無料お試し終了!解約方法・手順~TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)

To share

こんにちわ、先日大金をドブに捨てた痛手がようやく癒えてきたので焼肉でも食べたいわーと思っている主婦の朱縫shuhouです。

この記事は、
私が大金をドブに捨てた理由と、数ある動画配信サービスやDVDレンタルサービスの中からTSUTAYA DISCASを選んだ理由が書いてあるだけの記事、「30日間無料!TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)に入会します!」

からの、

「TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)入会方法と注意事項!」の記事の続きになります。

TSUTAYA DISCASに入会して早1ヶ月弱…。

まだまだ借りたい古い映画は数あれど、ひとまず「無料お試し期間終了」となりましたので、ホントにスルッと分かりやすく解約させてくれるのか検証してみました。

そして私は再び入会します。

TSUTAYA DISCASを選んだ動機から入会方法・解約方法までを一連の記事にしたかっただけ。わは。

TSUTAYA DISCAS解約方法・手順

手続きに必要なもの

●入会時に設定したメールアドレスとパスワード
朱縫shuhou
準備が整ったらTSUTAYA DISCASのサイト

GO! 

STEP1 マイメニューから解約申請画面へ

まずは「ログイン」して「マイメニュー」から「登録情報の確認」へ。

すると右側の中ほど、「宅配レンタル・配信サービス停止・解除申請」の枠の中に「サービス停止・解除申請」のリンクがあります。

ここをクリック。

STEP2 誘惑に耐える

出ました、「ホンマに解約しちゃってええの?」画面。

デカいフォントと魅力的なコピーでめっちゃ攻めてきます。強い意志を持って全部無視。

グリグリ~っとスクロールするとホントに下の方~に「続行する」のボタンが。

ここをクリックします。ふう。

STEP3 さらに誘惑に耐える

ちょっとびっくりした。

なんとTSUTAYA DISCAS、「ホンマに解約しちゃってええの?」

もう1ページかましてきます。

まるで解約しようとしている自分が損している気分になってきますが全然そんな事はないので、「無料お試しだけやってみたかっただけ!もういい!」って決めてる人は先ほどよりもさらに強い意志を持って無視。

スクロールグリグリ…。

…やっと出てきた…。

再び「続行する」ボタンをクリックします。

STEP4 解約手続き開始

ようやく停止の手続きに入ってくれます。今までのはTSUTAYA DISCASの営業。あざーす。

サービス向上を願って素直にアンケートに回答し、「サービス停止申請する」をクリックします。

アンケートの次にまたもサービス停止の意思を確認されます。意思確認というか最終注意事項ですけど。

確かさっきこのボタン押したような…デジャヴか?

だから申請するって言うとるやろ!(ここらでちょっとイラっとしてくる)

もっぺん同じ「サービス停止申請する」ボタンをクリック。

「サービス停止」

よっしゃ。

額に血管浮き出る寸前に終わってよかった。

…て

あれ?

「続けてサービス解除申請を行う」

さっきのが「停止」で、まだ「解除」が残ってんの?

何やねんややこしいな。まあええわ解除解除。

「サービス解除申請する」ボタンをクリック。

STEP5 解約手続き完了

ようやく「サービス解除」の案内が出ました!

登録していたメールアドレス宛てに以下の2通のメールが届いていれば完了です。

●「【TSUTAYA DISCAS】サービス停止完了のお知らせ」
●「【TSUTAYA DISCAS】サービス解除完了のお知らせ」

このメールはしばらく大切に保管しておきましょう。

TSUTAYA DISCASの無料お試しサービス「停止」と「解除」の違い

続けざまに「サービス停止」と「サービス解除」の手続きを取ってしまいましたが、双方の違いはこのようになっているみたいです。

 停止解除
サイトにログイン×
レビュー投稿×
登録情報の変更・閲覧×
リストへの登録・削除・変更×
サービス再開可能新規登録が必要

TSUTAYA DISCASホームページの『サービス「停止」と「解除」申請方法と違い(無料お試し)』に詳しく記載されています。

「TSUTAYA DISCASやーめた!もー一生使わな~い!」って人は停止と解除の両方の手続きを取って間違いありませんが、私のように再び入会しようと思っている人は「サービス停止」の手続きまでで大丈夫です。

よく読まず流れるように「サービス解除」までやってしまったので、再ログインしようとしたらアカウントが消えていてびっくりしました。

また新規登録せなあきません。はは。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

To share