【フルメタル・ジャケット】ジョーカー

【フルメタル・ジャケット】あらすじと感想とハートマン軍曹の罵倒

【フルメタル・ジャケット】ジョーカー

1987年/アメリカ・イギリス/監督:スタンリー・キューブリック/出演:マシュー・モディーン、ヴィンセント・ドノフリオ、R・リー・アーメイ、アーリス・ハワード、アダム・ボールドウィン、ドリアン・ヘアウッド、ケビン・メージャー・ハワード、エド・オロス

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【フルメタル・ジャケット】ファミコン・ウォーズ
©Full Metal Jacket/フルメタル・ジャケットより引用

「ファミコンウォーズが出ーるぞ!」

(ファミコンウォーズが出ーるぞ!)

「こいつはドエライシミュレーション!」

(こいつはドエライシミュレーション!)

上の画像と活字を見ただけで任天堂のゲームソフト「ファミコンウォーズ」のCMが頭に浮かんだみなさんこんにちは。

本日の映画はこの「ファミコンウォーズ」のCMの元ネタになった戦争映画、【フルメタル・ジャケット】でございます。

 

いやー懐かしいわ(CMが)。

 

 

 

映画【フルメタル・ジャケット】のあらすじザックリ

ベトナム戦争時、アメリカ海兵隊に志願した青年ジョーカーは、海兵隊訓練キャンプで厳しい教練を受けることになる。鬼教官ハートマン軍曹の指導のもとで行われる訓練は、徹底的な叱責と罵倒、殴る蹴るの体罰が加えられ続けるという、心身ともに過酷を極めるものだった。

 

 

タイトル【フルメタル・ジャケット】の意味は?

いきなりファミコンの話から入ってしまったので(私の世代だと【フルメタル・ジャケット】と「ファミコンウォーズ」は切り離せない)、もしかしたら【フルメタル・ジャケット】をブラック・コメディか何かと捉えてしまった方もいらっしゃるかも知れませんね。

スタンリー・キューブリック監督による戦争映画の中には【博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか】という、まさしくブラック・コメディの傑作も存在する訳ですし。

関連記事

1964年/アメリカ、イギリス/監督:スタンリー・キューブリック/出演:ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン、スリム・ピケンズ、キーナン・ウィン、ピーター・ブル注※このサイトは映画のネタバレしよ[…]

ストレンジラブ博士(ピーター・セラーズ)

しかしながら【フルメタル・ジャケット】はそんな軽いノリで観られる映画ではございません。純粋で素直な私なんかは鑑賞後にズドーンと暗い気分になってしまう後味悪い系の映画です。

【フルメタル・ジャケット】ヴィンセント・ドノフリオ
©Full Metal Jacket/フルメタル・ジャケットより引用

タイトルの【フルメタル・ジャケット】ていうのは、弾頭が合金によって覆われた弾丸(フルメタル・ジャケット弾、FMJ弾)のことです。作中の字幕にも出てくるように、日本語では「完全被甲弾」と呼ばれます。

このフルメタル・ジャケット弾の特徴は、他の弾丸より貫通力が高く、土壌汚染も少ないってこと。

敵兵に当たっても貫通して体内に残らないからのちのちまで痛手を負わせることがなく(致命傷は与える)、戦地に残された弾丸から有害物質が染み出すことも少ない。あと安価。

 

つまりより平和的に戦争するため ・・・・・・・・・・・・の弾丸なんですね。

 

え?

 

ちょっとここら辺の矛盾がよく分かんないでしょ?

無垢な子供が聞いたら「そんな弾丸作らんでも、戦争せんかったら済む話やん」って言いますよ。

【フルメタル・ジャケット】ジョーカーとデブ君
©Full Metal Jacket/フルメタル・ジャケットより引用

タイトル【フルメタル・ジャケット】のみならず、終始本作で描かれるのはさまざまな戦争の矛盾

主人公“ジョーカー”(マシュー・モディーン)が「BORN TO KiLL 生来必殺」と書かれたヘルメットかぶって胸にpeace 平和バッヂをつけていること然り、鬼教官ハートマン軍曹(R・リー・アーメイ)がアメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディ暗殺の実行犯とされる元海兵隊員のリー・ハーヴェイ・オズワルドを射撃の名手として称賛すること然り。

 

加害者としてでも被害者としてでもなく、ただありのままに戦争を描いた映画です。

 

 

スタンリー・キューブリック監督の製作意図考察

マイケル・チミノ監督の【ディア・ハンター】が1978年公開、フランシス・フォード・コッポラ監督の【地獄の黙示録】が1979年公開、オリバー・ストーン監督の【プラトーン】が1986年公開ですから、1987年公開の【フルメタル・ジャケット】はベトナム戦争映画の中では“後発”の印象があります。

関連記事

1978年/アメリカ/監督:マイケル・チミノ/出演:ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、ジョン・カザール、ジョン・サヴェージ、メリル・ストリープ、ジョージ・ズンザ、シャーリー・ストーラー、チャック・アスペグレン/第51[…]

【ディア・ハンター】ロシアンルーレット
関連記事

1979年/アメリカ/監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:マーロン・ブランド、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、フレデリック・フォレスト、サム・ボトムズ、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッ[…]

【地獄の黙示録】マーロン・ブランド
関連記事

1986年/アメリカ/監督:オリバー・ストーン/出演:チャーリー・シーン、ウィレム・デフォー、トム・ベレンジャー、フォレスト・ウィテカー、ジョニー・デップ/第59回アカデミー作品・監督・編集・録音賞受賞注※このサイトは映画の[…]

【プラトーン】エリアス

でも他のベトナム戦争映画とは切り口がまったく違うんで、その存在感が薄れることは未来永劫ないでしょう。

【フルメタル・ジャケット】ジョーカー
©Full Metal Jacket/フルメタル・ジャケットより引用

そもそも【フルメタル・ジャケット】は「ベトナム戦争映画」の枠にはまりません。別に舞台は「ベトナム戦争」じゃなくても良いんですよ。これが第一次世界大戦でも第二次世界大戦でも、「戦争」であればなんでもいいでしょ。

最後にベトコンの幼い少女は出てきますけど、それもまあ敵国の幼い少年でも何でも良いんですよ(いや、ベトコンの少女が出て来るクライマックスの描写に関してだけは少々無理があるかも知れない…)。

 

ハートマン軍曹の罵倒からの“ミッキー・マウス・マーチ”

【フルメタル・ジャケット】の公開からさかのぼること30年、若きスタンリー・キューブリックがメガホンを取り「反戦映画の傑作」として高い評価を得た【突撃(1957)】でさえ、キューブリック自身は「反戦映画」として捉えられることに懐疑的だったと言いますから、声高らかに「戦争はんたーい!」と主張することが彼の狙いじゃないことは明白。

では「ありのままの戦争」を描くことで、スタンリー・キューブリックは観客に何を訴えかけたかったのか?

【フルメタル・ジャケット】
©Full Metal Jacket/フルメタル・ジャケットより引用

もしかしたらあれか。

“ジョーカー”や“ほほえみデブ”(ヴィンセント・ドノフリオ)を海軍のキャンプでとことん痛めつけるハートマン軍曹のセリフに何かが隠されているの?

【フルメタル・ジャケット】ハートマン軍曹
©Full Metal Jacket/フルメタル・ジャケットより引用
ハートマン軍曹
パパの精液がシーツのシミになりママの割れ目に残ったカスがお前だ!

 

もしくはラストでジョーカー達が歌う“ミッキー・マウス・マーチ”に何かが隠されているの?

【フルメタル・ジャケット】ミッキー・マウス・マーチ
©Full Metal Jacket/フルメタル・ジャケットより引用

考えてみたけど分からんわ。

 

 

映画【フルメタル・ジャケット】の感想一言

朱縫shuhou

スタンリー・キューブリック監督作としては珍しいことでもなんでもないけど、【フルメタル・ジャケット】の撮影には1年以上を要しています。

演技とはいえ1年以上もハートマン軍曹に「この汚れザーメン!」とか「肉布団め!」とかって罵倒され続けたら、頭おかしくなりそうや。

…聞いてる分にはおもろいけど。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG