【ビッグ・アイズ】クリストフ・ヴァルツとエイミー・アダムス

【ビッグ・アイズ】あらすじと観た感想。ホラーじゃないけど目が怖すぎる

2014年/アメリカ/監督:ティム・バートン/出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、ダニー・ヒューストン、テレンス・スタンプ、クリステン・リッター、ジェイソン・シュワルツマン

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

絵が売れて売れてたまらんキーン夫妻
©Big Eyes/ビッグ・アイズより引用

1994年の映画【エド・ウッド】以来となるティム・バートン監督による伝記映画。

関連記事

1994年/アメリカ/監督:ティム・バートン/出演:ジョニー・デップ、マーティン・ランドー、サラ・ジェシカ・パーカー、パトリシア・アークエット、ジェフリー・ジョーンズ、ビル・マーレイ、リサ・マリー、ジュリエット・ランドー/第67回ア[…]

【エド・ウッド】ジョニー・デップとサラ・ジェシカ・パーカー

 

癖のある役柄に定評のある【イングロリアス・バスターズ】クリストフ・ヴァルツがまたしてもユニークな人物を好演しています。

関連記事

2009年/アメリカ/監督:クエンティン・タランティーノ/出演:ブラッド・ピット、イーライ・ロス、ティル・シュヴァイガー、ギデオン・ブルクハルト、B・J・ノヴァク、オマー・ドゥーム/第82回アカデミー助演男優賞受賞注※このサ[…]

悪者ヴァルツ

今度の役柄は「営業力は半端ないけど虚言癖のある夢破れた男」

 

1950年代から1960年代にかけて世界中でブームを巻き起こした「大きな目の子供の絵(ビッグ・アイズ)」を巡る物語、【ビッグ・アイズ】です。

 

 

 

映画【ビッグ・アイズ】のあらすじザックリ

娘を連れて夫と別居をはじめたマーガレットは、画家のウォルター・キーンと出会う。出会ってまもなく二人は結婚をした。ウォルターは自分が描いた大きな目を持つ子供の絵“ビッグ・アイズ”シリーズを大量に売る会社を設立したが、実際はそれらの絵はすべてマーガレットが描いたものだった。

 

 

まるでホラーな怖い絵画“ビッグ・アイズ”シリーズ

昔々、やたらとデカい目をした子供の絵ばかり描く画家がいたんだとさ。

その名はパリで一週間絵を描いたことがご自慢の口の達者な芸術家、ウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)。

 

彼はキャンバスに描かれた絵画を売るのではなく、量産したカードやポスターを薄利多売でぼろ儲け、いつしか誰もが知る大先生となっていたそうな。

 

ところがこれらの“ビッグ・アイズ”シリーズは、実は彼の妻マーガレット・キーン(エイミー・アダムス)が描いたもの。

絵を描くマーガレット
©Big Eyes/ビッグ・アイズより引用

それらを「自分が描いたもの」として大々的に売り出したウォルターと、自分の作品が夫の作品として世に出たことに納得いかないマーガレットは、“ビッグ・アイズ”シリーズは自分が描いたものだとしてお互い譲らず、ついには裁判にまでもつれ込んでしまいます。

裁判所を出るマーガレット
©Big Eyes/ビッグ・アイズより引用

 

私はキーンの絵を素晴らしいと思う。

万人に愛されるのは魅力があるからだ。

ーーーーアンディ・ウォーホル

出典:【ビッグ・アイズ】字幕

映画の冒頭にアンディ・ウォーホルのこんな言葉が引用されていたりするんですけど、ええもちろんウォーホルくらいは知っています。まあベタに、これ↓ですよね。

しかし私はこの映画を観るまで“ビッグ・アイズ”シリーズは存じ上げませんでした。

もちろん作者のウォルター・キーンもマーガレット・キーンも知りません。

 

絵心や芸術作品とは無縁の私が、映画【ビッグ・アイズ】で初めてマーガレット・キーンの「やたらと大きな目の子供」の絵画を見た時の感想はただひとつ。

ビッグ・アイズシリーズ
©Big Eyes/ビッグ・アイズより引用

怖っ。

めちゃくちゃホラーやん。

 

見てると不安になってくる。

正直申し上げまして私は絶対にこんな絵家に飾りたくない

 

ホントに当時こんな絵が流行ったの?

芸術的に素晴らしいんだかどうなんだか分かんないけど、デッサンの狂いまくったこんな顔の配置の人間がもし現実に存在したら、こんなこと↓になるんですよ?

ビッグ・アイズな怖い人々
©Big Eyes/ビッグ・アイズより引用

怖いってだから!

 

ウォルター・キーンがどうしても譲れなかった部分

ところで最初の私の語りとは逆で、映画本編では妻のマーガレットが自分の描いた絵を夫であるウォルターに、まるで「乗っ取られた」かのように描かれます。そして「乗っ取った」ウォルターの方は、虚言癖のある精神異常者のように描かれる。

 

そうです、【ビッグ・アイズ】はマーガレット目線なんです。

 

…ええ、主人公マーガレットなんで、当たり前なんですけど、ええ。

フリーマーケットで出会ったウォルターとマーガレット
©Big Eyes/ビッグ・アイズより引用

でもこの物語がマーガレット目線であるのって、恐らくですけど、監督のティム・バートンも脚本家もスタッフも、製作陣みんなが“ビッグ・アイズ”シリーズのファンだからじゃないの?って思います。

“ビッグ・アイズ”シリーズをただの「気持ち悪い目をした子供の絵」としか捉えられない私からすれば、「この程度の絵」(失礼)を世に売り出したウォルターの手腕の方が稀有 けうで抜きんでている。マーガレットの「絵の才能」よりもウォルターの「マーケティング能力」の方が高いと思うんですよ。

でもアンディ・ウォーホルだって絶賛したんでしょ?

誰が売り込んでもいずれ認められてたんとちゃうの?

いやいや、上記の引用文をよく読んで考えてみてください。

 

ウォーホルだって“ビッグ・アイズ”シリーズが「芸術的に」優れているとは言ってないでしょ?

飽くまでも「万人に愛されている」ことが素晴らしいのであって、引用文から作品自体を評価しているニュアンスは感じられません。

 

営業力と商才を駆使して“ビッグ・アイズ”シリーズに万人に愛される価値を生み出したのは他ならぬウォルターなんですよね。

 

だから、キーン夫妻は普通に、妻のマーガレットが絵を描いて、夫のウォルターがそれを販売していればよかったんですよ。

妻の絵を売るウォルター
©Big Eyes/ビッグ・アイズより引用

でもそれができなかった。

 

理由のひとつは単純で、1950年代という時代の風潮にあったんでしょう。

女性の社会進出がまだまだ珍しかった当時、女流画家の作品は受け入れられにくかったそうです。だからウォルターが描いたことにしておいた方が売れるんだ…というのがウォルター本人の弁。

これも彼のマーケティング能力のひとつと言えないこともない。

 

ふたつめの理由は、ウォルターも画家志望だったから。

 

芸術家を目指した人が一度でも「自分の作品」を認められる快感を味わってしまうと、もう引き返せなくなるのものなのではないでしょうか。

他人の才能を使って自分が認められても意味がないような気もしますけど、そこら辺を割り切れるタイプの人ならこんなにお得なこともないもんね。儲かるし、優越感に浸れるし、才能は枯渇しないし(元々ないから)。

 

物語の核となる絵画“ビッグ・アイズ”シリーズをただの「気持ち悪い目をした子供の絵」としか捉えられない人は、ウォルター目線で観てみると面白いかも知れません。

こんな気持ち悪い絵、私やったらよー売らへん。

 

これを売り込めるなんて、ウォルターの商才ってすごい…。

朱縫shuhou
朱縫shuhou

改めてウォルターの偉大さが身に染みると思います。

 

 

映画【ビッグ・アイズ】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
その後2000年にウォルター・キーンは死亡。

Wikipediaの彼のページには「アメリカの盗作者」と記載されています。

それ以外の肩書は見当たりません。

 

なんかもうちょっとつけてあげてもいいような気もするんだけど。

「スーパーバイヤー」とか「究極の営業マン」とか…(語彙無し)。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【ビッグ・アイズ】クリストフ・ヴァルツとエイミー・アダムス
更新情報ひたすらつぶやいてます。