欠けますが、学生時代を思い出してノスタルジックな気分に浸ることができます。

【チップス先生さようなら(1939)】です。

主演のロバート・ドーナットは25歳から83歳までのチップス先生をひとりで演じきりオスカーを獲得しています。

 

 

 

映画【チップス先生さようなら(1939)】のあらすじザックリ

1928年のイギリス。15年前に教師を退職している83歳のチッピングは、暖炉の前で暖まりながら過ぎ去りし日々に思いを馳せる。彼が教師生活をスタートさせたのは1870年。25歳のチッピングはラテン語の新任教師としてブルックフィールド・スクールに着任するのだった。

 

 

チップス老先生の名言

1492年創立の歴史ある学校ブルックフィールド。

今年もここで多くの生徒たちが始業式を迎えます。

【チップス先生さようなら】
©Goodbye, Mr. Chips/チップス先生さようならより引用

ところが今年はこの58年間で初めて、ブルックフィールドの生き字引である83歳のチップス老先生が風邪で欠席していました。

チップス先生は自宅の暖炉の前でうとうとと、これまでの教師生活を夢うつつに振り返るのでした。

 

【チップス先生さようなら】ロバート・ドーナット
©Goodbye, Mr. Chips/チップス先生さようならより引用

今でこそチップス先生は生徒や同僚から愛され学校になくてはならない人気者ですが、新任時代から数年間は、度を越した生真面目さで生徒から煙たがられる存在でした。

教育熱心であることは間違いないけど何しろ勤直で娯楽にのめり込むこともなく人間味に欠けるため、授業以外で生徒が駆け寄ってくることなんて皆無。

 

そんなチップス先生を変えたのはスカートで自転車に乗って旅行をする風変りな美女キャサリン・エリス(グリア・ガースン)。

かなりの年齢差があるにもかかわらずひと目で惹かれ合った2人は、出会った旅行中にそのまま電撃結婚。チップス先生は学校の近くでキャサリンと暮らし始めます。

朱縫shuhou
この展開の早さはちょっと笑う!

キャサリンがいなかったらチップス先生はただの近寄りがたく真面目過ぎる教育者で終わってたはず。

だってね、キャサリンは真面目一辺倒だったチップス先生に、「生徒たちを家に招いて親しくなって、冗談のひとつも言いなさい」ってアドバイスするんです。堅苦しい“チッピング”と言う名前を可愛らしく“チップス”と呼び始めるのも彼女。

【チップス先生さようなら】ロバート・ドーナットとグリア・ガースン
©Goodbye, Mr. Chips/チップス先生さようならより引用

お陰でチップス先生は毎年終業式ともなれば連休前の別れを惜しむ生徒たちに囲まれる人気者になるんです。

 

抑揚の少ない映画だけどラストの生徒たちに向けたチップス老先生のスピーチにはジンとくる何かがあります。

引退してもまた私を訪ねてきて欲しい。

もし名前を言えなくてもボケたと思わないで欲しい。

私は今の君たちを覚えているのだ。

そこが肝心だ。

出典:【チップス先生さようなら】字幕

あなたが20代ではこの言葉の深みは十分に伝わらないかも知れません。増してやこの言葉を聞いている10代の生徒たちなんて全然意味が分かってないことでしょう。

 

歳を取っても若い頃の自分を覚えてくれている人がいるっていうのは、本当に嬉しいことなんです。その人と話をするだけで輝いていたあの頃に戻ったような気にさえなってくる。

同年代の「友達」じゃダメなんですよね。

ずっと変わらぬ存在でいて、未熟だった自分達を覚えていてくれる人がいるなんて、素晴らしいことだと思います。

 

オスカー女優グリア・ガースン初出演作

ところで、存在感抜群のキャサリンを演じたグリア・ガースンはなんと、これが映画初出演

【チップス先生さようなら】ロバート・ドーナットとグリア・ガースン
©Goodbye, Mr. Chips/チップス先生さようならより引用

グリア・ガースンはこの3年後に【ミニヴァー夫人】でオスカー獲ってます。

個人的にはミニヴァー夫人よりキャサリンの時の方が良い演技してると思う。狙ってない初々しさが功を奏して余計にオーラ全開なのかな。

関連記事

1942年/アメリカ/監督:ウィリアム・ワイラー/出演:グリア・ガースン、ウォルター・ピジョン、テレサ・ライト、デイム・メイ・ウィッティ、リチャード・ネイ/第15回アカデミー作品・監督・主演女優・助演女優・脚色賞受賞注※この[…]

ミニヴァー夫人

 

 

映画【チップス先生さようなら(1939)】の感想一言

朱縫shuhou

チップス先生はなにしろ58年間も学校にいるので、今いる生徒たちのお父さんやおじいさんも教え子だったりします。

現校長も37年前のチップス先生の生徒。

子供のいないチップス先生の教え子全員が自分の子供だと言うセリフも暖かい。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【チップス先生さようなら】ロバート・ドーナット
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG