歴代アカデミー賞ランキングBEST90

【オーシャンと11人の仲間】今観るとお粗末な強奪作戦のネタバレ

シビれるラストシーン 犯罪
©Ocean's Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用
映画の概要と注意事項

1960年/アメリカ/監督:ルイス・マイルストン/出演:フランク・シナトラ、サミー・デイヴィスJr、ディーン・マーティン、ピーター・ローフォード、アンジー・ディキンソン、シャーリー・マクレーン

注※このブログは映画のネタバレしようがしまいが気にせず好きなこと書いてます!未視聴の方はご注意ください!

 

ラスベカスを襲う算段をするオーシャン達

©Ocean’s Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用

2001年にジョージ・クルーニー主演【オーシャンズ11】としてリメイクされてから再び脚光を浴びた1960年の古い映画。

ジョージ・クルーニーが演じた主人公ダニエル・オーシャンを演じているのは、ポピュラー歌手としてはもちろんマフィアとの繋がりを取り沙汰されてなど、色んな意味で有名なフランク・シナトラ

小柄ながらみなぎるパワーと存在感、記憶に焼き付いて離れない歌声と青い瞳が大好きですけど(目元がポール・ニューマンに似てません?)、いかんせんさすがに40代の私でもフランク・シナトラ以外の(当時の)豪華キャストが誰だか分からなくて悔しい思いをしました…。

「豪華キャスト」という専売特許を失ってしまうと、途端にみすぼらしくなってしまう映画なんで、鑑賞するならその辺りは覚悟しておいた方がいいかも。

 

【オーシャンと11人の仲間】です。

 

 

映画【オーシャンと11人の仲間】のあらすじザックリ

ダニー・オーシャンを中心とした大戦時の戦友たちが集まり、ラスベガスの5つのカジノから現金を強奪する計画を立てる。「シナトラ一家」の共演が話題となった犯罪アクション。2001年にジョージ・クルーニー主演でリメイクされた【オーシャンズ11】のオリジナル版。

 

 

15年前に別れた戦友達が再び一同に会す

前述のとおり、【オーシャンと11人の仲間】が公開されたのは1960年。作中でも時系列は同様で、過酷なサバイバルを生き抜いた戦友たちと一緒に一攫千金を狙おうとするオーシャンに対し、サム(ディーン・マーティン)が

サム
無理だよ。中止しよう。

もう15年も経ってる。

と言っています。

15年ぶりなんかい!ってちょっと思いますよね。サムでなくても不安を覚える…。

大丈夫?このおっさんたち…。

 

狙いはラスベカスの5つのカジノ

不安をよそに彼らが狙うのはセキュリティの固いラスベガスのカジノ。

しかも同時に5つ

5つのカジノを狙っちゃう

©Ocean’s Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用

果たしてこのおっさんらが正気であったのかどうか、定かではありません。

 

お粗末な潜入作戦

各地に散らばった戦友たちをのらりくらりと集めにかかるオーシャン。

ここはもっと【オーシャンズ11】くらいにサラッと行って欲しいとこではありますが。あれはあれでサラッと流し過ぎてついていけず、

朱縫shuhou
え?誰?今の誰?!

あ、次出てきた!次誰?!

ってオタオタしたもんですけどね。

 

まずはセットのショボさから

まあこの画像でもご覧ください。

バーから逃げ出したオーシャン達

©Ocean’s Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用

背景セットね。画像でもお分かりいただけると思いますけど、まあ~ドリフ感半端ないったら。

すみません、年代的にこーゆーセットを見るとすぐドリフに例えてしまうんですけど、いやあ~こりゃ懐かしさが込み上げるほどよホント。ドアなんか「ガチャ」って言わへんもんね、薄い板か発砲スチロール的なもんが「バイン」「ボヨン」て感じ。

 

こんなセットがしょっちゅう出てくるもんで、製作費足らへんかったんやろかとか観客にいらん心配かけてしまうレベル。

 

そして潜入時の雑さったらない

なんかよく分からない近代兵器的なもんと巧みなトリックを駆使してた【オーシャンズ11】とは程遠い潜入作戦。

「5つのカジノを同時に停電させる」ってとこからもう雑で、方法はといえばお山の上の鉄塔を一個ぶっ壊すという完全にアシがつきそうな荒業。こっそりやらんかい!鉄塔の爆破の描写も白黒の頃のウルトラマンの特撮みたい。

 

しめたとばかりに5つのカジノに潜入する訳ですが、当然現場はどこもかしこも真っ暗闇。しかしオーシャンズは特殊なライトで地面を照らし事前に用意していた塗料を塗った足跡を浮かび上がらせ、それを辿ることによって目的地に辿りつきます。

その時の足跡がなんとコレ↓。

浮かび上がる足跡

©Ocean’s Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用

 

ろうそくの火をつけるクロークに見つかりそうになった時には最終手段。

クロークに見つかりそう!

©Ocean’s Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用

身を屈めてこっそり前を通り過ぎる。(左下)

 

 

当時の人気俳優がそろってた「シナトラ一家」って?

ちょっと何をテーマにどんなところを観せたかったのかよく分かんない仕上がりではあります。

たぶんこれ、「世紀の大犯罪!」とかそんなノリじゃないんでしょうね。恐らく一番の目的は、フランク・シナトラが経営するカジノ「サンズ」を拠点に興行していたエンターテイメント軍団、「シナトラ一家」のプロモーションビデオです。

その証拠にサミー・デイヴィスJr.とディーン・マーティンが歌う場面は映画そっちのけで「もっと聴きたい!」ってなるくらいめちゃめちゃシビれます。力入れすぎ。

 

サミー・デイヴィスJr.の歌唱シーンを動画でご覧ください。

残念ながらフランク・シナトラは歌いませんが…。どうせやったらショボいとこ削ってフランク・シナトラの歌唱シーン入れたらよかったのに。映画の趣旨変わってまうけど。

ちなみに「サンズ」は、作中でオーシャンズに襲われるカジノの一つになっています。

 

 

映画【オーシャンと11人の仲間】の感想一言

朱縫shuhou
個人的に「きゃあ~!」って嬉しくなったのは、若きシャーリー・マクレーンが出てたこと。
シャーリー・マクレーン!

©Ocean’s Eleven/オーシャンと11人の仲間より引用

このショートカットの時が一番魅力的だと思うんですけど、【アパートの鍵貸します】はモノクロだし、カラーで、しかも死ぬほど似合う鮮やかなブルーのドレス姿の彼女を観られて、予想外にテンション上がりました。かわいい。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

そんなあなたが大好きです。

【オーシャンと11人の仲間】を観たくなったら

 

【オーシャンズ11】クルーニーとブラピ共演のクライム映画!
【オーシャンズ11】/2001年/アメリカ/犯罪/凄腕の泥棒で詐欺師のダニー・オーシャンが10人の仲間と共にラスベガスの巨大カジノの現金強奪を企てる映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【オーシャンズ12】12人目ってテスなの?トゥルアーのダンス最高!
【オーシャンズ12】/2005年/アメリカ/犯罪/カジノのオーナー、ベネディクトに盗んだ金の返却を要求されたダニーと仲間達が再び犯罪計画に乗り出す映画のネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
【オーシャンズ13】13人目は奴!やっぱりラスティは食べる!
【オーシャンズ13】/2007年/アメリカ/犯罪/「オーシャンズ」シリーズ3作目。オーシャン達がルーベンを裏切った悪名高きバンクへの報復計画を立てる映画ネタバレ・感想・評価・レビュー・思い出です。
犯罪
関連記事とスポンサーリンク



シェアありがとうございます
天衣無縫に映画をつづっている人

「天衣無縫」と「温故知新」を信条として、主に古い洋画を好む映画好き。様々な映画を観たいのにホラーだけは怖くて観られない可哀相な初老。

更新情報を延々つぶやいているツイッターフォローをお待ちしています。

ブックマークもフォローもお気軽に
天衣無縫に映画をつづる
トップへ戻る