【三つ数えろ】ハンフリー・ボガートとローレン・バコール

【三つ数えろ】あらすじと感想。原作「大いなる眠り」だけど脚本は絶対おかしい

【三つ数えろ】ハンフリー・ボガートとローレン・バコール

1946年/アメリカ/監督:ハワード・ホークス/出演:ハンフリー・ボガート、ローレン・バコール、ジョン・リッジリー、マーサ・ヴィッカーズ、ドロシー・マローン、エリシャ・クック・Jr

注※このサイトは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

【三つ数えろ】ハンフリー・ボガート
©The Big Sleep/三つ数えろより引用

前作【脱出(1944)】で大成功したハワード・ホークス監督が、再びハンフリー・ボガートローレン・バコールを起用して挑んだハードボイルド映画。

原作はストーリーが複雑であることで知られるレイモンド・チャンドラーの探偵小説「大いなる眠り」。

余りにも難解であるためホークスがチャンドラーに直接「詳しく説明してよ」とお願いしたところ、「俺にも分からん」と言われたらしい。

 

お前(作者)が分からずして一体誰が分かると言うのか。

 

でもホントそう。一回観ただけでこの映画の全容が分かる人なんているのでしょうか?

【三つ数えろ】です。

 

 

 

映画【三つ数えろ】のあらすじザックリ

1940年代のロサンゼルス。私立探偵フィリップ・マーロウがスターンウッド将軍の邸宅を訪れる。屋敷に住むビビアンとカルメンの姉妹は将軍の頭痛の種でもあった。将軍はガイガーなる人物からカルメンのことで脅迫されていてマーロウに解決を依頼する。依頼を受けて帰ろうとするマーロウを引き止めたのは姉のビビアンだった。

 

 

ハンフリー・ボガートとローレン・バコールの絡みが妖艶な“雰囲気名画”

「ストーリーが複雑」とは言え、小説でじっくり活字を読んだらまあ理解できないこともないんじゃないの?って思ってます。原作読んでいないんで勝手な想像ですけど。

つまるところ映画【三つ数えろ】が難解である原因は「脚本の悪さ」にあるんですよ、たぶんね。

 

スターンウッド将軍の依頼を受けるマーロウ
©The Big Sleep/三つ数えろより引用

まず大富豪のスターンウッド将軍から探偵フィリップ・マーロウ(ハンフリー・ボガート)への依頼の内容が不明瞭

ただでさえスターンウッド家の長女ビビアン(ローレン・バコール)は謎が多いのに、視聴者ウケを狙って無理矢理当時のビッグ・カップルであるボギー(ハンフリー・ボガートの愛称)とローレン・バコールそのものを彷彿させる意味深な会話を追加しているので益々何を言っているのか分からない

次から次へと出てくる新キャラクター新組織

キャラクターが増えるたびにうやむやにされていく直前の目的

行き当たりばったりで目の前の事件を追う主人公。

明かされることのない事件の全貌

 

意味が分からないにもほどがある。

 

それなのになぜか目が離せない。

 

そうです、「全然意味分かんないのに目が離せない」んです。これが【三つ数えろ】のすごいところ。

【三つ数えろ】ハンフリー・ボガート
©The Big Sleep/三つ数えろより引用

男に例えるなら“雰囲気イケメン”

よく考えたら男前でも何でもない。でも彼が醸し出す雰囲気はイケメン以外の何者でもない。

 

これを映画に当てはめるなら“雰囲気名画”

よく考えたら名画でも何でもない。でも作品が醸し出す雰囲気は名画以外の何物でもない。

 

熱視線を送り合うボギーとバコール

そしてその“雰囲気名画”であるためにはボギーとバコールの共演は欠かすことができません。

【三つ数えろ】ローレン・バコール
©The Big Sleep/三つ数えろより引用

15分に一度は交わされる二人の濃厚で艶やかな会話と会うたび縮まる距離感は、まるで【三つ数えろ】の撮影後にめでたくゴールインした彼ら自身の馴れ初めを描いているみたいでピンクのため息が出ます。

 

例えば最初にバコール(敢えて役名の「ビビアン」ではなく「バコール」と書きます)がボギーの事務所を訪れた時の、悩まし気に膝をさすっているバコールにボギーが「掻きなさい」と言う場面など、ラブラブの2人がかわいくて笑っちゃう。

©The Big Sleep/三つ数えろより引用

パーティ会場で離れた距離から粋な挨拶を交わす2人とかね。絶対他の客なんて見えてない。

【三つ数えろ】ハンフリー・ボガートとローレン・バコール
©The Big Sleep/三つ数えろより引用

お互いに「好きだよ」「好きよ」と何度も気持ちを打ち明け合ったりしますし、マーロウとビビアンの会話なのかボギーとバコールの会話なのか、映画と現実の境目が曖昧でドキュメンタリーを観てるみたい。

 

「撮影当時恋人同士だったスターの共演作」なんて他にいくらでもありますけど、「主演2人の私生活が脚本に影響を及ぼしている」とまで感じさせる映画は【三つ数えろ】くらいのものではないでしょうか。

 

 

映画【三つ数えろ】の感想一言

朱縫shuhou
朱縫shuhou
結局賭博師の“マース”と言う人物が黒幕だったんですけど、“リーガン”や“ガイガー”や“ハリー”との関係はよく分かりません。

 

そんなことよりも(おい)「手が壁に当たってゴン!ってなったけど真顔で演技を続けるボギープロ」でもご覧になってほっこりしてください。左手に注目。

【三つ数えろ】フィリップ・マーロウ
©The Big Sleep/三つ数えろより引用

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
【三つ数えろ】ハンフリー・ボガートとローレン・バコール
いいね!もフォローもご感想もごっつ喜びます
>死ぬまでに観たい映画1001本

死ぬまでに観たい映画1001本

1902年公開の【月世界旅行】から2010年公開の【ブラック・スワン】まで。
一世紀以上に渡り製作されてきた世界中の無数の映画をたったの1001本に選りすぐり、一生に一度は観ておくべき不朽の名作としてまとめた無謀なリスト。

眺めているだけでもテンションが上がってしまう映画好きにはたまらないタイトルがぎっしり。あなたは何本観てますか?

CTR IMG