演説するパットン

【パットン大戦車軍団】あらすじと観た感想。戦争賛辞?闘争愛?

演説するパットン

1970年/アメリカ/監督:フランクリン・J・シャフナー/出演:ジョージ・C・スコット、カール・マルデン、スティーヴン・ヤング、マイケル・ストロング/第43回アカデミー作品・監督・主演男優・脚本・編集・美術・録音賞受賞

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

パットン将軍
©Patton/パットン大戦車軍団より引用

ダメでしょこれ。

今観ると完全に時代錯誤。そしてそれを差し引いてもアメリカ人向け。平和ボケてる21世紀の日本人の、特に女性なんかは全然面白くないのではないでしょうか。

 

タイトルからして嫌な予感はしてたんですけどねえ…歴代アカデミー最優秀作品賞受賞作を全部レビューするって決めちゃったからさあ~…。

 

第43回アカデミー賞で なぜか 作品賞を始め7部門も受賞している【パットン大戦車軍団】です。

 

 

 

映画【パットン大戦車軍団】のあらすじザックリ

第二次世界大戦中、北アフリカへ着任してきたジョージ・パットンは、第2兵団司令官となる。現場の兵士を殴ったパットンは司令官を解任され一度はイギリスに戻されるが、ノルマンディー上陸作戦時に第3兵団司令官として復帰、その後のバルジの戦いで戦史に残る功績を上げる。

 

 

アメリカ陸軍の猛将ジョージ・パットン大佐

ジョージ・パットン (ジョージ・スミス・パットンJr George Smith Patton Jr.:1885年11月11日~1945年12月21日)とは、アメリカ合衆国陸軍将軍(最終階級中将)である。

二度の大戦において勇名をはせるなど功績の反面、舌禍事件など数々の不祥事も多く、毀誉褒貶のおおい人物でもあった。

出典:ニコニコ大百科

知ってます?この人。

私は【パットン大戦車軍団】を観るまで全然知りませんでした。

私が第二次世界大戦時のアメリカ軍で知ってる人物と言えば、パイプがトレードマークのダグラス・マッカーサーと第34代大統領でもあるドワイト・デビッド・アイゼンハワーだけ。

 

いやいや、バカにしないでください。女子ってそんなもんです。

あなたが男性なら彼女や奥さんに聞いてみてください。

あなたが女性なら共感してもらえると信じてます。

 

兵士たちの士気を上げたパットンの演説

映画はバカでかい星条旗の前にひょっこり現れたおっさん=パットン将軍(ジョージ・C・スコット)の演説から始まります。

演説するパットン1
©Patton/パットン大戦車軍団より引用

ノルマンディー上陸作戦の直前にアメリカ陸軍の第3軍に向けたもので、この演説によって「アメリカ陸軍ジョージ・パットン将軍」の名を広く知らしめたそうです。

全文引用するとめっちゃ長いんで、冒頭だけちょっと抜粋。

諸君、アメリカについての話題で、戦いを望まないとか、戦争から逃れる事を望んでいるとか、その手のものは全てデタラメだ。

アメリカ人は闘争を愛している。

全ての真のアメリカ人は、戦いの痛みやぶつかり合いを愛している。

諸君が子供だった頃、諸君ら誰もが賞賛したのはビー玉遊びの王者とか、一番足の速い奴、大リーグの選手、最強のボクサーだった。

アメリカ人は勝者を愛し、敗者を認めない。

アメリカ人は、常に勝つためにプレイする。

これこそ、アメリカがこれまでも、そしてこれからも負けを知らぬ理由だ。

やたらと負けを考える事はアメリカ人に対する冒涜である。

戦いとは、男が熱中できる最も重要な競技と言える。戦いは素晴らしいもの全てを発揮させ、それ以外の全てを消し去るのだ。

映画の冒頭でこれを言ってしまうのですよ。

兵隊の士気を上げるためとは云え、私には「戦争狂のおっさん」としか映りません。

 

名将だか猛将だか知りませんが

世界大戦中に平和主義唱えて無抵抗貫くやよしなんてことないでしょうが、こうも大々的に

パットン将軍

俺たち戦争大好き~!

フロンティアスピリットだぜ~!

と宣言したり、ドイツ軍の戦闘機に地上から拳銃で応戦しながら

パットン将軍
俺はここだ!来てみろ!ひゃっほーい!

とわめく姿には嫌悪感しかないです。

戦闘機に悪態つくパットン
©Patton/パットン大戦車軍団より引用

実際パットン将軍は戦間期に情緒不安定になったりもしてたみたい。戦ってないとダメなんですよねきっと。

私にとってはアメリカが自国の英雄を奉っているだけで面白くないばかりか、「戦争狂を賛辞している」としか受け取ることができなくて、すごく怖い映画です。

 

 

映画【パットン大戦車軍団】の感想一言

朱縫shuhou

でも戦時中は日本でもお国のために出征し死ぬことが名誉だとされていた訳で、例えばパットンのような上官がいたとして、上官に向かって「てめえ戦争狂じゃねーのバーカ!」なんて言った日にゃあ、その場で打ち首にでもされていたのでしょうかね?

 

こういった精神がほんの数十年前には当たり前だったなんて、ホントに恐ろしいことです。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

演説するパットン
更新情報配信中
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG